スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レジェンド・オブ・フラッシュ・ファイター 1、2

レジェンド・オブ・フラッシュ・ファイター 格闘飛龍/方世玉レジェンド・オブ・フラッシュ・ファイター 格闘飛龍/方世玉
(2003/08/02)
ジェット・リー

商品詳細を見る


レジェンド・オブ・フラッシュ・ファイター 電光飛龍/方世玉2レジェンド・オブ・フラッシュ・ファイター 電光飛龍/方世玉2
(2003/07/25)
ジェット・リー

商品詳細を見る



ジェット・リーの映画だからね。
内容はともかく(笑)アクションは凄いはずだからね。
と……チャンネルを合わせた、けだるくも眠い午後1時。
字幕に現れた『紅花会』の3文字に、しっかりと目が覚めました(@@)))

つまり、手っ取り早く云うと、これ『書剣恩仇録』のサイドストーリーだったんだ……。
(後で調べたら、『レジェンド・オブ・フラッシュファイター書剣恩仇録』という映画が、しっかりありました

(というか、無双ちゃんが記事書いてるし 

さて。

続きを読む »

スポンサーサイト

碧血剣 第一話、第二話

これほど、放送開始を待たれていたドラマもちょっと類がないんじゃないかと思いますが……

それにしても、のっけから飛ばしてくれますw、ドラマ。
おかげで、昨夜はオープニングテーマの『好男児』が頭ン中をぐるぐるして、
なかなか寝付かれませんでした。


それでは~

続きを読む »

笑傲江湖 第39話、40話(最終話)

日月神教の教主に返り咲いた任我行と辟邪剣法を習得して五岳剣派の総帥となった岳不羣。
『武林最強』の四文字に取り付かれた男たちが、江湖に血風を巻き起こそうとしております。

さて、その行方は……

続きを読む »

一期一会

 小動物?
 半覚醒の意識の中、楊過が最初に感じたのは、それだった。
 荒れた土地神の廟の中。ぱたぱたと小さく響いた足音に、違うな、と即座に内心で訂正する。
 そもそも、小動物が布鞋ぬのぐつなどいているはずもない。が、
     目をつむってると、人間も獣も、気配は大して変わらないもんだな。
 そんなことを思った。

続きを読む »

テーマ : 二次創作:小説 - ジャンル : 小説・文学

神雕侠侶二次小説 目次

ぽつり、ぽつりと、気の向くままに(しかもランダムに)UPしてきた二次小説
おかげさまで、気がつけば、二十何作となっておりました。
……ので、ちょっと、物語の年代順に並べて、目次みたいなものを作ってみようかな~なんてことを思いたちました。
過去のものを読み返してみようかな、と思われた奇特な方(いるのか?)
ご新規さまで、二次小説に興味を持たれた方の、お役に立てば幸いです。



十六年以前

午後の来訪者
 赤子の郭襄を連れて終南山へ向かう楊過。途中、乳をもらいに立ち寄った農家で……

十六年間

風の中に
 オリジナルサウンドトラック『路途』に寄せて

一期一会
 絶情谷を出てから、兄と再会するまでの、江湖を放浪していた間の、ショートエピソード

鬼嘯(きしょう) 前編
鬼嘯(きしょう) 後編
 東海で修行中の楊過の、長嘯に関する一エピソードです。

飛双燕 1
 春宵。荘園の男たちに追われる女侠を見た楊過は……。飛双燕の三娘子との出会い編。

乍風(さくふう)初出タイトル『無題』
 江湖の南半分を支配する黒龍社の頭領・袁鉄杵は、誘拐された一人娘を連れて訪れた男に対し……

氷輪(ひょうりん)
 月光の下、楊過の想いは自然、小龍女へ向かい……

黒白 前編NEW
黒白 後編NEW
旅先で2人の少年を拾った楊過は、その一方の母親探しを頼まれますが……

飄風(ひょうふう)
 隻腕であるために神鵰侠と間違えられた孫受は、鏢局の用心棒を引き受けることとなるが、実は、その荷物は……
 作中、飛双燕の三娘子が登場しております。

元宵節夜話  情花残香
 元宵節ででにぎわう街。その雑踏の中に楊過が見出したのは、なんと、死んだはずの公孫緑萼。


十六年後

めぐり逢う日

非夢 -ゆめにあらず-
 絶情谷での再会直後のショートストーリィ。

香風
 非夢 -ゆめにあらず- の直後ストーリィです。

光風
 襄陽大戦直後。楊過と程英、陸無双の再会話。

薫風
  襄陽大戦直後のSSショート、ショート、その2

蒹葭(けんか)
 小龍女を相手に楊過が語る、神鵰侠時代の物語。琴が縁で結ばれた友誼の行方は……

無題 
 小龍女の美貌に目がくらんだ、自称『究極の美男』が、楊過が出かけている間に小龍女に言い寄りますが……
 ふたり旅の間の楊龍夫妻の一挿話です。

元宵節夜話 夢灯篭 
元宵の夜、二人に憧憬のまなざしを向ける少女に出会った楊過と小龍女は……
楊龍夫妻が若い男女の恋を助けます。

帰還
 読んで字の如く(笑) 2人が古墓へ戻る話。

凪の間に
 十六年後の古墓の一夜。

あるお伽噺
 ある夜、産婆の王婆が呼ばれた先は ――
 小龍女の出産話。

緑風  
 楊龍夫妻の娘、翠珠すいじゅの命名エピソード。

父と子と
 少年が初めて外の世界を知ったのは、五歳のときだった。
 楊過の息子、楊鴻の話。

縁あらば   初出タイトル『無題』
 楊過の行方をたずねて江湖をさすらう郭襄。ある日、楊過、小龍女の面影を宿す少年少女を見かけますが。
 タイトルは中国のことわざ「縁あらば千里を逢いに来るも、縁なくば会うてもすれ違うまま」から

消せない声
 『縁あれば』で密かに郭襄を助けた楊過ですが、その心のうちは……

星光
 夜遅く、両親の話を立ち聞いてしまった楊鴻は、こっそり古墓を抜け出しますが……
 『消せない声』の直後話です。

夢と知りせば
 藍の濃淡の中に影のうごめく奇妙な世界に紛れ込んだ郭襄。そこに、忘れえぬ人の姿を見出します。

日常小話 
 読んで字のごとくの楊家の日常風景です。

暁闇 -ぎょうあん-
 古墓に隠棲する楊過・小龍女を訪れた耶律斉のもたらしたものは……
 
落ちこぼれ話
『暁闇』からバッサリとカットした部分。


或る青年の記
 思慮深く穏やかと評される郭破虜の心のうちに潜んでいたものは……



小道迷子の ことわざで中国語

小道迷子のことわざで中国語小道迷子のことわざで中国語
(2007/12)
渡辺 豊沢

商品詳細を見る


う~ん。これは、ことわざを読みながら、中国語を覚えようという本なのか、
中国語の勉強をしながら、中国のことわざを覚えよう……意味、一緒か(^▽^;)

とりあえず、ことわざと漫画と解説のほかに、
短い中国語のコラムみたいなのがあって、対訳がついてて、
内容も面白そうなので、借りてみました。

続きを読む »

「中国・四川省大地震」義捐金について

四川省、大変なことになってますね。
さすがに大国は、災害の規模も違う……なんて言ってる場合じゃなくて!

とにかく、呑気にいつものような記事を書いてていいのかな~
でも、地震お見舞い申し上げますって云うのも、なんか変だし~
なにか、こう、出来ることってないのかな~

と、思っていたら、
テレビで「カンガルー募金」の話を見ました。

詳しくはリンク先のHPを見ていただくとして、

仕組みとしては 0990‐51‐6000 に電話をして、1分間、メッセージを聞けば、
105円が義捐金として寄付される(電話料金は別)
ということのようです。

目下のところは中国が、各国の援助を受け入れるのか受け入れないのか、はっきりしない、
(出かけていって、素戻りさせられた組もあると、ニュースで言ってました)
んですが、中国の援助受け入れが決定したら、
ここへ電話してみるのもいいかなと思っています。
(本当に、気休めというか、「気は心」程度のものですが)

支援受け入れ決定となったら、また、そのへんのコンビニやスーパーに、
募金箱が設置されることでしょうけどね。


『追記』

先ほど、この『カンガルー募金』にTELしてみたら、どうやらNTTの回線じゃないとダメみたい。
(ウチはKDDIなんですよね~)
なので、ワタシはコンビニかスーパーの募金箱を利用することにいたしましょう。

確認したら、近場のコンビニ(ウチのほうはサー○ルKね)で受け付けてるそうですし。

笑傲江湖 第37話、38話

教主の座に返り咲いた途端に、江湖統一の向けての野望を燃やす任我行、
統一なった五岳の総帥の座に座った岳不羣、
ともに、自分の陣営に令狐冲を引き入れようと画策しております。

続きを読む »

笑傲江湖 第35話、36話 後編

かくして、戦い済んで日が暮れて~♪
恒山派のお弟子さんたち、それぞれの場所で、それぞれの格好でお休みの模様です。


さて。

続きを読む »

笑傲江湖 第35話、36話 前編

普通、世間一般に云う『会議』は、口 ―― というか、言論を持って行うものですが、
さすがは江湖というか武林というか、敵に対してだけじゃなく、仲間内でも“剣をもって語る”のが、作法なわけなんですな。

ということで五岳合併会議、次々、かなり血腥いことになってまいります。


さて。

続きを読む »

飛双燕 1

 春宵    
 月明の空に、影がひとつ舞った。
 それを、黒装に二振りの剣を背負った女と見て、
     見事な軽功だな。
 楊過は内心で賛嘆を送る。
 そこに、龍児や俺ほどじゃないがと但し書きが入るのは、天下無双といわれた古墓派の軽功を身につけたものの自負というものであろう。

続きを読む »

テーマ : 二次創作:小説 - ジャンル : 小説・文学

立夏なので……

思い立って、テンプレートを模様替え。
してみたんですが……

ここって、色々格好良いテンプレートは用意されているんですが、
自分なりの条件をクリアするものとなると、どうしても限られてしまいますね~

性癖としては夜のほうに属するワタクシ(生活態度は、かろうじてまだ昼型ですが(笑)としては、リュウトくんひまわりさんのところみたいなテンプレート、物凄く好みなんですが、
視力がよろしくない上に、かなり長文を書く身として、
(分量を確認するために、ワードで原稿を書いてるんですが、ドラマのレビューと、二次小説の短い方で6ページ、長いほうとなると12ページ前後。)
また読んでいただく立場としては、やはり黒い画面に白の文字というのは避けたい。

同様の理由で、字が細かいのも避けたい。

まして両方が重なってたりしたら、活字中毒者の私でも、さすがに読む気が失せますからね~(^▽^;)

内容から考えると、あまり可愛いものやポップなものは似合わない。
……というような理由から、現在のテンプレートと相成りました。
(もう2つばかり気に入ったのはあるんですが、一方は、何となく見にくいし、もう一方はSUBJECTが表示されないんですもん)

ということで、テンプレート一つを取っても、なかなか考えさせられるものですな。


連城訣 

連城訣〈1〉菊花散る窓連城訣〈1〉菊花散る窓
(2000/01)
岡崎 由美、金 庸 他

商品詳細を見る


連城訣〈2〉雪華舞う谷


『連城訣』キャッチアップ放送、今日(5月3日)と来週の土曜日(5月10日)なんですよね~。
途中からでも見ようかどうしようか、目下思案中。
血刀老祖サマの勇姿は見たいんですけどねぇ……

ということで、記事にしようかなと数日前に原作を読み返しかけたんですが……
ダメだ、これ。悲惨すぎるもん。

それでも上巻、なんとか半分くらいは読んだんですが~
結局、丁典さんが死んだところで、本を閉じちゃいました。

で、どれくらい悲惨な目にあっているかというと~


以下、ネタバレになりますので、これからこの本を読もうかという方はご注意下さい。

続きを読む »

条件反射?

中国語の勉強を、始めてしまいました。
と云っても、○HKのラジオ講座のテキストを買ったり、
図書館で中国語の勉強の仕方の本を借りたり(紹周文さんの著書が、私的には一番相性が良いみたい)
ヒアリング用にCD付の本を買ったりと、まあそんな程度なので、遅々としてはかどらないわけですが(^^ゞ

というところで昨日、たまたま『所さんのとこんトコロ』を見てたら、琴をね(と云っても、『笑傲江湖』に出てくるあれじゃなくて、和琴。親たちの世代がいう所の『本琴』です)作るところをやってたんです。

で、弦の呼び方についての説明で「一、二、三、四、五、六、七、八、九、十、斗(と)、為(い)、巾(きん)」という文字が出たんですが、
無意識に頭の中で…………(はい、もうお分かりですね(笑)

「イー、アル、サン、スー、ウー、リュー、チー、パー、ジュー・シー」

原因はと言いますと、どうやらヒアリング用のDC。
ヒアリング問題の一問ごとに、ご丁寧に頭の部分に、「イー」「アル」「サン」「スー」。
こりゃ、イヤでも覚わりますわな、数字だけ(爆)

おかげで、You Tubeでルイス・クー版の『神侠侶』を見てみたら、やたら「十六年后(シーリョウネンゴ)」という音だけが聞き取れたという……(笑)

他の台詞も、こんな風に聞き取れるようになるといいんですが……
(え? かなり高望み?)

紅楼夢の殺人

紅楼夢の殺人 (文春文庫 あ 45-1)紅楼夢の殺人 (文春文庫 あ 45-1)
(2007/08)
芦辺 拓

商品詳細を見る


JINさんお勧めの『紅楼夢』、挑戦してみようと図書館から借りることにしたんですが、
はた、と気付いたことがひとつ。

私がコレについて知っていることといえば、
なにやら広大なお屋敷に住む美しい少年少女たち――賈宝玉という少年と金庸十二釵、もとい金陵十二釵と呼ばれる美しい女性たちの物語、ということだけで~
つまりはこれ、登場人物が滅茶苦茶多いんですよね?

なので、とりあえずの入門編として、図書館の蔵書検索で引っかかった、この1冊、
現代の日本人作家の手によるミステリーを借りてみました。

さて。

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。