シルクロード英雄伝 第20集

いよいよ――と云うか、やっと、最終回です。


さて。

20-3_201309011635195cd.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

シルクロード英雄伝 第19集

8月も今日を入れて2日で終わり。
なんか、慌ただしかったなぁ……。

さて。

拉依(ラーイー)客桟に安順の来訪を受けた燕逍遥(イェン・シャオヤオ)、南天星(ナン・テンシン)からと、標的の名を告げられぬまま、明日、手を下すように命じられます。
その前に瑪瑙に逢わせろ。言う燕逍遥。

19-1_20130830080953c51.jpg

続きを読む

シルクロード英雄伝 第18集

この1週間ほど、朝晩めっきり涼しくなりました。
当分続いてくれると、楽でいいんですが。

さて。

揺れる無数の染物の影に幻惑され、燕逍遥(イェン・シャオヤオ)を見失う蒋虯(ジャン・チョウ)。

18-4_2013082906134463d.jpg

続きを読む

シルクロード英雄伝 第17集

手勢を率いて現れた南天星(ナン・テンシン)に、捕える気なら抵抗はしないという燕逍遥(イェン・シャオヤオ)。
ですが、南天星の目的は他のところにあり、
「実は、折入っての頼みがある」
「折角だが、断る」(即答)
いや、あの……話くらい聞こうよ ヾ(^▽^;)

17-1_201308280643589e6.jpg



続きを読む

シルクロード英雄伝 第16集

昨夜の雨のおかげか、今日は久々に涼しくて(ゲリラ豪雨などで、それはもう大変だった地域もあるわけですが)
何とか一日エアコンをつけずに―-と思ったら、夜になったら蒸し暑くなって、結局つけちゃいました。

いい加減、涼しくなってくれ~。
(一昨日あたりは、社長までが熱中症らしくて、気分が悪い~と言って見えましたからね(^_^;)


さて。

16-3_201308242251066d0.jpg

続きを読む

シルクロード英雄伝 第15集

連日の暑さと日照の厳しさに、一雨来ないかなぁと、
閑吟集の中にある

 あはれ 一村雨の はらはらと降れかし

なんぞという文句を思い浮かべたりしていたんですが、中途半端にパラっと降ってきたら、かえって蒸し暑くなったんという(^_^;)


さて。

14-1_20130822210049713.jpg

今回は、燕逍遥(イェン・シャオヤオ)と瑪瑙の絡みが多くて、アクションも派手で、かなり好きな回です。

続きを読む

シルクロード英雄伝 第14集

お盆休みはあっという間に終了~。
で、その間にやるつもりだったあれこれ(主として部屋の片づけ)は、まったくできませんでした。
が、取り敢えずはゆっくり休んで、少しずつでも片付けものをしようか~~という気力が出て来ただけでも、収穫かな(笑)
(でも、『侠客行』のレビューを書く気力だけは、出てこないんです(爆)


さて。


14-4_201308202230587f9.jpg

続きを読む

シルクロード英雄伝 第13集

このあたりから、燕逍遥(イェン・シャオヤオ)の瑪瑙に対する態度が軟化――と云うか、2人の気持ちが、わずかずつですが近づいてゆきます。
が、南天星(ナン・テンシン)の燕逍遥に対する扱いが変化。
飛駝の旗主たちは次々と消されて行き、敵の正体は見えず、その数だけが増えてきたような……(--;)


さて。


13-2_20130818164004ff4.jpg

続きを読む

シルクロード英雄伝 第12集

瑪瑙の行動の意味と、それを取らせた燕逍遥(イェン・シャオヤオ)の真意が読めず、行動に迷う周豹(ジョウ・ビャオ)と趙虔(チャオ・チェン)。
罠かもしれないから、ここは一旦引いた方がと云う趙虔の慎重策を退け、周豹は瑪瑙に直接問いただしてみることに。

12-1_20130817154123c75.jpg



続きを読む

シルクロード英雄伝 第11集

やっとこさ、折り返し地点までやってまいりました~(笑)
それにしても、見てる分には面白いんだけど、なんかレビューが書きにくい。
なんでかな~と思ったら、登場人物同士の腹芸が多いと言うか、台詞の裏に二重三重の意味が含まれていそうな上に、2~3か所で物事が同時進行。それをまた、ほぼワンカットと云っていいくらいの細切れにして、交互に見せている。ので、漫然と見ている分にはいいんですが、レビューにまとめようとすると、あれこれ話が前後してしまったり、人の動きが掴みにくいんですよねぇ。

今回、話の展開上、それが顕著で……(^_^;)


さて。

11-3_20130816191305438.jpg
画像が暗いのが残念(これでも、明るくなるように細工したんですが(^▽^;)ですが、表情がいいので

続きを読む

プロフィール

rei★azumi

Author:rei★azumi
ヒト属ネコ科 コタツ猫亜種 読書ネコ
『神鵰侠侶』で金庸にハマった、金庸初心者。
とりあえず、金庸の小説全作品読破を目指すも、突如神鵰侠侶二次小説にハマる。
さて、この先、どうなりますことやら。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
最近のトラックバック
月別アーカイブ
あし@

Pika_Mouse
powered by
3ET
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索