秋水長天

 遊子帰客 夢断故郷雲水之間    西風古道 回首一片秋水長天

Category [犀利仁師 ] 記事一覧

犀利仁師 第41集

うわぁ~。なんと、風邪のせいで1か月以上も間が空いてしまった💦さて。...

犀利仁師 第40集

再開に向け本格的に動き出した弘文学院ですが……...

犀利仁師 第39集

TVの放送には3集遅れ(^▽^;)なので、もう、こうなったらジタバタせずに、マイペースでまいります。さて。恋愛関係になっても相変わらずの2人...

犀利仁師 第38集

...

犀利仁師 第37集

昨日は寒さで目が覚めまして、一昨日は結構雪が降ったし、室内の温度が5度か6度でも不思議はないよな~と、時計に付属の温度計を見てみたら……マジで6度でした。私を10℃以下で保存しても、何にもいいコトないんだよ?さて。いよいよ、宋文文に裁決が下ります。...

犀利仁師 第36集

月火と、雪がチラついたせいもあって、部屋の中でも気温は7度。11日は天気が良かったせいもあってか、12度に上昇。5度の差、やっぱ大きいです。月曜日の夜なんて、全くコタツから出られませんでしたもん。(エアコンかけても、なかなか温度が上がってこないし^^;さて。皆様予測済みでしょうが、こういうシーンもございます(^▽^;)...

犀利仁師 第35集

20年。妻子に苦労を掛けて折って来た科挙の夢を捨てられない。皇宮へは行きたくないよ~と泣く孫大山。大山の入宮は必須。個人の夢やのぞみより、聖上の健康が大事という東方婉児。両方の間に立ち、なんとか調整を図り、大山を救おうとする柳傲天ですが、女帝の意向と大山の望み、両立させる方法などないと婉児に言われてしまい、そうしてついに大山は東方婉児の元へ連行され、入宮を拒むなら用意した酒を呑むようにと命じられま...

犀利仁師 第34集

宋文文が見つかって喜ぶ級友。こんな友人がいれば、学院を離れたくないよねぇ。...

犀利仁師 第33集

柳傲天と東方婉児、路不凡との因縁が明らかになる今集。さらにその因縁の糸、宋文文にも絡んでいて……(ところで、男性が女性の眉を描いてやるというのは、いいかわした仲とかなんとか、なにか特定の意味があるんでしょうか?)...

犀利仁師 第32集

次の事件への導入部といった感じで、小さなエピソードがいろいろ重なる回。で、柳先生と路雲霏が、思わず汗を拭いている理由とは……(^▽^;)という前に、まず最初に起きたのは……...

ご案内

プロフィール

rei★azumi

Author:rei★azumi
ヒト属ネコ科 コタツ猫亜種 読書ネコ
『神鵰侠侶』で金庸にハマった、金庸初心者。
とりあえず、金庸の小説全作品読破を目指すも、突如神鵰侠侶二次小説にハマる。
さて、この先、どうなりますことやら。

最近の記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

あし@

Pika_Mouse

powered by
3ET

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索