秋水長天

 遊子帰客 夢断故郷雲水之間    西風古道 回首一片秋水長天

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

やっと初詣

KC3Y0083.jpg

尾張の国 一宮 真清田神社
……写真、全体にボケてますが(^^;)

稲沢の住人としては国府宮神社へ行くべきなんでしょうが、出身は一宮で、
ジイちゃんの代以前にさかのぼれるくらい前から氏子だったそうで、
どうも、こちらの方が氏神様という意識が強いんですよね。
子供のころ、よくここで遊んだし。
(国府宮さんは、はだか祭の時にお参りに行くし ヾ(~O~;) コレ

といいつつ、ここへ来るのはいつぶりだ?(^▽^;)

KC3Y0077.jpg

まずは御手水で手と口を清め……
(なんか、後ろの由緒書きを読んだら、竜神さまと弘法大師の伝説が。
 ワタシが子供のころには、こんなのはなかったゾ)

本殿jpg

こちら、ご本殿。ご祭神は天火明命(あめのほあかりのみこと)
奥には金と銀の狛犬さんがあって、『雄弁は銀、されど沈黙は金』という意味だと、小学校のころに先生のお話が……
意外と覚えてるもんだな~(笑)

KC3Y0031.jpg
 
その、向かって右隣には、母神様の万幡豊秋津師比売命(よろずはたとよあきつしひめのみこと)
写真を取り損ねましたが、お賽銭箱の前の、鈴をつけている太い紐の下のところには、歌手の舟木一夫さんの名前が。
奉納者のおひとりなんでしょうね。

KC3Y0149.jpg

神馬。
懐かしかったんで、つい(笑)

KC3Y0034.jpg

お稲荷さんにもご挨拶。
正面の鳥居をくぐってすぐくらいの右手側に、ひっそり、という感じで祀られてるんですが、
ここのお稲荷さん、なんとなく好きなんですよね。
(豊川のお稲荷さんとも相性がいいんです。今度、体調の良い時にご挨拶に行かねば(笑)

というところで、後は本町の商店街をブラッとして(お店は割と開いてたけど、昔と比べると華やぎがなくなったかな)
駅の本屋さんを覗いて帰りました。

いろいろ懐かしかった――つか、楽しかったです。







スポンサーサイト

| 日記、ひとりごと | 2017-01-19 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

よいお年を(^^)/

ご無沙汰です m(__)mペコ

ちょっと、深刻な内傷を負いまして、内功がほとんどなくなりまして~~、
って、ワタシが書くと冗談にならんな(^▽^;)

いや、ちょっと体調を崩しまして(つっても、入院するような大袈裟なものじゃなかったんですが)
長時間PCの前に座ってるのが苦痛な状態になりまして、
しばらくブログの方も、読み逃げだけでご無沙汰しておりました(^^ゞ
(まあ、その件については、いずれ気が向いたら書くかも~、ということで(笑)

ともあれ、目下回復傾向にあり~
で、ただ今、疲れやすいことを口実に、大掃除は全部サボることにして、
年賀状印刷の真っ最中 ヾ(~O~;) コレ

ですが、これが、完全にPCの前を離れちゃうわけにはゆかないくせに、印刷スピードの問題とかあって、結構暇なんですな。
ということで、ちょこっとその間に、生きてますよ~というご報告と(笑)
年末の御挨拶をば。

ということで、皆さま、旧年中はお世話になりました。
どうぞ、良いお年をお迎えくださいませ。
来年は、平穏ないい年になりますように。

追記
年末行事で一番疲れるのが年賀状の印刷ってナニ(;´∀`)
って、毎年思いますケド(笑)

| 日記、ひとりごと | 2016-12-31 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

「琅琊榜(ろうやぼう)」麒麟の才子 風雲起こす(その2)

rouyabou3.jpg


書かなきゃ書かなきゃと思っているうちにも、さくさく話が進む琅琊榜(当たり前ですが)。
行きつけの書店のレンタルDVDコーナーにも全話が並び、チャンネル銀河さんの放送の方では、赤焔軍に対して直接手を下した寧国公(ねいこくこう)謝玉(しゃ・ぎょく)が失墜。謝玉の告白により、赤焔軍事案が謝玉と皇帝直属の調査・諮問機関である懸鏡司の主尊である夏江(か・こう)の共謀による捏造であることが、梅長蘇(ばい・ちょうそ)靖王(せいおう)たちに明らかになり、最大の後ろ盾である謝玉を失った皇太子は、失態を繰り返して自滅。
その間、梅長蘇の助言により手柄を重ねた靖王は、同時に、赤焔軍事案を覆し、祁王(きおう)と林氏一族の名誉を回復するための同志として、梅長蘇への信頼を深めてゆきます。
が、靖王が五珠親王に封じられたことで、ついに誉王が、麒麟の才子が選んだのは自分ではなく靖王であったことを知ります。
そうして、謀士である秦般弱(しん・はんじゃく)の助言により、靖王を帝位に付けたくないという点で利害を同じくする夏江と結託。反撃を開始しようとしますが……

どうもねぇ。梅長蘇が賢すぎるってのもありますが、悪役というか敵役の皆さん方、結構盛大に墓穴を掘ってますからねぇ。それも、以前に友人が、仁徳天皇量とクフ王のピラミッドをまとめて埋葬できそうなという表現をしたんですが、それに「カタコンブ・ド・パリ(Catacombes de Paris)」とか追加してもいいかも(^^;)

というのはひとまず置いておきまして。今回はご婦人たちのお話を。
(おっさんたちの話ばかりでもむさくるしいしいですからね。蒙(もう)大統領は可愛いですが(笑)

≫ Read More

| 映画、DVD、ドラマ鑑賞 | 2016-10-23 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

鹿鼎記 ロイヤル・トランプ 第21集~第22集

目下「琅琊榜」にどっぷり。で。益々こちらの鑑賞、レビュー意欲がそがれてるんですが、そんなこと言ってないで、こちらも進めなきゃ(^▽^;)

さて。

≫ Read More

| 新・鹿鼎記 | 2016-09-26 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

「琅琊榜(ろうやぼう)」麒麟の才子 風雲起こす(その1)

中国語バージョン(YOU TUBEの動画ですが)二巡目見終わりました。
というか、目下CSとBSで日本語字幕版を放送してるんですが、見始めると(わかっているのに)先が気になって。で、見る出すとズルズルハマるんですよ~(^^;)
なるほど大陸の方で「琅琊榜」ロス現象が起きたというの、納得ですな。

さて。

rouyabou1.jpg

≫ Read More

| 映画、DVD、ドラマ鑑賞 | 2016-09-21 | comments:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。