秋水長天

 遊子帰客 夢断故郷雲水之間    西風古道 回首一片秋水長天

Archive [2007年12月 ] 記事一覧

良いお年を~

思えば、武侠に明け……てはいないんですね。年明けから4月の中頃までは、まあ、普通に堅気の生活を送っていたみたいなんですが、気がつけば、江湖渡世にどっぷりと~~じゃなくて!武侠世界にどっぷりと浸る日々(笑)(3月から図書館通いを始めた、おまけに、その図書館に『天龍八部』と『侠客行』以外の金庸作品が全部そろってた、ってコトも大きいんですが)おかげで、ネットを通じて色々な方とお知り合いになることが出来まし...

大旗英雄伝 最終週

……なんですが~多分金曜日の夜から、あちこちでこういう叫びが上がってるんじゃないかなぁNECOさ~~ん。なんだってハッピーエンド・ヴァージョンの方   を放送してくれなかったんですかぁ!?                                    \(*`∧´)/ ムッキー!!             さて...

大旗英雄伝 第20週

余すところ後1週。来週はいよいよ最終回~となった大旗英雄伝ですが……今回、はぁ……(-_-;)の一言で、感想を終らせたい気分。だってねぇ、そりゃぁね、先週あたりの展開から、おそらく人が死にまくるだろうってこと、最終的には、あの『多情剣客無情剣』じゃないケド、「何人生き残ったんだ、お~い?」の展開になりそうなコトは予測してましたケド、あそこまで悲劇にせんでも……。まあ、毒神を暴走させるためのストーリー展開だって...

大旗英雄伝 第十九週

え~。まだ本調子じゃないので、気に入ったトコの感想だけさくっと行きたいと思います。……って、そうまでして書かんでもいいのに、とも思うんですが、ここまでくると習慣というか、書かなきゃ何か落ち着かないと言うか、『継続は力なり』……あ、これは違うか。(中3のときの、ウチのクラスのスローガンだったんです(笑)で今回は、ワタクシ的キーワードが2つありまして、一つ目が『凄い 凄い』2つ目が『惜しいなぁ』です。では...

魔女の一撃

……というと、ご存知の向きはよくご存知はい。『ぎっくり腰』です。久々にやっちゃいました。本日3日目で、なんとか短時間ならPCの前に座ってられるようになったんですが、常態に復すのは週明けくらいかなぁ……ということで、ブログはしばらくお休み。もっとも、週2回くらいしか更新しないからなぁ、ここ(苦笑)...

大旗英雄伝 第十八週 見落としました~(^▽^;)

地元局で映画(スモール・ソルジャーズ)をやってて、そっちのほうが面白かったもんで(爆)終わりがけの30分しか見てないんですが、でも、それでも書きたいことはあります。それは~(大体、察しはおつきでしょうが)...

飄風

 夜の中、懐深く短剣を抱いて、桂花は息を殺す。 見つめるのは虎の爪のような細月に照らされた道と、隔壁の石組み。県令の趙文叔の輿がやってくるはずの。 若い女の身で、こんな短剣一振りで、県令の命が奪えるとは思っていない。微行(しのび)とはいえ、身辺の警護に手練をはべらせているだろうし、県令自身もなにやら名門の武芸を修めたと聞いた。 それでも、せめて一太刀、怨みの一言なりと浴びせてやらねば気がすまない。...

ご案内

プロフィール

rei★azumi

Author:rei★azumi
ヒト属ネコ科 コタツ猫亜種 読書ネコ
『神鵰侠侶』で金庸にハマった、金庸初心者。
とりあえず、金庸の小説全作品読破を目指すも、突如神鵰侠侶二次小説にハマる。
さて、この先、どうなりますことやら。

最近の記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

あし@

Pika_Mouse

powered by
3ET

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索