秋水長天

 遊子帰客 夢断故郷雲水之間    西風古道 回首一片秋水長天

Archive [2008年11月 ] 記事一覧

雪山飛狐 第23話、24話

欧陽鋒とーちゃん、『雪山飛狐』23話にゲスト出演~と思ってしまっても、今回はあながち、脳内武侠菌だけのせいではないでしょうね。場面が場面ですから。(霊素ちゃんが胡斐に盛られた毒薬について、アレコレ思い悩んでいるシーンでしたし)それにしても、何しに出てきたんだ、あの蛇ヒトわっ !?却説(さて)...

神鵰二次小説  鬼嘯(きしょう)  前編

 冥くらい眸めをした男性ひとだった。 どこか寂しげな男性ひとだった。 それでも、真冬の鉛色の空に、一筋射した陽のように    。 それとも、深い森の奥の木洩れ日のように、 そんなふうに微笑わらう男性ひとだった。 今になって思う。多分あたしは、その人が好きだったのだろうと。 もちろん、その頃は、そんなことには気付きもしなかったけど。 その人と初めて会ったとき、あたしは、まだ十二かそこらの子供だった。...

神鵰二次小説  鬼嘯(きしょう)   後編

前編 より 二人の体を蝕む毒を消すために     楊兄さんは毒消しを、奥様は神僧を求めて訪れた絶情谷。一切の望みが水泡に帰した後、それでも二人は、残された日々を、寄り添って静かに暮らすはずだった。 それが    。 抱き合って眠っていたはずが、目が覚めると姿が消えていたのだそうだ。...

雪山飛狐 第21話、22話

これはもう、何をか云わんや……と云うか、この画像で、説明は不要でしょう。(つーか、たったこれだけのシーンで、翌週まで引っ張るなよな~)却説(さて)...

ちょっと一息

……ということで、お茶など、どうぞ。そういえば、昔は、良くこんな絵をUPしましたっけ...

雪山飛狐 第19話、20話

下記の理由で、今回は忙しかったので、ざっくり参ります。では……...

ミカン狩り

写真を撮るどころじゃなかったので、画像はございません。そのあたりは、ご了解のほどを(^▽^;)さて、...

明日はミカン狩り

ウチとこの職場、面接の時に(社長の)奥さんが、家族的なところだよと言われたんですが、本当に家族的というか、何というか……そういう社風なのかな、とにかく皆さん親切で、これが何よりありがたいんですが、そのほか、社長が、会社の前で畑を作っておられて、結構頻繁に野菜を頂けるし、(帰りがけに、モロヘイヤ持ってけって言われて、皆で葉っぱを千切ってたり(笑)なかなかユニーク(その分、居心地は良い)なところへ就職し...

雪山飛狐 第17話、18話

え~原作を読んでると、胡斐(こ・ひ)のあまりのニブさに、思わず殴りたくなりエピソードがあるんですが、今回、ドラマ見てたら、なんだか後ろから行って蹴飛ばしたくなってきたなぁ。もっとも、あの手の好意って、抱かれてる方は案外気付かないものなのかもしれませんが。さて、...

雪山飛狐 第15話、16話

1週遅れが定番――どころか、それすら危うくなってきた『雪山飛狐』のレビュー(^▽^;)(いつも、金曜日の夜か土曜日の朝に書いてるんです)今回、↓のように土曜日に『レッドクリフ』を見に行く予定だったので、金曜日のうちに書いておこうかとセカンドマシーンの『隼斗』を立ち上げたのはいいんですが、(ちなみにネットにつないであって、今使ってるのは『風太』)今週、仕事がハードだったせいか、肝腎のドラマのほうを忘れてる、...

レッドクリフ

ちょっくら、カメの独孤求敗に会いに行ってまいります。……って、大概の人には、何のことやらわかりませんね(^▽^;)????と思った方は、こちらのどぅいちゃんの記事の、ずーーーーっと下のほうをご覧下さい。で、詳細については後ほど。……というワケで、会ってまいりましたよ、カメの独孤求敗に(笑)登場はワンカットもしくはワンシーンだけかと思いきや、意外に登場シーンも多くて、しかも、張飛に水瓶に放り込まれたりもしまし...

ご案内

プロフィール

rei★azumi

Author:rei★azumi
ヒト属ネコ科 コタツ猫亜種 読書ネコ
『神鵰侠侶』で金庸にハマった、金庸初心者。
とりあえず、金庸の小説全作品読破を目指すも、突如神鵰侠侶二次小説にハマる。
さて、この先、どうなりますことやら。

最近の記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

あし@

Pika_Mouse

powered by
3ET

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索