神侠侶 第33~第34集

10月もアレよという間に過ぎ去り、『神侠侶』の放映も、余すところあと4回。
(月末からは『倚天屠龍記』なんですよね)
いよいよ、話の詰め込み方が激しくなってまいります(^▽^;)
(でも、今回はじっくり描いてましたね~)

さて。

続きを読む

スポンサーサイト

神侠侶 第31~第32集

いよいよ第一部も終盤(いや、別に二部作になってるわけじゃないケド(^_^;)
と云う感じで、何というか、ほとんど人員整理のような回でしたが、
それ以上に、郭芙のバカ娘っぷりが際立った回でもありました。ヾ(--;)

ということで、



続きを読む

ミニブログはじめました

というか、始めたのは猛随分前なんですが、
気分次第で書いたり書かなかったり――と云うよりむしろ、書かなかった、書かなかったり(^^ゞ

と云う状態だったのが、ここ数日は、まあ、順調に更新。
と云うことで、一応ご紹介。

できたら読書メモみたいなものにしてゆく予定です。

よろしかったら、覗きにおいで下さい。

ブログ名は『有縁千里来相会 』です。 

神侠侶 第29~第30集

物語りもいよいよ佳境(の第一弾ですな)。
と云うことで、今回、特に終盤、恐ろしいほどに内容が詰め込まれております(^▽^;)


さて。


続きを読む

きんきょー(近況ですって(^▽^;)

1、知恵熱出そー

って、郭靖――もとい、幼児じゃあるまいし(爆)

なんですが、本日、リレーBOX(F井さんいわく、つなぎ箱だそうです)なる箱を、組み立てから配線までやったんですが、
これが、作るのがまだ2度目で、しかも、前回作ったのとは、またちょっと型が違うわけでして、
なので、前回作ったアンチョコと、出してもらった配線表を見つつ、分らない部分を聞きながら、考えながら、悩みながら(ヾ(--;)ぉぃぉぃ)
お隣で、これもちょっと違う型を作っているM屋さんのを、お手本代わりに眺めながら、
(で、間違いに気付いて、慌てて修正しながら ヾ(^o^;オイオイ・・・)
それでも、何とか、やっとこさ、ほぼ1日がかりで仕上げましたが。

なんか、脳のいつもは使わない部分を使ったような気がして、いつもの倍くらい、それも、脳が疲労いたしました。

マジ、3時以降連発したクシャミは、これのせいか? (笑)


2、やもりちゃん?

らしき、全長5センチくらいの可愛らしいものが、昨日くらいから、サッシの向こう側(つまり、家の外側)に、貼り付いております。
(あれ、ガラス越しに見ると、広げた手足の形が可愛いんですね♪
写真を撮ろうかな、と思ったら、どこかへ移動しちゃいましたが(^▽^;)

まさか、『家守綺譚』の文庫版を手に入れたせいではないと思いますが、
これも縁なので、いついてくれるといいな、と思っております。

家守綺譚 (新潮文庫)家守綺譚 (新潮文庫)
(2006/09)
梨木 香歩

商品詳細を見る



神侠侶 第27~第28集

春眠ならぬ秋眠暁を覚えずといった感じで、涼しくなったおかげで、なんぼでも眠れそうなんですが、折角の3連休、そんなに寝ていては勿体無い(笑)
やりたいことも、やるべきことも山積ですし。

何よりまず、神のレビュー書かなきゃ(^_^;)


さて。

続きを読む

大奥

男女逆転『大奥』、見てまいりました。

oooku

それにしても……
去年見に行った『パブリック・エネミーズ』といい、DVD借りた『ドラゴン・キングダム』といい、結構期待して見たものがイマイチで、
まったく期待せずに見に行ったものが、以外に面白いってのは、なんだかなぁ(笑)

と云う次第で、
意外に~と云うか、かなり面白かったです。
男女逆転の大奥と云う、一見無茶な設定を、無理なく~と云うより、そこをポイントに作り上げてしまうというのは、これは原作者の力量なんでしょうけど。

さて。

続きを読む

神侠侶 第25集~第26集

先日の二次小説で、あらかた思うところを書いちゃったせいか、今回はもう、筆が乗らない、乗らない(^▽^;)
というか、もう、最近は、日曜日の朝大急ぎでUPと云うのが定番になってきているような。
拙いなぁ……

さて、


続きを読む

アクセス解析 9月

先月のアタマでは、秋はまともに来るのか~となど危ぶんでいましたが、偉いもので、お彼岸が過ぎてみれば、しっかり『秋』!
と云うか、朝晩、かなり冷えます。
皆様、風邪など召されませぬように~。

と云う記事を、本来なら、昨夜UPすべきところだったんですが、
秋の夜長、この2晩ほど、このゲームにはまり込んでおりまして(^^ゞ

夢電4
夢電4

過疎化が進んで誰も住んでいないはずの村から、毎年手紙が届く。
思い切って、故郷の村へ向かった私は……

ということで、プチホラーテイスト――というか、心臓の弱い方には、ちょっとナニなモノが障子の向こうに隠れてたりもしますが、たいへんに叙情性に溢れて、いいゲームでした。
で、これは、みうらさんの作られるゲームとしては、かなり易しい方だとは思うんですが、どうしても自力攻略できない方、脱出ゲーム初心者の方は、こちらの
ドラさんの脱出ゲーム攻略で~


さて、本題(笑)

続きを読む

プロフィール

rei★azumi

Author:rei★azumi
ヒト属ネコ科 コタツ猫亜種 読書ネコ
『神鵰侠侶』で金庸にハマった、金庸初心者。
とりあえず、金庸の小説全作品読破を目指すも、突如神鵰侠侶二次小説にハマる。
さて、この先、どうなりますことやら。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
最近のトラックバック
月別アーカイブ
あし@

Pika_Mouse
powered by
3ET
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索