秋水長天

 遊子帰客 夢断故郷雲水之間    西風古道 回首一片秋水長天

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

2009年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

月蝕島の魔物

いやぁ~。たまには「ヤング・アダルト」のコーナーも覗いてみるもんだな~
と云うことで、図書館の、その「ヤング・アダルト」コーナーで見つけたのがこれ。

月蝕島の魔物 (ミステリーYA!)月蝕島の魔物 (ミステリーYA!)
(2007/07)
田中 芳樹

商品詳細を見る


です。

主人公    というか、物語の語り手のエドモンド・ニーダムは、“あの”クリミア戦争のバラクラヴァの戦いの軽騎兵旅団の生き残り。
戦争からの帰還後(戦争前に務めていた出版社は潰れていたので)姪のメープルとともに、ミューザー良書倶楽部と云う最大手の貸し本屋(兼、出版社)に就職。
製作者(プロデューサー)の肩書きを与えられ、以後、順風満帆の日々    を、送るはずだったのですが……

なぜか、壊滅したはずのスペイン無敵艦隊の船の一隻(てコトは、エリザベス1世の時代の船ですな、なんと!)の氷漬なんてとんでもないモノが、イギリスの北方にある月蝕島に流れ着いた1857年の夏、
担当者の骨折のせいで、“かの”文豪・ディケンズと、彼の屋敷に滞在していたアンデルセンの世話を命じられたことから、とんでもない冒険(もちろん、氷漬けのスペイン船もかかわってきます)へと巻き込まれてゆくこととなります。

戦争で散々酷い目にあって、平和な生活が一番、戦争や冒険なんてこりごりといっていたにもかかわらず……


と云うことで……

≫ Read More

スポンサーサイト

| 読書(その他) | 2009-04-29 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

鹿鼎記 第11週

少林寺の武芸を見せて欲しいと、寺を訪れた武芸者のガルダンと神龍教のヤセ行者。そして、雲南平西府の楊溢之(よう・いつし)ですが、この3人の来訪には、実は別の目的が。
それは……

≫ Read More

| 鹿鼎記 | 2009-04-26 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

きんきょー(近況ですって (^▽^;)

① この頃、会社から帰ると……

kutaltu

大体、こんな感じです。
これは、時々(いや、頻繁に?)重いものを持ち運んだりするせいなんでしょう。
まあ、大体、お茶かチョコレートくらいで復活しますが(笑)

と云うわけで……

明日はお休みだし、雨だし、
1日中寝てみるかな~(笑)



| 日記、ひとりごと | 2009-04-24 | comments:8 | TOP↑

≫ EDIT

鹿鼎記 第10週

今回、いよいよ韋小宝の少林寺入りが実現しますが、天下の少林寺も“天地会の問題児”   もとい、風雲児、韋小宝にかかっては、か~な~り引っ掻き回され気味。
ですが、小宝の方も………

と云う次第で、今回の見所は、珍しくも非常に情けな~い暁明・小宝の姿かも(笑)


さて。

≫ Read More

| 鹿鼎記 | 2009-04-19 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

レッドクリフPartⅡ

見てまいりました レッドクリフPartⅡ ― 未来への最終決戦 ―
って、ちょっと「…………(^_^;)」なタイトルですが。
(なんせ『三国志』の未来ったら、アレですから(^▽^;)

ちなみに、PartⅠの方は日曜日(12日ですな)にテレビで放映されまして~
一応は視聴したんですが、画面の小さいのはともかく(と云っても、かなり迫力は減じますが)たびたびCMが入るのは、かなり興をそぎますな。
おかげで、どうも所々(周瑜と小喬のいちゃいちゃシーンとか)寝てたような気が……(^▽^;)

さて。肝心のPartⅡはと言いますと、

一言でいうと、凄い

というより、「凄い」の一言でしか、言い表しようがない。
ことに、赤壁の炎上シーンと云うか、火器による攻撃シーンは凄い!
こ~れ~は、やっぱり映画館の大画面で見なきゃ勿体無い!
と云う迫力でした。
(些かやりすぎの気もしましたが。見てて、「どこの空襲だよ(^_^;)」って感じちゃいましたもの)

で、ジョン・ウー監督が、どうして映画をPartⅠとPartⅡに分けたかも、なんとなく納得。
PartⅠが個人戦~というか、個々の武勇や人となりを描いたのに対し、PartⅡの戦闘は、団体戦だったんですね~。
関羽や趙雲に見せ場は作ってあったけど、PartⅠほど目だちませんでしたもん。
(でも、周瑜は、よく動いてたなぁ。武芸の見せ場もあったし)

が………………

前作に比して、見終わった後の爽快感がない。
これはなぜかと、つらつら考えてみたら~、ジョン・ウー監督、戦争の残酷さとか虚しさも取り入れたかったものなのか、前作ほど遊んでないし、娯楽に徹してなかった気がします。
モノが『三国志』で、選んだ題材が『赤壁』     曹操が華々しくも圧倒的な大敗を喫するアレ(でもって、読者や視聴者は、ボロボロになった曹操を見て快哉を叫ぶのね(笑)なんだから、もっとエンターティメントに徹してくれても良かったんじゃないかなぁ。



さて。
以下には、ネタばれが含まれております。

≫ Read More

| 映画、DVD、ドラマ鑑賞 | 2009-04-18 | comments:14 | TOP↑

≫ EDIT

鹿鼎記 第9週

小宝が成長した途端、小宝を取り巻く美女     というか嫁になる女性たち、スゴイ勢いで登場してきますね~
7人そろい踏みも、も間近?
と云うことで、今回も、また登場です。


さて、


≫ Read More

| 鹿鼎記 | 2009-04-11 | comments:6 | TOP↑

≫ EDIT

水滸伝三昧

と云っても、偶々図書館で4冊借りた本のうち、3冊までが水滸伝関連だったというだけで~
って、普通は、まあ、こういう本の借り方はしないか(笑) 

……となった、そもそもの発端は、阿吉さんが貸して下さったこれ。

水滸伝 伏龍たちの凱歌 (歴史キャラクターノベルズ)水滸伝 伏龍たちの凱歌 (歴史キャラクターノベルズ)
(1995/04)
吉岡 平

商品詳細を見る


≫ Read More

| 読書(中国もの) | 2009-04-09 | comments:8 | TOP↑

≫ EDIT

鹿鼎記 第8週

え~。
あっという間の4月です。物語のほうも、さくさく進んでおります。
それにしても、こういう展開だったのかなぁ。
(と、原作のほうをほとんど忘れている私(^▽^;)


さて。

≫ Read More

| 鹿鼎記 | 2009-04-04 | comments:8 | TOP↑

≫ EDIT

桜、桜ぁ~♪

桜便り、なかなか5分咲きから進展しないんですが、さすがに来週まではもたないだろからうと、
清州城まで、花見をかねて写真を撮りに行ってまいりました。

清州城



≫ Read More

| 日記、ひとりごと | 2009-04-04 | comments:10 | TOP↑

≫ EDIT

咲いた、咲いた~♪ 2

待機中のチューリップ2号より先に、3号が開花。

chu-rippu2

≫ Read More

| 日記、ひとりごと | 2009-04-01 | comments:10 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。