近況

とりあえず、事態は一旦停滞中。
父は、転院を待ちながら、病院でリハビリ。
(一応、転院の話はしたんだけど、納得はしたようなんだけど、覚えているかどうかは非常に疑問)
私は、仕事から帰ると、即病院へ、父の顔を見て、洗濯物を引き取りに。
(これも、毎日着替えと云うわけではないらしく、多い日があったり、ゼロの日(!)があったり(~_~;)

と云うことで、張り詰めていた気が緩んだらしく、頭がまったく働いてません。

と云うわけで、しばらくいただいたコメントにお返事が入れられそうにありませんが、
そのあたり、ご容赦下さい。

しかし、東海地方もついに梅雨入りしちゃいましたよね~。
観測史上、3度目に早い梅雨入りですって。

と云うことで、自分自身の洗濯物の問題もあるし、
目下、ふく*たま さんのアイディアによる、風呂場を乾燥室代わりに使う方法を検討中。
(突っ張り棒とハンガーでいいのかしらね)
スポンサーサイト

父の入院 その5

状況、徐々に進展しつつありますので、とりあえず報告(笑)
(んで、少し気が緩んだら疲れが戻ったのかなぁ。やたら眠いっス(笑)

火曜日、水曜日とリハビリの立会いをやりまして(水曜日のは偶然なんですが)現在の状況では、自宅受け入れは無理、と云うことになりました。

で、脳のほうはこれ以上悪くはならない(でも、良くもならない(~_~;) と云うことで、リハビリのできる病院へ転院するという方向で、話を進めてもらうことになりました。
現在、打診してもらっている病院へ転院が決まると、家からも近くなって、顔を見に行くのも楽になるんですよね~。
その間に、介護保険に認定も受けられて、今後の方針が決められるし、私も色々勉強する時間が持てるし。

で、上記に伴い、訪問調査の日程も決まりました。
まだ、転院の日取りが未定なので、現在入院している病院で、手続きをしに行った時に候補に上がった6月8日(水)。
定例で、お休みの日なので、私も立ち会えます。
(というか、病院の場合、家族は必ずしも立ち会う必要はないんですね。知らなかった。驚いた(@@;)

あと、仕事やら病院やらで、バタバタと留守にしている間に、銀行さんが見えてたんですね。
で、翌日も素戻りさせては悪いし、入院費用やら何やらで、定期も、いずれ一本解約しなくてはいけないし――ということで、担当者さんに連絡を撮ってきてもらいまして、こうこうでと状況を話しましたら、
「お父さんに、確か傷害保険を掛けてもらってますよね」
………………さ、さすがプロ。
そういえば、私の分も一緒に手続きしたの、すっかり忘れてました(^▽^;)

と云うことで、証書を確認してもらって、パンフをもらって、アドバイスをもらって、早速保険屋さんに連絡。
どうなるかわかりませんが、いくらか下りるようです。
あと、定期の解約手続きの方も、すすっと進めてくれまして、
こういうとき、地縁ってありがたいなぁ。

で、↓のコメントでhanaさんが云ってくださった、なるべく話しかけて~ってことですが、
看護師さんも、なるべく車椅子に座らせて――とか、気をつけて下さってるようです。
で、私も表情を見ながら、話しかけたり、手を握ったりしてるんですが、あんまり“ぼ~っ”とした表情になってると、心配になって、
「わたしは誰? わかる?」
といったら、昨日なんか、いつもの口調で、
「さあ? お前さんは誰でしょう(笑)」
とーちゃん、今の状況じゃ、それ、冗談にならないって…… ヾ(--;)ぉぃぉぃ

ところで、転院予定の病院の位置確認やら、現在車に乗せてある道路地図が重過ぎて、持ち運びに不便なので(家で見たいこともありますし)
病院へ行く途中で、小さ目の軽いのを一冊買いまして、それを父に見せたんですね。
そうしたら、漫画や雑誌にはあまり興味を示さないのに、それは結構、パラパラめくって見てました。
てことで、起こしておくためにも、地図をもう一冊かって、渡しておくかなぁ(笑)

父の入院 その4

雨、三日目です。
一般家庭もそうですが、入院している家族を抱えてるお家では、洗濯が頭の痛い問題ですよね~。
乾燥機を買ったり、コインランドリーや病院の乾燥機を利用して、上手にやっておられるのかな。
(パジャマは、あるだけの上に3枚買ってもって云ってあるので、まだ大丈夫でしょうが、バスタオルがね~。ま、余分にあってもいいものだから、何枚か買い足しますか)

さて。

tyoroさんへのお返事に書いたように、父は土曜日の午後から、救急患者の入るHCUから、一般の病棟へ移りました。
が、相変わらず、横にしても縦にしても(つまり、車椅子に座らせておいても)とにかく眠ってます。
で、つっついて起こして話しかけても、ほとんどが「ああ」とか「うん」だけで、また寝ちゃうので、本人的にどんな状況だか、さっぱりわからない(^_^;)

とりあえず今日、熱が下がってたら、改めてリハビリの立会いをして、看護師さんやらリハビリの先生やらも交えて、今後の方針を決めるためのお話し合いをするそうです。

と云うわけで、目下、まさに『五里霧中』。
問題点について考えたいけど、知識も情報もない上に、アタマは微妙にパニック気味のようで、考えがまとまらない。
指南車が欲しーよー(笑)
(でも、当面の問題は洗濯だな(笑)

父の入院 その3


適当なタイトルが思いつかないので(^_^;)
(そのうち、カテゴリーが介護日記になって、別タイトルがつくんでしょうケド)

それにしても、人生には予想外のことが多いとは云うものの、次から次から、こうまで予想外というか、予定外のことがおきますと……

えー、まずは、前回で書きました、『要介護認定』の申請の件ですが、被保険者証が期限切れのものしかないと思っていましたら、
実は、法律が変わって、あれがあのまま使えたんだそうです。
(通知があったんでしょうが、その気がなかったので、すっかり忘れてたわけなんですね~)
と云うことで、まあ、再発行手続きを受ける場合でも、期限切れにしても前の証書があれば簡単だろうと、その被保険者症を持参したのが幸いして、その場で申請を出すことが出来ました。
が。
訪問調査の日取りがですね~
病院の場合は6月の8日。自宅の場合は、5月30日。
で、最初、救急で運んだときの先生のお話では、入院期間は1週間。
その後のお話でも、脳の方は、これ以上悪化することはないから、受け入れの体制と、家族、本人の自信次第で~~って、これは前に書きましたね(^_^;)
なので、いくらなんでも6月8日までは病院に置いてもらえないでしょ。
かといって、リハビリやらなにやらの状況によっては、5月30日では、まだ病院の可能性もあるし、
何より、今日(つまり、申請をしに行った日からすると、翌日ですな)夕方のリハビリの立会いの後で、退院の予定やら何やらを立てるはずだったんですよ。

なので、訪問調査の日取りは、ひとまず未定にして、今日も半日お休みをもらって、約束の時間に病院へ云って見たら……
熱が出たので、いつものようなリハビリは出来ません、とのこと。

それでも、リハビリの担当者さんから、ちょっと説明を受けて、
相談員さんともお話をして、状況によっては、リハビリのできる科に移動することも可能、と云うお話も聞いて、
来週の火曜日に、リハビリの立会いと、再度の説明―ーと云うことに、話は決まったんですが……

その前にね~
目下、父が入院してるのは脳外科でして、底の病室は、最初に入り口でインターホンを押して、入室許可をもらってから入ってゆくシステムになってるんですが、
着替えをしてますからって待たされて、30分ぐらい立ってから、OKもらって入っていったら、
なんと、痰の吸引の真っ最中(@@!)

なんせ、元々が横なると5秒で鼾をかき出す体質の人なものだから、寝ている間に、痰が気管から肺の方へ入って行っちゃったんですな。
で、か~なり濃いのが大量に出てきて……
あ~、びっくらした (^_^;)

と、これも入院当日に先生から、どれだけ元気な人でも、入院して環境が変わると、劇的に痴呆が進みますからといわれていたし、母の入院のときで経験済みなので、ある程度の覚悟はして言ったんですが~
まあ、ねえ、
私が誰だかわかって、たま~にですが、倒れる以前の表情とか口調とかが戻ってくるのを、喜ぶべきなんでしょうが、ねぇ。
(もらった介護保険のマニュアルを読んでる私を見て、以前通りの表情で“にやっ”と笑ったときは、やけに嬉しかった(^^ゞ

夕食時間過ぎまでいたもんで、ご飯たべるところも見てきたんですが、なんか、心臓に悪かったですな。
口の中にあるものを飲み込む前に、また口に詰め込むんですもん。
喉に詰まらせやせんかと、ハラハラしました。

その他諸々、私自身が少々神経質なもので、もう、見てると気になって気になって……
ああいうのは、入院中は、なるべくなら看護師さんにおまかせした方が正解なんでしょうね。
(父も、食事中にあれこれ指図されるの、ヤだろうし)

え? 今回、ひょっとしてグチのオンパレード?

父の入院 その2

まずは――

コメントを下さったお二人――って、わざわざ鍵コメにしてくださったのに、返信でお名前出しちゃってますけど(^^ゞ
温かいお言葉、ありがとうございました。
丁度、ちょっとバタバタしてめげてたところだったので、あれで随分と元気が出て、気持ちが楽になりました。

さて、父の病状――と云うか、現在の状況ですが、
元々が、横になったら5秒で鼾をかき出す体質だったせいもあって、とにかく寝てる、寝てる。で、“ろれつ”も時々怪しくなるので、様子を見にいっても、ほとんど会話が成立しません(~_~;)
こ~れは、もうちょっと様子を見なきゃ。

で、今日の主治医の先生のお話によりますと、壊れてしまった部分の脳はは回復しませんが、
それ以後(つまり、入院以後)は、傷も出血も大きくなってはいないので、これ以上悪化することはありません。
ので、家のほうでの受け入れ態勢と、私と父の帰宅の自信がついたら、いつ退院してもいい、と云うことで、
あとは、相談員さんからのおはなで、そのための介護サービスを受けるための『要介護認定』の申請、ということに話が進みました。
(こういうサービスがあって、料金体系はこんな風で~とか、説明してもらって、パンフを見せてもらうと、どんどん安心してきますね~)
(で、どうも、要介護の1か2くらいにはなるんじゃないか~と云う……こういうことは、由香さんが詳しいんですよね)

それで、手続きとしましては、65歳以上の人は『介護保険被保険者証』と云うのが交付されているはずなので、それを持って市役所の所定の課(各自治体によって名前が違うようです)へ申請――ということなんですが、
しっかりしていて、書類の管理とか、自分のことは自分でやってくれるて親(とか旦那)というのは、何でもないときには非常にありがたい存在なんですが、こういうときは逆に困ってしまうんですね~。
何が何処にしまってあるのか、わかりゃしない(^_^;)

で、とりあえず書類のあるところを探し回りましたら、本年、3月31日で期限の切れたものが出てまいりました。
ということは、それ以降のものが届いているはずなんですが、ちょ~っとヤバげになった時期に届いたものだからなぁ……
本人様、うっかり捨てたかなぁ(~_~;)

と云うことで、明日、再発行と(できれば)申請の手続きに行ってまいります。
(ちなみに、申請書には病院名と主治医の先生のフルネームを書かなきゃいけないそうです)

と、その、被保険者証がないないと、半ばパニくって探し回っている最中に、お向かいの旦那様がなくなって、明日がお通夜だという連絡が入りました。
そこの奥さん、父が転んだときに病院へ連れて行ってくださった方で、それ以外のも(お向かいなので当然)色々とお付き合いがあるし、なんとかお通夜には顔を出したいんですが。

父の入院

……と云うときに、ブログなんぞ書いてる場合か~とかいわれそうですが、
この先、ブログどころじゃなくなるか、あるいは、ブログが唯一心のの支えなんてことになるかもしれないので、
とりあえず、ゆとりのある今のうちに、簡単に状況を記しておきます。

病名は、転倒して頭を打ったことによる脳挫傷と急性硬膜下出血。
転倒は、金曜日(5月13日)の午前10時ごろ。
最初に運び込まれた医院では、レントゲンを取って、外傷だけと云うことで帰宅したのですが、
(……って、考えたら、外側の骸骨だけが映るレントゲンで、脳の怪我とかわかるものなんですかね?)
記憶障害と云うか、いわゆる呆けと呼ばれる症状が時折出始め、頻繁に失禁するようになり、不意に立ち上がれなくなったり――
で、それ以前に、軽い歩行障害があり、医院で診察を受けているときの先生の、
「ひょっとして、軽度の脳梗塞を何度か起こしているかも」
と云う話が気になって、水曜日に検査を受ける予定にしていた矢先、
今日、午前6時ごろ、手足は動くんだけど、起きられなくなった~~と父が言い出し、
これはヤバイ! と、救急車を呼びました。
(脳梗塞の小さな発作を起こすと、運動障害のほかに、いわゆる『まだら呆け』と云う状態になるそうです。お年寄りの、突然の転倒などにはご注意を!!)

で、救急外来があって、脳外科の先生がおられる大きな病院へ、即搬送、即入院。
上記の診断結果と相成りました。
(過去に、脳梗塞を起こした痕跡はあったそうです。で、非常に脳梗塞を起こしやすい状態でもあるそうです)

とりあえず、1週間ほど入院して、安静治療&リハビリ。これ以上は、悪くならないようにするそうですが……
退院してからがなぁ……。
それ以前から、アルツハイマーの初期症状か? と思われる節がチラホラのぞき始めてて、診察を受けさせるには、どうすりゃいいだ~、どこへかかればいいだ~と、思っていたところなので、
ひょっとすると、痴呆との壮絶な戦いになるかも……いや、いや。物事は、悪い方へ、悪い方へと考えてはいけませんな。

ともあれ、もし万が一そんなときには、皆様から元気とお知恵を拝借したいと思います。


書剣恩仇録 第5集~第6集

今回(というか、こちらがそういう書き方をしなかっただけで、初回も)殆ど乾隆帝が主役。
しかし、皇帝とか王様とかいう稼業は、何かと苦労、心労が絶えないものですなぁ。
(ん? 乾隆帝の場合は特殊?)


乾隆帝

さて。

続きを読む

風雲 第35集~38集

ついに帝釈天の正体が明らかになるDVD第九巻。

しかし、正体がわかってから改めて見てみると、なるほど~! って台詞も、オッサンよく言うよっ~て台詞も多数。
てか、よく言うよって方が多かったかな(笑)

さて。


続きを読む

風雲再視聴 第30集~34集

3月に『風雲』アニメを見つけて以来、YOU TUBEの風雲関連動画をあれこれ見ているうちに、なんだか趙文卓演じる坊主頭のストレートで天然な風が懐かしくなり、この連休をいい機会にと、再度、記事にしていない部分を借りてきました。
改めて見ても、結構ハマります。
同様に、笑っちゃう部分も多々ありますが。

さて。
漸く、帝釈天の野望の方向がはっきり見えてきたDVD9枚目……
(例によってのネタバレ満載ですので、まだ見ていない方はご注意下さい)

続きを読む

書剣恩仇録 第3集~第4集

2週目です。

hochinton

さて。

続きを読む

大明帝国 朱元璋 第17話~第20話

はや5月ということで、季節的には初夏。
本来ならブラウスかTシャツ一枚にサンダル履きでうろつけるはずが、まだまだ上着が要るやら、コタツが活躍してるやら。
PC入力するにも手がかじかんで、タッチミスが多くなって、往生いたしました(^▽^;)

さて。


いよいよ直接対決となりました朱元璋と陳友諒(『倚天屠龍記』のイメージを引きずって見ると、すんごいキャラが違うので、笑えますよ~)。
まずはハ陽湖での水戦からですが……

続きを読む

アクセス解析 4月

連休3日目。雨です。
と云うわけで、今日も部屋の中でPC三昧。
後半くらいは、どこかへ遊びに行きたいんですがねぇ。

さて。


続きを読む

プロフィール

rei★azumi

Author:rei★azumi
ヒト属ネコ科 コタツ猫亜種 読書ネコ
『神鵰侠侶』で金庸にハマった、金庸初心者。
とりあえず、金庸の小説全作品読破を目指すも、突如神鵰侠侶二次小説にハマる。
さて、この先、どうなりますことやら。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
最近のトラックバック
月別アーカイブ
あし@

Pika_Mouse
powered by
3ET
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索