神鵰侠侶 SS  永遠を願う

「こんな岩屋の中でも、埃ってのは溜まるもんなんだな。すっかり忘れていたよ」
 しかも、十六年分だ。云う楊過に手には、木の枝を束ねた箒が握られていて、慣れた手つきで岩室の床に分厚く積もった埃を掃き取ってゆく。
 それは、かつて古墓派に弟子入りした二十数年前には、ごく当たり前の行為だったはずだが   
「どうかしたか?」
 布を手に、石造りの卓を拭きかけたまま、じっと自分を見ている小龍女に、楊過は怪訝な視線を向ける。
「あ。いえ、何でもないの」
「奥さん」
 軽く、嗜める口調で呼ばれ、ふふ……と、小龍女は小さく笑いを洩らす。
「まったく、あなたときたら。本当に、大したことではないの。ただ、なんだか不思議な気がして」
「ん?」
「本当に……大人になったのね」
 しみじみとした口調で云われ、楊過は思わず失笑する。
 古墓派に入門した  正確には転がり込んだときの楊過は十四歳。当時十八歳だった小龍女に取っては、まさに、子供に過ぎなかったろう。
 その意識は、二人の間ら柄恋人同士から夫婦にと移行しても、どうやら、さして変わることは無かったらしい。二十歳を過ぎてからどころか、十六年を経て再会してからさえ、時折『この子』呼ばわりされた気もするのだが   
「それに、江湖の大英雄、神鵰大侠が、そうして床掃除だなんて」
「あんなのは虚名だよ」
「そんなことはないと思うわ。あれほど多くの人が、あなたを知っていて、あなたを敬っている。ねえ、本当によかったのかしら?」
「何が?」
「古墓派に入門した頃、あなたは周囲の人間を見返したがっていた。街で賑やかに暮らすことを望んでいた。どちらも手に入ったのに、こうして古墓に戻ってきてしまって」
「何度同じことを   
 いいかけて、楊過はふと、口許に淡い笑みを刷く。
「お前が望むなら、何十万回でも云うよ。俺の望みは、お前が俺の傍にいてくれること。こうしてお前と二人、穏やかに暮らすことだ。そのほかは、何も望まない」
「過児……」
「それより、さっさと済ませちまおう」
 再び、箒を使い出す楊過に、焦ることはないのよと、小龍女は穏やかな口調で告げる。
「それより、少し休みましょう。これから    時間は充分にあるのですもの」
「ああ……。そうだな。時間は充分にある」
 低く、呟くように返しながら、楊過の視線は、何とはなしに妻の白い姿を追う。
 目を離せば、その姿が幻となって消えうせてしまうかのような、そんないくばくかの不安をこめて。
 人は常に、時の流れのうちには、昨日と同じ今日、今日と同じ明日が続いていると信じて已まない。さながら、滔滔と続く長江の流れのように。
 しかし、その長江にすら果てはある。
 まして、人の営みの、平穏な日々の繰り返しが、永遠に続くことがありうるだろうか。
 が、そのことを知っているのは、僅かに覚者、賢者と呼ばれるものばかりだろう。そうして、その賢者たちにすら、時の大河の果ては遥か前方のものであり、変化の訪れも緩やかなものと予想されているはずだ。
 だが   
 いや。だから  
 幾たびも、指呼の間で僅かな希望を断ち切られ、さながら激流に似た運命の川に翻弄された二人が、このささやかな平穏の、永遠に続くことを願うのは贅沢なことだろうか。
 それでも、せめて、
 この凪に似た穏やかなときの、あと五年、十年    いや、ほんの一刻でも長く続くことを、願わずにはいられない楊過だった。

スポンサーサイト

きんきょー(近況ですって (^▽^;)

まずは……
父の老健入所が決まりました。
7月9日、朝ご飯を済ませてから、介護タクシー(車椅子のレンタルつき)で移動です。
が、それにしても、当然、両金はこちらではらうにしても、病院側でここまで手配してもらえるシステムになってるって云うのはねぇ、なんかすごいって言うか、
こういうパターンで老健とか入る人、多いんでしょうね。

ところで、父はと云いますと、かなり元気に―ーといいますか、入院当初の状態に戻って来たのは良いんですが、
認知症に特有の、あの、勝手にオムツを引っぺがすという、あの症状が頻発するやら、
昨日などは、車椅子に座らせておいたら、一人でトイレに行って、鍵をかけて電気をつけて、便座に移ろうとして転んでいたそうです。怪我がなくてよかったけど(^_^;)
(ナースコールすれば、ちゃんとトイレへ連れて行ってもらえるのに~)

なんか、その前は、ベッドの柵が包帯で縛り付けてあったので、何かやらかしたな~と思ったら、柵を外して床に降りようとしそうですし、
(しかし、病院だからってベッドに包帯ってね(笑)
私が見てた間にも、降りなきゃって、柵に足をかけてたし ヾ(--;)ぉぃぉぃ

で、車椅子からベッドへの移動は、見守り、声かけで出来るようになったんですが、ベッドから起き上がるのには介助がいる状態で、どうやって柵を外したんだ~ と思っていたら、今日の看護師さんのお話で判明。
片足と右手を使って、上に持ち上げちゃったんだそうです。
き……器用だな~(^▽^;)
(って、感心してる場合じゃないケド)

と云うことで、目が離せない状態になりつつあります。

言葉のほうもかなりはっきりしてきたし、とーちゃん、頼むから、トイレ=ナースコールと云う図式だけ、覚えてくれ~(~_~;)

ちなみにワタクシはと言いますと、連日の暑さのせいか、昨夜はな~んにもやる気がしないくらい疲れ果て、洗い物も何も、明日明日と放り出して寝ました。
(でも、食事はちゃ~んとしましたよ。冷たいうどんにトマト1個刻んで入れて、うどんつゆブッかけただけだけど(笑)
 本当は紫蘇を入れるんですが、無かったのでかつお節で代用して)

朝一番 やる気がふくらむ100の言葉

朝一番、やる気がふくらむ100の言葉 (知的生きかた文庫 わたしの時間シリーズ)朝一番、やる気がふくらむ100の言葉 (知的生きかた文庫 わたしの時間シリーズ)
(2009/06/19)
中山 庸子

商品詳細を見る


購入したのは1年位前かな~。
中山庸子さんの本とは相性がいいらしく、内容だけ見て気に入って、著者名を確認せずに買ったら中山さんの本だった、ということがちょくちょくありますが、これもその一冊。
で、な~んとなく、座右になりつつあります(笑)

内容は、前書き、後書きのほかに

・幸運を引き寄せる法則
・人間関係の法則
・気分転換の法則
・自分を愛する・人を愛する法則
・魅力が増す法則
・仕事を楽しむ法則
・夢をかなえる法則
・プラス思考の法則

の8章から成り立っていて~って、こうやって各章のタイトルを羅列してみると、どこぞの宗教書とか、スピリチュアル・ブックみたいだな(^▽^;)
ですが、中味はそんな硬いものじゃなく、むしろ、パラパラっと開いてみると、いきなり

『自画自賛はカンフル剤』

なんて言葉が目に入って、思わずニヤリとさせられる、そんな本です。

ま、教訓というか、生活のヒント的なものも一杯ありまして、

『良いものはしまい込まず
 毎日使って
 どんどんツキを呼び込むのです』

なんてのには、思わず納得、
大事にしまいこんであった、来客用のティーカップ、自分用に引っ張り出しました。
だって、そんなのを使うような大層なお客さんって、来ないんですもん(笑)

あと、疲れちゃって、洗濯物の片付けとか、食器洗いとか、あとにしようかな~ってときは、

『すぐすれば、すぐ済みます』

と云う言葉を励みに(笑)
まあ、目下一人暮らしなんで、食器類は一日分貯めておいて、まとめ洗いした方が節水にはなるんですが(^▽^;)

で、それでも疲れちゃったときは、
『自分のした約束に縛られなくていいのです
 自分のしたやっくそくだから破ったっていいのです』
とか、
『わがまま、泣き虫、怠け者……
 時にはそんな自分も悪くない』
(あ、これは各章に幾つか載っている『ヒント』のタイトル文章の一つね)

ということで……って、だから、部屋が段々散らかってゆくんだな(爆)

あと、
『誰だって
 今日1日くらいなら
 がんばれるでしょう
 明日以降のことは
 その日が今日になったら
 考えればいいのです』
しんどいときに、これは結構~いや、かなり利きますよ~。

『あなたの理想の二十四時間を空想してみましょう』
あたりは上級編で、ちょいと難しそうですが(笑)

その他、パラりとめくってみると、その日の自分の心の琴線に触れる言葉が見つかる、そんな本です。

ちなみに、昨日私が実行したのは、
『「早起きの日」を作りましょう
 「早寝の日」も作りましょう』
でした。
もう、眠くて、眠くて~(笑)


老人介護保健施設 見学

実は、
先々週だったかなぁ、父の調子が急激に悪くなってると云うことで、再検査がありまして、小さな脳梗塞が見つかりました。
が、硬膜下出血がね、出血は止まってるんですが、あるもので、脳梗塞の治療は出来ない。
(治療をすると、出血が再発する恐れがあるから)
で、しばらく様子見―ーと云うことになったところから、話がころころと転がりだしまして、
(父の方は、最近やたらに調子がいいですよ♪ リハビリは劇的に進歩してるそうですし、口数もちょっと増えたし。あとは、ろれつがね~(^▽^;)
もうちょっと、まわるようになってくれればね~)

老人介護保健施設、今申し込めば、すぐに入れるところがあるから~
と云うことで、定例で会社がお休みの水曜日、『いつきの里』と云うところへ、見学&申込に行ってまいりました。

距離的にはね~、以前に転院を予定していたリハビリのできる病院よりはちょっと遠いんですが、
(大雑把に言うと、南東の端から北西の端へ、稲沢市を突っ切ってゆく感覚になります)
実際に行ってみると、地図から想像していたよりは近い感じ。
で(病院よりは)こじんまりとして、奇麗なところでした。
明るいしね~。
で、リクリエーションの時間だったのかな、皆で歌を歌ってて、感触は悪く無さそう。

あと、リハビリは基本、週2回ですが、入所日から3ヶ月以内には『短期集中リハビリテーション』というのがあって、週5回まで増やせるそうですし、
何より魅力的なのは、駐車場が近い(笑)
施設の道一本隔てて目の前ですから――って、これが普通ですか(笑)
と、紙オムツなどは料金のうちに含まれている――ということは、重たいのを下げて行かなくてもいいんだ――って、ポイントはそこかい(爆)

と、その後の自宅受け入れに関しても、お願いすれば、自宅訪問してもアドバイスも受けられるそうですし、パンフレットを見たら、家族介護教室と云うのもあるそうですし、
(お風呂も広くて奇麗そうだし(笑)

それより何より、こういうところへ入れば、病院よりはもう少し、脳に刺激のある生活が出来るのかな?
(介護保険の認定が降りて、自宅受け入れの計画が立つまでの時間稼ぎですしね、ぶっちゃけ(笑)

と云うことで、料金やら簡単に説明を受けて、申込をして帰ってまいりました。
あとは、向こうの人が土曜日に父の様子を見に来て、それで決定と云うことになりそうです。
決定になるといいな。今の病院に不満はないけど、通うのが少しは楽になるし。

だって、昨日なんかね~
雨が降ったせいか、行きも帰りも、やたらに渋滞してたんですよ~。
(時速が40から50のところを20キロぐらいでしか進まなくて、青信号になっても前の車が動かないって、これは渋滞といってもいいですよね?)
おかげで、行きにドラッグストアへ寄ったついでに買ったパンを、車のトランクへ置き忘れて家へ帰りまして、家に入ってから気がついたんですが、取りに戻る根性がなかったという(笑)

しかし……
いい加減本来の武侠関係の記事に戻りたいんですが……
(時間が~(~_~;)

きんきょー(近況ですって(^▽^;) 一日4食

仕事に行ってる月、火、木、金の週4日ですが、これが定例になりつつあります(^▽^;)

で、どうしてそういうことになったかと云うと……
まあ、朝食と昼食は当たり前として、
会社から帰ってくるのが、大体午後4時15分から20分前後。
で、その日によっては洗濯物を取り込んだり、あれこれ支度をして病院に向けて出発するのが4時半から5時の間。
(えらく時間に幅がありますが(^▽^;)

んで、場合によっては途中で買い物をしたり(紙おむつとかね)びみょ~に道が混んでるときもあったりして、病院に着くのが5時半から6時……10分過ぎってのもあったな。
で、病院の夕食時間が6時なので、必然的に父の夕食に付き合うことになり――って、一緒に食べるわけじゃないですよ(笑)
てか、横で見てると、周囲のあれこれに気を取られるらしく、途中でスプーンが止まっちゃうんですね、この頃の父(~_~;)
(なんか、小さいこと一緒だな(^▽^;)
しかも、見てると三角食べが出来なくて、連続で魚ばかり食べてたりもして……
なので、その後は私が、食事を父の口まで運ぶことになり……
これ、朝食と昼食のときは、看護師さんがやってくださってるわけなんですねぇ。
(と云うより、食事時に行くと「お願いします」って、父の隣に椅子を用意されちゃうんで、必然的にこうなるわけです(^^ゞ

それでも、病室を代わった直後辺りは、上手く飲み込めなかったり、なんだか食欲がなかったり、
こりゃもう、完全にイっちゃたか? と、ドキッとさせられるくらい表情がなかったのが、この頃は表情も豊かになってきて、食事の方も完食できるようになり、嬉しい限りです。
(先日、完食できたときは、看護師さんも「すご~い!」と、手を叩いて喜んでくれました♪)

で、これに1時間くらいかかって、その後病室で30分くらい喋っていて――っても、殆ど一方的に私が話してるだけなんですが、
病院を出て、家に着くのが8時ちょっと過ぎ。

これ、何も食べずに家を出て、このパターンになると、物凄くお腹がすきます。
(しかも、気分的に落ち込むし)
で、家を出る前に、軽く何かを食べてゆくことにしたんですが、
当然のことながら、食べて行くのが『軽く』なので、帰ってくる頃にはまたお腹がすいていて、しかも、晩御飯はまだ食べてないという意識が大きいので、本格的な食事をするコトに(^▽^;)

太る、太らないの問題以前に、これは胃によくないぞ、多分(~_~;)
と云うことで、なるべく朝をがっつり食べて、この4回目の食事を『夜食』と云うことで、軽めの消化の良いものを取ることにしようとは考えてるんですが……
考えと実行とは別物ですからねぇ(^▽^;)

ま、この辺も、考えながらボチボチやってゆきましょ。
先は長い(笑)

きんきょー(近況ですって ヾ(^o^;) 突発性腰痛

はい。やっちまいました。いわゆる『ぎっくり腰』です。
別に、ひねったわけでも、ねじったわけでも、重いものを持ち上げようとしたわけでも、靴下を拾おうとした(笑)わけでもないんですが。
(なるときは、床の靴下を拾っただけでもなる(-_-;)

ま、強いて云えば、気付かないうちにじりじりと蓄積した疲労が腰に来たというか……
てか、ですねぇ、病院の売店及びその隣のコンビニと、ウチの近くのドラッグストアでは、リハビリパンツやら紙おむつやら尿取りパットやらが、千円も違うってのが最大の原因だと思います (-“-)
しかも、一回買ったらそれで済むって物じゃないし。
(千円もあったら、そんなにいいものじゃないケド、タオルケットが買えてしまふ……)

でもって、病院の駐車場から病院までが、杜甫~じゃなくて、徒歩で約10分。
巡回バスも出てるんですが、10分に1本だし、平日は午後6時までだし、土曜なんて昼までだし~と云うことなので、つい「いらっ」として歩いちゃうわけなんですね~。
と云うわけで、「なんかヤバげだな~」と思ってたら、『がつん』じゃなくて『じわっ』とですが、来ちゃいました。

ま、症状が激しいのは、治るのも早いようで、1日会社休んでひたすら寝てて、翌日は定例だったので、また半日寝てて、
昼からは介護の訪問調査の日だったので、病院へ顔を出して……
あとはまあ、腰痛ですってんで、仕事の種類の方を加減してもらいながら(家では、可能な限り横になったり、ダラダラ休みながら)普通に生活してますが、
それにしても、気付かない間に蓄積してる疲労って、怖いですね~。

てな感じで、目下、殆ど読書どころじゃないんですが、
そんな中で、こういうのを気に入って読んでます。

乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)
(2009/10/15)
森 薫

商品詳細を見る


乙嫁語り 2巻 (ビームコミックス) (BEAM COMIX)乙嫁語り 2巻 (ビームコミックス) (BEAM COMIX)
(2010/06/15)
森 薫

商品詳細を見る


お嫁さんが20歳で、お婿さんが12歳と云う、とんでもない年の差夫婦と、その周辺の物語。
ヒロインが、しっかりものかと思うと意外に天然で、気丈そうだけど、ごく普通の女の人で、
生活習慣やらも丹念に描かれていて、なかなか面白かったですよ~。

疲労困憊(笑)

いくら効率がいいからって、前カバー(つまり、機械の蓋ですな)一挙18枚は疲れる~(何より重いし(^▽^;)
じゃなくて(笑)

毎日、仕事から帰ってからの、車で片道約30分の病院への往復と云うの、以外に気疲れするものだったようですな。
特に、雨降りの夜間の本町から裁判所前までの道ってのが、水はけが悪いせいで道路が光っちゃって、とにかく見にくくてめっちゃ怖いし~って、これはジモティーしかわかりませんが(^^ゞ
(病院から帰ってきて、“へと~っ”とへたり込むんじゃなくて、「お風呂、お風呂」「ご飯、ご飯」と、とにかく動いちゃったのと、何より、眠くない、寝たくないって状況が続いたの、神経がガチガチに張ってたせいなんだ~)

と云うわけで、一昨日、昨日あたりが極限だったらしく……
もう、どのくらい疲れてたかって言うと、まずは神経がかなりささくれてきまして、
車を止めてるのが、タワーパーキングって、ビル状の駐車場なんですが、
帰りにエレベーターを待ってる間、ふと、この扉が開いて、いきなりエイリアンとかジェイソンとかが登場したら、悲鳴を上げる前に、問答無用で蹴りを入れるなって、妙な妄想がわくくらい凶暴な気分になってまして、
そもそも、そんな状況になったら、体力的にも戦闘能力的にも負けるんケドね(笑)
(どうしてここでエイリアンが湧いたかと云うと、○HKのBSで、10時からやってたんですな。見ませんでしたが)

んで、昨日は本屋さんへ、父がD社の『空母赤城を作る』と云うのを取ってたのが、もう3週分は溜まってるはずだったんで、放っておくわけにも行かないので、引き取りにいったんですが、
そこで、阿吉さんご紹介の『武侠三剣風』――じゃなくて、『武侠三風剣』でした。訂正、訂正(^_^;)
と『越女剣』の文庫版を見つけたんですが、
なんか、財布からお金を取り出して、別のポーチから本屋さんのポイントカードを取り出すのがやけに億劫に思えて、購入をパスしてしまったと云う……
こ~れは、私的にはかなり重症です。
と云うわけで、この前に一通りの用事を済ませていたので、とっとと家へ帰って寝ました。
(と云っても、正味30分くらいかな、寝たの)

つくづく、人間、寝なきゃいけません。
寝てないと、頭が働かないだけじゃなくて、気も滅入ってきますしね~。
と云うわけで、今回、妙な文章ですが、ご容赦 m(_ _)mペコ