スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『天穹は遥か ―景月伝―』

八雲幇主ご推薦(笑)の鏢局漫画。
こちら→ ☆☆ で第一話が読めますので、内容をご確認の上、お気に入りましたらお買い上げのほどを(笑)
(私もここで第一話を読んで、1巻が出るのを待ってたんですよ)

で、作者さんは幇主の武侠関係のお知り合いで、あとがきを読むとご本人も金庸迷(っぽい)
鏢局の設定等では幇主もお手伝いしておられる(ほんの少しというのは謙遜でしょうな(笑)ということなので、武侠迷には安心して楽しめる作品です。
(老板娘と書いて「おかみさん」とルビが振ってあったのには、思わずニヤリ)

さて。

中原の地が数か国に分裂して争っていたころ――という設定なので、これはいつの時代というよりは、パラレル中国の架空歴史くらいに思って読んだ方がいいでしょうね。
その中の一国である舜では、隣国の唐から嫁いできた唐妃の私兵が専横を振るっておりました。

そんな中、伏虎鏢局の鏢師である暁天は、唐妃の私兵に追われる2人連れ――朱潤と、その師弟である景月――と関わりになり、2人を安全なところまで逃がすという仕事を自ら請け負います。
が、景月の隠された素性その他を知る朱潤は道半ば(どころか第一話の終わり)で仆れ、伏虎鏢局で働くこととなった景月は、鏢局の仕事、身を守る術、などを仕込まれながら、自分の素性を探して行く――ことになるんでしょうなぁ、この展開からゆくと。

1話目読んだあたりでは、この3人、この後どういうことになってゆくのかなぁと、全く見当がつかなかったんですが、考えたら、鏢局まんがなので、主人公が鏢局に入るのはお約束なんですよね。と、1巻読み終って、ものすご~く納得したんですが、同時に、それくらい推測しろよ、ワタシ、とも思った(笑)

で、1巻読んだところでは、それこそ『古剣奇譚』の1週目くらいの感じで、まだまだこれから、どっち方面へどう転がってゆくかは全く読めませ~ん、という感じなんですが、幇主がコメントで書いてくださっているように武侠モノのお約束はあちこちにちりばめられているのが嬉しいですし、キャラもなかなかね、健気な男装の美少女やら、陽気で軽そーに振舞ってるけど、かなりのバックボーンを背負ってそうな、義侠心のつよい兄ちゃんやら、いー加減なスケベ親父風でいて、実は相当に食えなさそうなオッさまやら、実は結構使い手らしい、色っぺーお姉さまやらと、先々楽しませてくれそうなメンバーが揃っていて、期待させてくれます。
(目下のお気に入りは暁天さんなんですが、この愛沙(アイシャ)お姐さんもタイプかなぁ(笑)

あと、朱潤師兄がなかなか知恵者だったんで、早々に退場というのが、ちょっと勿体なかったです(お約束の崖落ちだったら、復活の望みがあったのに(笑)

あとは、折角の鏢局漫画なので、どこかで鏢槍が登場してくれると嬉しいかな。


スポンサーサイト

犀利仁師

これを書いちゃわないことには、頭が『新白髪魔女伝』の方に戻って行ってくれそうにないですわ(^▽^;)
ということで、呉奇隆さんの新作ドラマ。
犀利仁師タイトル1

百度百科でいろいろ調べもの~~と言っても、リンクを辿ったり画像を拾ったりしてただけですが~~してた時に、情報がUPされてるのを見て、これはぜひ見てみたいな~と、動画がUPされるのを心待ちにしておりましたら、今月アタマくらいからですね、あちこちでUPされ始め(同時に、YOU TUBEで、著作権問題とかで一気呵成に削除されてたりもして(^▽^;)
ともあれ、なんとか鑑賞できるサイトも見つかり、全44話、鑑賞し終わりました。
面白かったです。
(なんかね~、『傾城の皇妃』という霍建華と秦歌サマ(笑)の出てるドラマを、3日間で全話見ちゃったとブログに書いてた人がいて驚いたんですが、ハマってると可能だわ。10話くらい一気に見ても疲れないもん)

続きを読む »

ラスト・ヒーロー・イン・チャイナ 烈火風雲

由香さんからお借りしているDVDの2本目。
やっと鑑賞できました~(^▽^;)
で、こういうのはやっぱり、体調と精神状態の整ってる時に見るもんですな~。
メッチャ面白かったです。

ラスト・ヒーロー・イン・チャイナ/烈火風雲 [DVD]ラスト・ヒーロー・イン・チャイナ/烈火風雲 [DVD]
(2012/03/09)
ジェット・リー

商品詳細を見る


というか、実は、少し前にも1度鑑賞してみたんですが(蜀山奇伝よりも前)
どうにもレビューにまとめられなくて(^^;
と云うのも、一見関係なさそうな色々な出来事が、主人公である黄飛鴻(ウォン・フェイフォン=ジェット・リー)の周辺で起こって、それが一つの大きな事件に収斂してしてゆく過程が、これが、体調が悪い時だったんで、一度で頭に入らなかったんですヾ(~O~;) おいおい

で、この作品、またの名を「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地雄覇」。
Wikipediaによりますと、正当な「ワンチャイ」とされるのは、ツイ・ハーク監督作品によるもので、バリュー・ウォン監督による本作はセルフ・パロディとのことですが――
なに? ジェット・リーがツイ・ハーク監督だか製作会社だかとモメて、「ワンチャイ」降りて、自分で作った映画?(で、かなり有名な話ですって?)
堂々の本物じゃん(笑)
というか、ジェットリー、こういう黄飛鴻が演じたかったのかな。
(本家ワンチャイの方は、かなり昔に見たんで、アクションが凄かった――以外、あまり印象に残ってないんですが、比べて、こちらの黄飛鴻の方が、かなり人間味にあふれてる気がします。正義感は強いし、思いやりも充分以上にあるけど、潔癖すぎたり頑固だったり、意外にお茶目だったり、欠点も普通に持ち合わせてたりしますし)

さて。

続きを読む »

蜀山奇傅 天空の剣

蜀山奇傅・天空の剣 デジタル・リマスター [DVD]蜀山奇傅・天空の剣 デジタル・リマスター [DVD]
(2012/01/20)
ユン・ピョウ、サモ・ハン・キンポー 他

商品詳細を見る

これを見ると、アダム・チェンが主演みたいですが、ユン・ピョウが主演です(^▽^;)

実は盆前に由香さんに貸していただいていて、一応、一回り、見るだけは見てたんですが、なかなかレビューに踏み切れなかったのが、今度の金曜日、『侠客行』の後に1回だけ入る映画『天上の剣』(イーキン・チェン主演で~す!)が、これと同じ蜀山系列と知って、これは、今のうちにレビューをやっておかねばと、もう1度DVDをセットしなおしたわけですが(笑)

さて。

続きを読む »

シルクロード英雄伝

シルクロード英雄伝 DVD-BOX Iシルクロード英雄伝 DVD-BOX I
(2009/02/25)
ニッキー・ウー、マー・スー 他

商品詳細を見る


シルクロード英雄伝 DVD-BOX IIシルクロード英雄伝 DVD-BOX II
(2009/02/25)
ニッキー・ウー、マー・スー 他

商品詳細を見る


別段、呉奇隆(ニッキー・ウー)さんに転んだわけではありません(……のハズですが。なんたって、ニコさんに転んだばかりなのに(^▽^;)
――ニコさんと同じくらい興味深い役者さんだな、とは思ってますけど)

偶々安かったというか、割引率めっちゃ高かったんですよ~。
……と思ったら『三国』出してる、あそこの会社からかな、出てたの。
特にお値打ちなマクザムさんの一巻に4話は例外と考えるとしても、普通って1巻に3話ですよねえ?
それが、1巻に2話。DVD-BOX2つ、10巻で全20話。で1箱当たりのメーカー希望小売価格が2万弱(^_^;)
割引されていてようやく、適正価格でございました (--;)

というのは、置いておいて――

 時は後漢・和帝期。西域平定の功労者である斑勇(バンヨン)将軍が謀反の疑いで投獄される。その裏には、権力と富をもたらすという伝説の『孔雀刀』の存在があった。
 斑勇の父である定遠侯によって作られた隊商『飛駝(フェイト)』の現在の長の刀爺は事態を懸念し、配下の五堂十二旗を集結させようとするが、飛彪旗の旗主・池彪(チーピャオ)が、『呪奴』という組織の罠に落ち、刀爺を父の仇と思い込まされ、反逆する。
 それより少しのち、洛陽に謎の老人(って、刀爺じゃん、と思ったんですが、ストーリー解説には“謎の老人”となっているので、謎の老人なんでしょうねぇ)が現れ、凄腕の刺客、燕逍遥(イェン・シャオヤオ)に刀爺の殺害を依頼する。
 悪人以外は殺めないことを信条にしている燕逍遥は、一旦は依頼を断るが、刀爺が自分の利益のために義兄弟を裏切ったと聞き、西域へ。
 時を同じくして、斑勇投獄事件の黒幕とみなされる南候・南天星(ナン・テンシン)が、事件の真相を調査するため、謝司寇(シェしこう――ってことは、司寇は役職名なんですかね。んで、宦官っぽい)が、次々と玉門関を超える。
 他方、『呪奴』の中では、池彪襲撃の功で新たに百花羅漢に任じられた百花(バイホァ)が、西域の組織を取り仕切る謝天琴(シェ・テンチン)に対抗心を燃やし、『飛駝隊商』内部にも裏切者の影が――
 西域に赴いた燕逍遥を中心に、砂漠に血風が吹き荒れるか――

燕逍遥
んで、こちらら主人公の燕逍遥。『蕭十一郎』に比べて、精悍な感じですかね。

ということで、一通りざっと鑑賞したんですが、結構面白かったんですが……
肝心の孔雀刀自体の争奪戦は全く無しで、陰謀合戦と言っても、なんだかな~という感じで、結局ごちゃごちゃしてる中に、燕逍遥というジョーカーが投げ込まれて、それで漸くゲームというか、物語が動いて行く、という感じですのでね。
話しの先行きじゃなく、燕逍遥はこの先どうなる、どう動く、そんな興味だけで20話、見て云った感じがしました。
というか、これ、主演が呉奇隆さんじゃなかったら、ほとんど買った意味は無かったろうな~という(笑)

ともあれ、また明日くらいから、ポツリ、ポツリとレビューをやってゆこうかと思っております。

あと、百花羅漢役を、えらい美人さんが演っているな~と、よくよく見たら、
風四娘でした。
百花羅漢




鏢行天下前伝

『浣花洗剣録』のDVD-BOXに封入されていたカタログを見ましたらば、
前に八雲幇主がコメントで書いてくださっていた『鏢行天下前伝』、すなわち、振威パパ王兆興さんの若い頃の話をドラマにしたDVD-BOXが、7月の末頃に発売されるとのこと。

で、これは、当然のことながら、かなり食指が動きましたが、やっぱ、ある程度は内容がわからないとねぇ……。

……ということで、ひょっとしたらと、何でもアリのYOU TUBEを検索してみましたら……
ござました。しっかり。ひょっとしたら、全10話、ここで見られるんじゃないかなぁ。
→ ココ
(ただ、例によって中国語がわからないと、細部がわからない(^▽^;)

でも、まあ、アクションに言語は不要だし(笑)
DVDを買うかどうかの参考にはなるなと、鑑賞をはじめましたら……
結構――というか、かなり面白いです。
本伝みたいなコミカルな味は、ちょっと薄れているようですが、

んで、こちらが、とーちゃんの若いころ……
王兆興
……というには、些か男前に過ぎる呉奇隆(ニッキー・ウー)さん――って、若曦の四爺やん(^▽^;)

で、ヒロインはこちら。谷平安(こく・へいあん)さん。
谷平安
平安鏢局の鏢頭の娘で女鏢師。で、将来の振威のかーちゃん。
なんかね、飛燕をう~んと成長させたようなタイプの、気の強い、でも頭もいいし情もある娘さんです。
んで、適に襲われて怪我をして崖から落ちた王兆興を助ける――って、本っ当に武侠ドラマじゃ、人間、崖から落ちただけじゃ死にませんな(^▽^;)
(つか、崖落ちは再会か出会いのきっかけに使われとる(;^ω^)

で、こういうドラマにはありがちですが、前伝と本伝との間には、いろいろと齟齬があって、
本伝のほうでは、とーちゃん、九尾狐とは直接対決してないと言っていたはずなのに、前伝では九尾狐を名乗る人物と戦っていたり、龍騎禁軍に所属していたはずが、なぜか錦衣衛の飛魚将校だったり……
(龍騎禁軍の話、後から出て来るのかな……)
子供をあやすのは妻がやっていて、自分はやったことがないと言っていたハズなのに、赤ん坊の振威を抱いてあやしていたり……
(これが、結構子煩悩だったりして(笑)
あと、本伝1話で出てきた位牌を見直したらば、
どうも、振威のかーちゃんの名前が違っとるような気がするんですがヾ(--;)
位牌
まさか、とーちゃん再婚して、その人とも――って、そこまで女運、悪いかなぁ(-_-;)

ともあれ、王兆興さん、振威の場合と違って、最初から完成キャラなんで、これはこれで展開が違って、また面白いんですが……

ともあれ、本伝の最初でかーちゃんが位牌だったということは、折角一緒になっても、早い時期に死に別れちゃうんだよなぁ。切ないなぁ……と思いながら、最終回をチラ見しましたらば……
なんかもう、ここまで悲劇にせんでも……って展開になってるようで(/_;)

迷う要素が、また出てきてしまいましたよ(^_^;)

ともあれ、4話目までざっと流した感触では、ハズレは無しです。購入を考えておられる方、ご参考に(笑)

決戦・紫禁城

決戦 紫禁城 [DVD]決戦 紫禁城 [DVD]
(2001/04/13)
アンディ・ラウ、イーキン・チェン 他

商品詳細を見る

……の動画を、YOU TUBEで見つけてしまいました。(こちら→

が!
いかんせん、広東語な上に字幕無しなので、何を言っているのか、さっぱり判らん^^;
何とか、かろうじて聞き取れた唯一の単語が、西門吹雪(爆)
そういえばこれ、陸小鳳シリーズの『決戦前後』の映画化でしたものね。
(あ。吹雪が「多謝」って言ったのもわかった(笑)
 ……にしても、この人も花無缺や大臧くん並みに無口なのであった……(-_-;)

ので、さすがに途中で、早く決闘シーンにならないかなと、残り時間を確認しちゃったりもしましたが、それでも一時間と四十数分、途中を飛ばしたりもせずに鑑賞できたのは、話が動きの多い武侠モノ(でもって、美男美女率も高いし)だった、ということが大きいでしょうねぇ。
(で、流れがわかって2回目に見たら、凄い面白かったです~)

で、アンディ・ラウとイーキン・チェンが主演ということなので、どちらか早く出てこないかなと思って見ていたら――

続きを読む »

セブンソード

セブンソード [DVD]セブンソード [DVD]
(2006/02/03)
レオン・ライ、ドニー・イェン 他

商品詳細を見る


再視聴です。
つか、前回借りた時、絶対途中で寝てたよな~。
当時はまだドニーさんもダンカン・チョウも、さらにはレオン・ライも知らなかったから、その点は仕方がなかったとはいえ、これほどの名作――というか、アクション的にツボな作品、アタマの部分とクライマックスの由龍剣と青幹剣との大立ち回り(しかも、細部は見事にすっぽ抜けてる(^▽^;)と、劉郁芳(リィウ・ユイファン)の不甲斐なさに腹を立てたことしか覚えてないんだもの(^_^;)

んで、今回、思うところあって――というか、ぶっちゃけ言うと『闇の塔』の続編のネタ集めです(^▽^;)――改めて借りてみまして……
いやぁ、一点として目が放せん。
というか、手元に置きたいなぁ。
(レンタル落ちで、中古のショップで安く売ってないかな)

というのはさて置きまして……

続きを読む »

剣侠情縁 蔵剣山庄

え~。まずは、
本日、12月7日の『浣花洗剣録』は、定時である23時から放送の模様です――って、まだ言ってる――つか、当分言ってやる!!(笑)

さて。
こちら『剣侠情縁 蔵剣山庄』
12枚、全33話、傷の有無の確認も兼ねて、一通り鑑賞終わりまして~(早っ(@@;)
実の所、ニコさん+古装――というか武侠というコトだけで、それほど期待せずに買ったんですが、さすがに『浣花洗剣録』ほどツボ直撃とは行きませんでしたが、これも面白くて、見終わってしまうのが勿体ない~~。でも、先が気になる~~という具合で、さくさく鑑賞いたしました。
(というか、そうそう毎度ツボ直撃されてたら、身がもたないって(^▽^;)

で~、これも、いつか機会を作って細かくレビューをやりたいなとは思いますが、まずはざっくりとした感想を。
(そうしておかないと、いろんな意味で『PRIDE』のほうのレビューが進まないし(^_^;)
1-1


さて。

続きを読む »

梟覇 上 「血染めの剣」

梟覇〈上〉血染めの剣梟覇〈上〉血染めの剣
(2003/03)
柳 残陽

商品詳細を見る



3読目です(笑)
ってことは、ほぼ1年に1回の割合で図書館から借りてるってことですが、
読むたびに印象の変わる本と云うのが、時々あるんですが、どうやら、これもその口。

で、最初に読んだときは、『神侠侶』やら『連城訣』やらの大物や力の入るものを読んだ後だったせいでしょうね、なんか、頼りないなぁと言う印象だったのですが、
2度目に借りた(2次小説の参考資料としてですが(^▽^;)ときは、これが、意外に面白いじゃない、に変わっており、
3読目の今回、やっぱり面白かったです。

さて。

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。