新白髪魔女伝 第41集~第42集(最終週)

いよいよというか、ついにというか、とにかく最終回ですが……
マクラの言葉を思いつかん (^▽^;)

さて。

最終集4


続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : テレビドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

犀利仁師 第7集

無茶苦茶暑いです(なんせ、朝から室内で30度あるという(~_~;)
で、昨日今日と会社の方の都合(社長と工場長が海外へ視察研修なのね。んで、部品も入ってこないし)でお休みなんですが、なんかもう、買い物に出かける気にもならないという……

ともあれ。

校外学習
今回は、こんなところへ来たりもします

さて。

続きを読む »

犀利仁師 第6集

今回は、こんなオハナシです~
第6集
これ、実際にドラマの中で使われてる絵です

さて。

続きを読む »

新白髪魔女伝 第39集~第40集

今回、相当ショックを受けてる人が、あちこちにおられるんじゃないかと思いますが、
わかってて書けないってのも、きつかったですよ~ヾ(T_T)
こうなるとわかってるものだから、見てて滅茶切ないし(/_;)

20週-6

さて。

続きを読む »

テーマ : テレビドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

犀利仁師 第5集

前回、酒楼の騒ぎに関して、生徒たちがどんな罰を受けたかわからないが~と書きましたが、後の方を見ていったら、その場ではナイスな罰を思いつかなかったので、取り敢えず保留、ということになっておりました。
(で、その罰に関しては、ちゃんとエピソードがあります)

さて。

犀利仁師5集


続きを読む »

犀利仁師 第4集

昨日、DVDが到着~(さすが、“クイック”・チャイナさん(笑)
で、前回半分冗談で、これでいつ動画が削除されても~~と書いたら、早速削除されておりました、YOU TUBE
まあ、数件の投稿があるので、まだ見られることは見られるんですが、なんか、あまりにタイムリーで、もう、笑うしかないという(^▽^;)

さて。

夜の図書館に2人で閉じ込められた柳傲天と路雲霏。
吹き込まれた催眠薬(というかガス)によって、路雲霏に続き柳傲天も意識を失います。

toshokannai.jpg


続きを読む »

新白髪魔女伝 第37集~第38集

卓一航暗躍編です(笑)
というか、微妙に巌窟王パターンですな。

卓一航仮面2

さて。

続きを読む »

テーマ : テレビドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

犀利仁師 第3集

大陸の方でDVDが発売されてますよ~という情報をいただき(のんちゃんさん、ありがとうございます)、早速クイックチャイナさんで確認。迷わず、通常版の方を注文いたしました。
なんか、以前に八雲幇主から頂いた情報によると、経済版は1枚に8話とか詰め込んでて、画質が良くない~~ということでしたよね。

やれやれ。これで、予告なく動画が削除されても、安心してレビューが書けるわ (^^)~♪

さて。
犀利仁師3集




続きを読む »

新白髪魔女伝 第35集~第36集

ついに、放送予定も今月いっぱいとなった白髪魔女伝。
ますます目の離せない展開となってきております。
(で、次回作は胡歌版の『射雕英雄伝』ですって)

一航と霓裳

さて。

続きを読む »

テーマ : テレビドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

犀利仁師(さいりじんし) 第2集

や~。なんか、マジで期待されてたようで、あれよと言う間に拍手が5つ。
ありがとございます。

犀利仁師2集

さて。

続きを読む »

犀利仁師(さいりじんし) 第1集

多分、期待されてるんだろうな~~ということで(^▽^;)

犀利仁師タイトル2

さて。

続きを読む »

先生のブログ

タイトル何にしようかと思ったんですが、これが一番わかりやすいですよね(笑)

我らの先生が、ブログを開設されました。
その名も『内功武術 明鏡拳舎』
武術について、わかりやすく語っておられます。

で、Hさん(つい、師姐とか書きたくなってしまうわけですが(笑)から、
「ブログで、我らが先生の新ブログも拡散して下さいませ~(^-^)」
とメールの中で依頼を受けまして(?)
ということは、リンク張っていいんだ~。記事にしてもいいんだ~♪
ということで、記事にしております。

んで、内容的には読めば読むほど深いので、チラッとでも興味のある方、
直接読みに行っちゃってください。
修業時代の話と云うか、武者修行記として、少林寺拳法(あの、「ハッ。ハッ」の少林拳とは違うものなのだそうです)についても書いておられます。
(予告によりますと、次は合気道編だそうでして、本当にどこまで文武両道――と云うか、文武双全の方が正確ですかねぇ。で、なんか、金庸先生の小説の主人公たちが、他の門派の武術も習得して強くなっていっている、あれを連想したと同時に、先生ってどんな少年だったんだろうと、そんなこともチラっと思ってしまいました(笑)

記事の方は、超超超超初心者としては、ひたすら「ほぇ~」と感じ入りながら拝読するばかりですが、
それでも、先生が言っておられたことは、そういうことでもあったんだ~~とか、
そう、そう。そうなんですよ~~とか、なるほど~~思えるところなどもありまして。
(ということは、先輩たちはさらに「うん。うん」とうなずきながら読んでおられるわけでしょうな)
将来的に、「そうなんだ~」の部分が増えて行くかと思うと、非常に楽しみです。

で、この記事、しばらくトップに掲げておきますので、興味のある方は是非!