秋水長天

 遊子帰客 夢断故郷雲水之間    西風古道 回首一片秋水長天

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

2008年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

鬼仙

鬼仙鬼仙
(2006/12)
南條 竹則

商品詳細を見る


図書館で背表紙を見て、なんとなく中国のお話っぽいな~と手に取ったら、大当たり~♪
中国の、色々な昔の物語を元にした短編小説集でした。

それにしても中国って国は、『封神演義』なんかを読んでると、人間だけじゃなく、色々な動物や草木の精までが仙人になったりしていますが、
   日本で言うところの幽霊までが、修行して仙人になっちゃうんだから凄いです。

で、収録されているのは、

お役所の建物に住み着いた英華娘娘(えいかにゃんにゃん)という鬼仙と、気性が真っ直ぐすぎて左遷されてきたお役人との交流を描いた表題作のほか、

乩仙(けいせん)という、中国版こっくりさんのようなものが縁で出会った瑶池の仙女と秀才(科挙の郷試合格者のことだそうです)とのプラトニックな恋と、その結末を描いた『夢の女』(で、これ、他人の縁結びはするんだけど、当人たち、本当は結ばれたいんだけど、縁がが繋がっていないからダメ、と云うあたりが何ともはや(^_^;)

いつも餌をくれる坊ちゃんや、爺さん、婆さんを助けるため、観音様の言葉に従い疫神退治に乗り出した野良犬(汚職官吏の生まれ変わり)の、ちょっと情けない活躍と、彼を待ち受けるとんでもない運命を描いた『犬と観音』

厨娘 (ちゅうじょう) つまり、料理人として、妓楼のお客だった文人の家に雇われた少女が、才能を発揮して自分の居場所を見つけてゆく『燕児の火鍋』

『緑窓新話』などから採ったいくつかの話を納めた『唐山奇譚』『女仙と温泉に入りそこねる話』(コレの女仙と云うのは、どうも楊貴妃らしい)からなっておりまして、

『犬と観音』の、ええ~~っ!? そんなぁ な結末のほかは、ほのぼのしていたり、ユーモラスだったりする話が多いです。
(いや。『犬と観音』も、結末の意外性以外は面白いんですよ。途中で、ヾ(--;)ぉぃぉぃなシーンは幾つかありますケド(^▽^;)

で、この中で、私が一番気に入っているのは『燕児の火鍋』。
これ、一番事件性の少ない、ほのぼの系の少女の成功譚なんですが、何かと、主人公の燕児や、文人先生の養女分で、何かと先生の奥さん達に誤解を受けやすいお嬢さんを庇ったりアドバイスしたりしてくれる先生宅の居候(実はお嬢さんをお嫁さんにしたい)楊元気さんがいい味出してます。
(しかし、中国には楊姓が多い……(^▽^;)

ちなみに、『火鍋』っていうのは、日本で云うところの鍋料理みたいなものらしいです。
スポンサーサイト

| 読書(中国もの) | 2009-01-31 | comments:6 | TOP↑

≫ EDIT

雪山飛狐 第37話、38話

今回の『雪山飛狐』。いよいよ若蘭の復讐譚かと思いきや、田帰農と若蘭の話でした。

それにしても、主人公であるはずの胡斐の出番が、あんなに少なくて良いものでしょうか
                                                (^▽^;)


さて。

≫ Read More

| 雪山飛狐 | 2009-01-24 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

眠くて……


眠くて

……って云っといて、こういう画像をUPしてる閑があったら寝ろっていわれそうですので(笑)

とりあえず、おやすみなさい……


| 日記、ひとりごと | 2009-01-21 | comments:12 | TOP↑

≫ EDIT

雪山飛狐 第35話、36話

なんかこう……
そろそろ、前置きの言葉にも困ってきたゾ、という感じなので、
このまま、本文行きます (^▽^;)


≫ Read More

| 雪山飛狐 | 2009-01-17 | comments:6 | TOP↑

≫ EDIT

雪です

確か、今日は雪は降らないはずだったのに……
朝起きたら、雪でした。

現在(午前9時)は、もう止んで、陽が射してますけどね。
(しかも、道には積もってませんケド)

でも、まあ、こちらのほうで、こんな風に降るのは珍しいので、
ちょいと写真など(笑)

山茶花
ウチの山茶花。開きすぎて、少々くたびれてますが(^▽^;)


ご近所
ちょっと外へ出ると、こんな風

田んぼ
こういう撮り方をすると、どこの田舎だ~と云う風情ですな(笑)

なにやら林のように見えているのは、稲沢名物(?)の木の畑~もとい、
『苗木畑』の、成長したヤツだと思います。

ちなみに、小さい苗木が整然と植わっている図は、本当に“木の畑”と云う感じで、ちょっと笑えますよ。

| 日記、ひとりごと | 2009-01-12 | comments:10 | TOP↑

≫ EDIT

肉屏風の密室

肉屏風の密室肉屏風の密室
(2008/07/18)
森福都

商品詳細を見る



なかなか物凄いタイトルで、それっぽい表紙で、これ、森福さんの著書じゃなくて、図書館の本棚にあるのじゃなかったら、まず、手に取らなかったでしょうなぁ(笑)

でも、でも、タイトルから想像されるような、いわゆるヤラシイ話じゃありませんので、ご安心を(笑)
(一種のミステリーと云うか、事件モノですかな?)


さて、



≫ Read More

| 読書(中国もの) | 2009-01-11 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

仕事始め

お休みは待っているうちが花というか、なんというか……

長いな~と思っていた8日間のお休みも、昨日でおしまい。
今日からお仕事!

と云うことで(あまり張り切ってはおりませんが ヾ(--;)ぉぃぉぃ)行ってまいりました。

で、お年賀の挨拶だけして、いきなり仕事かな~ と、思っていたら、
なんと、舐める程度でしたが、お神酒が出て、
(これから仕事ですから、酔ったら困りますものね。私の場合、ほとんど呑めないし)
おつまみも、出ました。

(細かい部分の福利厚生は、充実してる会社だな~(^▽^;)

で、肝心の仕事のほうはと云うと、案の定のボケまくり。
8日も休みだと、こんなところを忘れるか!? というより、
むしろ、
良く、こんなところを覚えたいたな~と云うべきかも(笑)

それにしても、長期のお休みで、調子が悪かった右手が元に戻ったと思ったら、
実は、遊んでて、体がなまった(筋力が落ちたかな)だけだったという……

やっぱり、何かスポーツ(握力がつくようなもの)をやるべきかな~

ha-bu?

知なみに画像は、忘年会のボーリング大会の専務賞。
くじ引きで当った順位の人に、何かもらえるというものでしたが、
賞品が今年に繰り越されていたものでした。

ハーブ……らしいんですが、
頑張って育てねば (^▽^;)

| 日記、ひとりごと | 2009-01-05 | comments:19 | TOP↑

≫ EDIT

たった3秒のネット術


たった3秒のネット術 (知的生きかた文庫)たった3秒のネット術 (知的生きかた文庫)
(2008/09/19)
中山 真敬

商品詳細を見る


と云う本を、ミカンを買いに行ったついでに購入しました。

ネットを便利に使うための、色々な裏技が書かれていて、
まだ全部は見てない(当然、試してもいない)んですが、
2~3、見たところでは、かなり使えそうです。

で、いきなり多用しているのが、
サイトの「2つのページ」を並べてみる技

これ、例えば、このFC2ブログで云うと、
訪問者リストから、どなたか、訪問してくださった方のブログをクリックすると、そのブログへ移動してしまって、
自分の管理ページへは、改めて『お気に入り』から戻るか、『戻る』ボタンを押す、くらいしかありませんよね。

それが、『Shift』ボタンを押しながら、リンク先をクリックすると、
そのリンク先が、別ウインドゥで開くので、
自分の管理ページは開きっぱなしにしておいて、あちこち訪問出来て、便利です。

あと、調べ物をやってるときも、複数のウィンドゥを開いて、比較検討できて ――って、こっちが本来の使い方か(笑)

あと、最小化してタスクバーにおいてあるウィンドゥは、右クリック閉じる× を使えば、より簡単に閉じられるとか、色々便利な技が載ってますので、
これ、座右と云うか、パソ右の書にしてもいいかなぁと、思っています。

| 読書(その他) | 2009-01-04 | comments:10 | TOP↑

≫ EDIT

謹賀新年

旧年中は色々とありがとうございました
 
 本年も、どうかよろしくお願いいたします。


謹賀新年


 2009年が皆様にとって、穏やかな良い年でありますように

(画像はWordのクリップアートとDrawgraphic (説明扉付きスリムパッケージ版)の素材の組み合わせです)
(今年は、オリジナルの絵も描きたいなぁ……。暇があったらですケド (^_^;)


| 日記、ひとりごと | 2009-01-01 | comments:13 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。