秋水長天

 遊子帰客 夢断故郷雲水之間    西風古道 回首一片秋水長天

Archive [2013年06月 ] 記事一覧

蕭十一郎 第14集

本編とは関係のない内容なので、なんでございますが(笑)十二国記最新刊丕緒の鳥 十二国記 (新潮文庫 お 37-58 十二国記)すでに書店に並び始めております。で、早速入手いたしましたが、いつにもまして内容が濃くて重いですからね~。少しずつ、ゆっくり読んで、感想はそのあとで。さて。ほぼ三分の一を経過した『蕭十一郎』今回の内容、私的にはすごく好きなんですが……...

蕭十一郎 第13集

「いいこと、風四娘すうにゃん。あの2人の間には、あんたの入り込む隙間なんてないんだよ」自分は身を引く決心をした風四娘、十一郎の世話を璧君にゆだね、その間に姿を消してしまいます。それも、登場時はあれだけ金金言っていた彼女が、持っていた銭票を全部おいて。本当に、つくづくいい女――な分余計に、彼女の潔さというか侠気おとこぎが切ない。で、例の『剣の民』時代の会長を務めた友人なら、絶対に四娘の方がいいのに~~...

侠客行 第8週

やっとこさ、史婆と阿秀が登場いたしました。が、それまでが長い、長い。おかげで、どうも肝心なところで寝ちまったみたいで (^^ゞそこの部分は、改めて日曜の放送を見直す根性がないので、原作のほうで補ってまいりたいと思います。さて。...

蕭十一郎 第12集

ええっと……どうも、いつもの悪い癖で、興に乗ってくるとどんどん長くなる――というのが出てまいりまして(^▽^;)ですので、どうせ連ドラじゃないし、1回1話で、できるだけ毎日UPしてゆこうかと、そういうことにいたしました。簡略化――という手もあるんでしょうが、このネット江湖に参入したころは、こういった感じの記事を書かれるご先輩方、結構おられまして、そういう方の記事を読むのが、すごく楽しかったので、このままの書き...

蕭十一郎 第10集~第11集

前回、拍手がいただけていて嬉しいと書きましたら、なんか、また拍手が増えていて、さらに嬉しー。reiは性格が凧の部分がありまして、おだてると舞い上がりますので――もっとやってやって(笑)さて。今回あたりから連城璧の本性が徐々にあらわになってまいります。まぁねえ、まだこのあたりは、城璧も璧君を愛しているからで仕方がないと言えば言えるんでしょうし、城璧が楊開泰のような、向う側へ突き抜けてるような善人だった...

蕭十一郎 第8集~第9集

今朝、PC立ち上げてブログ画面を開いたら、いきなり拍手が増えてて、凄い嬉しかったです。というか、読んでいただけてるってわかると、それだけで書く張りが違うですよね~。(拍手を下さった方、多謝!)さて。...

蕭十一郎 第6集~第7集

ほぼ一回り半の鑑賞の上に、レビュー書くために改めて、それも繰り返しで見直ているおかげで、OP、EDのテーマソングが、頭の中を駆け巡っている今日この頃。で、この2曲はどちらも呉奇隆さんの歌だそうですが、本編の方は主要陣、残念ながら吹き替えとのこと。ですが、十一郎のキャラには、今の声が合ってる気がするし、璧君の方も、最終回あたりで「十一郎」と呼ぶ声音と口調の優しげなのが好きなので、ノープロブレム(笑)...

侠客行 第7週

さすがに1週抜くと、話もかなり動いているようで、狗雑種(のらいぬ)クン、自分には覚えがないのに、石中玉(せき・ちゅうぎょく)であることを示す傷跡があって狼狽したり、白万剣(はく・ばんけん)に拉致って行かれたり、黒白双剣と再会して、やっぱり息子と間違えられたり、白万剣たちと戦って怪我したり、叮叮璫璫(てぃんてぃんたんたん)と丁不三(てい・ふさん)に助けられたりしているようです。が、それにしても話の進...

蕭十一郎 第4集~第5集

やっと~~と言うべきか(笑)梅雨らしく、雨の日が続いております。涼しくなったのは嬉しいし、空梅雨が続くのも心配なので、こうあるべきなんでしょうが、やっぱり、お天気が良くないのは、ちょっと微妙。(鼻炎なのか何なのか、気温の変化が“もろ”鼻にきますし(~_~;)さて。連城璧には嫁がない。沈太君に告げた璧君でしたが、沈家の財政状態を示す帳簿を見せられ――...

蕭十一郎 第1集~第3集

え~。実は、呉奇隆さんの『鏢行天下前伝』がかなり良かったので、そういえばこの人、これと若曦(じゃくぎ)の四爺意外にどんな役をやってるんだろう? と、Wikipediaを調べたのがきっかけ。で、これが目に飛び込んできまして、え~。古龍じゃん。見たい、見たい。見てみたい~~と、物は試しと、このごろは何でもアリのYOU TUBEで検索かけてましたら……本っ当に、何でもアリなんですよねぇ。という次第で、きっかりハマったとい...

侠客行 ごめん、一回パス

もう、どうにもこうにも見る気がしなくて、まことに申し訳ありませんが、一回パスさせていただきます。多分ねぇ……、狗雑種(のらいぬ)クンが長楽幇を出て話が動き出せば、もうちょっと面白くなるはずなので(ある人物と出会って武芸を習ってるあたりは、原作では結構面白いので)パスは1回で済むと思うんですが……。(保障の限りじゃないあたりが何とも(^▽^;)で、何が原因で見る気がしなくなったかというと、主なのはこれ。呉奇隆...

侠客行 第5週

↓通り、『侠客行』が始まるまでの時間つぶしもかねて、『鏢行天下 前伝』の動画を拾って見ておりました。んで、ああいうハイクオリティの作品を見ると、ますます『侠客行』、見る気が萎えますな(-_-;)ともあれ……...

鏢行天下前伝

『浣花洗剣録』のDVD-BOXに封入されていたカタログを見ましたらば、前に八雲幇主がコメントで書いてくださっていた『鏢行天下前伝』、すなわち、振威パパ王兆興さんの若い頃の話をドラマにしたDVD-BOXが、7月の末頃に発売されるとのこと。で、これは、当然のことながら、かなり食指が動きましたが、やっぱ、ある程度は内容がわからないとねぇ……。……ということで、ひょっとしたらと、何でもアリのYOU TUBEを検索し...

到着ーー! !(^^)!

……って、金曜日の話ですが(^▽^;)で、31日のブログに、まさか昼休みに到着ってことはないだろうと書いてましたら、なんと運送屋さん、お昼前に見えちゃいまして(^_^;)昼休みに戻ってきて、何気にポストを見たら、10時50分ごろに伺いましたがという不在通知が入ってました。……早すぎ(^_^;)で、仕事を終えて帰ってきて、まずは洗濯物を取り込んで、それから運送屋さんにTEL。後ほど伺いますとの返事をもらって、それからが長...

侠客行 第4週

昨日『浣花洗剣録』のDVD-BOXが届きまして――という話もありますが、先にこちらを記事にしておかないと忘れそう、というより、まず確実に忘れる(すでに忘れかけている)ので、取り敢えず。...

ご案内

プロフィール

rei★azumi

Author:rei★azumi
ヒト属ネコ科 コタツ猫亜種 読書ネコ
『神鵰侠侶』で金庸にハマった、金庸初心者。
とりあえず、金庸の小説全作品読破を目指すも、突如神鵰侠侶二次小説にハマる。
さて、この先、どうなりますことやら。

最近の記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

あし@

Pika_Mouse

powered by
3ET

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索