十八の子 -李巌と李自成-


十八の子 李巌と李自成十八の子 李巌と李自成
(2007/11/21)
小前 亮

商品詳細を見る


李巌(り・がん)『碧血剣』原作(日本語訳版)やドラマでは李岩ですが、実際には、こっちの難しい字なんですね。

で、タイトルの『十八の子』は、これも原作に書いてある『十八子主神器』。
こちらではわかりやすく『十八の子が、明を倒して天下を治める』、
十八子の3文字をあわせると『李』の字になることから、李姓の者が明を倒して天下を治めるという予言から来ています。

ついでに、この本のほうでは、女占い師の老婆が、この予言をしています。


さて。

続きを読む

スポンサーサイト

場所鳥



bashotori


場所鳥=ばしょとり

2005年頃から、王国ブログ(現在サービス休止中)近辺に出没し始める。
形態はさまざま。
初期は、白い鳥に限られたが、途中から色が着き始めた模様。

……って、元王国の身内以外は、何の冗談をやっておるかとお思いでしょうが、
初期の王国ブログ、
(ここ、リンク張ってもいいケド、会員にならないと閲覧できないみたいなんですよ~)
1日に記事1つしかUP出来なくてね、
そのせいで、
『確保』とか、まあ、色んなモノが出没してたもんです。


で~
なんだってこんなコトをやっておるのかというと……
ちょっと近況でも書こうかと、PCの前に座ったのは良いんですが、
午前中に図書館へ行っていたせいで、どうやら集中力が切れちゃったみたい。
なので、ちょっと、昔やった冗談を載せておいて、
これから読書三昧に入ります。

(日本の作家さんの書いた『李厳と李自成』というのを借りたの。
 感想がかけるくらいには、面白いと良いなぁ)



神鵰二次小説 暁闇 -ぎょうあん-

たしか、この辺りだったはずだ。
 打狗棒で茨をなぎ払いながら、耶律斉は古い記憶を辿る。
 終南山もその周辺も、およそ三十年前のモンゴル軍の焼き討ちと、その後に新たに茂った草木とで、周囲の光景を一変させてはいたが、それでも変わらないもの幾つかある。
 例えば、迷路を思わせる奇岩の配置。あるいは、川の流れ。

続きを読む

碧血剣 第9話、第10話

同門の兄弟子に逆らう羽目になってまで、自分を守ってくれようとする袁承志の義侠心に感動した洪勝海、簪に隠していたドルゴンからの密書を差し出します。
それはなんと、宦官の曹化淳(そう・かじゅん)が明の内情を知らせる代わりに、清が北京を落とした後、自分の身の安全を約束させるものでした。

皇帝のそば近くに使える人間の、思いがけない腐敗の有様に、愕然とする承志。
というか……こーゆーヤツがいるから、宦官が全般的に悪く云われるんだな。
鄭和とか、ちゃんと立派な功績を立てた人もいるのに。

さて。

続きを読む

きんきょー(近況ですって(^▽^;)

1、すらんぷです(^_^;)

どのくらいスランプなのかというと、すらぷですという記事を書きかけて、途中でやめちゃったっくらいのスランプです。
(てか、さっき一瞬、スランプという用語が出てこなかったし)
まあ、最近、睡眠のリズムが狂ってるのと、胃がチクっと来たり、指先や足先がピリピリしたりするんで、体が気候の変化についてゆきかねて、風邪を引きかけてる~くらいが関の山なんでしょう。

続きを読む

碧血剣 第7話、第8話

偶然……というよりは、自ら望んで頭を突っ込んだ事件、
崋山派の甥弟子が関わっていると知って、袁承志(えん・しょうし)詳しい事情を調べに、夏青青(か・せいせい)とともに金龍幇(きんりゅうほう)へ忍び込みます。

さて、その詳しい事情とは……


続きを読む

ドルゴンって、意外と若かった(@@;)

先日、何気なく「壁血剣」~ではない「血剣」のエンディングを眺めていたら、
キャスト名の中で、不意に眼に飛び込んできた幾つかの文字……

ドルゴン………バー・イン(巴音)

つまり、ドルゴン役を、向門天の兄貴が演じられるわけなんですな。

続きを読む

光風

「兄さまが!? 本当に?」
 程英の言葉に、陸無双は声を弾ませる。
 では、数刻前に湧き起こった歓声は、楊過が蒙古の皇帝を討ち果たしたときのそれだったのか。思うと、声と同様に胸が弾んだ。

続きを読む

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

碧血剣 第5話、第6話

温家の家訓。

『無理が通れば、道理が引っ込む』

で、時には、その無理を通させてくれない相手もやって来るわけでして~(^m^)


さて

続きを読む

定期チャットのおしらせ

今月のチャット

6月14日(土曜日) 午後7時からです


前回、告知をしなかったら、2人チャットになっちゃいましたもんね(^▽^;)
それはそれで、楽しかったんですケド


ということですので、又、その時間になったら、入り口を設けておきますので、
常連の皆様、通りすがりの楊過迷、金庸迷、武侠迷のかた、
ご参加、お待ち申しております

憧れ男性ちぇっく

どぅいちゃんのところでやっておられた、憧れ男性ちぇっく


こういうのって、目がないので(笑)早速挑戦してみました。
それにしても「お前さんをチェックします」って、言い回しが良いですねぇ。
こういうセンス、大好き。

で、サーバー1と2があったので、ためしにと両方挑戦
ですが……意識して答えを変えたのは1つだけだったのに、なんで、こう、結果が変わるかなぁ(^▽^;)

続きを読む

梅雨なので……

ちょっと、お絵かき……のようなもの
久々に、Paintgraphic(ペイントグラフィック)を使って遊んでみました。

ajisai


これ、ただいま休止中の『王国ブログ』の方の友人たちは先刻承知ですが、
イメージホースという写真風の素材が色々入っていて、気軽に絵描きさん気分が味わえる、
(ついでに、合成写真や心霊写真もどきも作れる(爆)
という優れもの。

で……

続きを読む

碧血剣 第3話、第4話

前回(第2話)で、お骨~もとい、白骨で登場された“あの方”。
いよいよ登場となります。

さて。

続きを読む

プロフィール

rei★azumi

Author:rei★azumi
ヒト属ネコ科 コタツ猫亜種 読書ネコ
『神鵰侠侶』で金庸にハマった、金庸初心者。
とりあえず、金庸の小説全作品読破を目指すも、突如神鵰侠侶二次小説にハマる。
さて、この先、どうなりますことやら。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
最近のトラックバック
月別アーカイブ
あし@

Pika_Mouse
powered by
3ET
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索