秋水長天

 遊子帰客 夢断故郷雲水之間    西風古道 回首一片秋水長天

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

2015年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

天龍八部 新版 第3集~第4集

どうも、原作前作は頭から外して鑑賞しなければいけないみたいだなぁと感じた第2週。
相当、アレンジされてるみたいですねぇ。

さて。

≫ Read More

スポンサーサイト

| 天龍八部・新版 | 2015-12-19 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

天龍八部 新版 第1集~第2集

久々の金庸先生作品。
DVDが発売されてると知って、いずれは来るだろうなぁとは思っていたんですが、意外に早かったですな。

さて。

≫ Read More

| 天龍八部・新版 | 2015-12-12 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

不動産の登記移転

結果待ちなんでまだ終了じゃないんですが、取り敢えず申請書を提出してまいりました。
14日まで何の連絡もなければ、無事に登記終了。
登記相談の担当の方に見ていただいて、OKをもらっているので、まあ、大丈夫でしょう(笑)

ということで、それまでの大雑把な流れ――八雲幇主は記入用紙やテンプレがほぼない状態から書類を作られ、相当苦労されたそうですが、私の場合、こちら→☆ を見つけられたおかげで相当楽をさせてもらいました。
おまけにウチの場合、相続人は私一人だし、登記の移転するのは現在住んでる土地家屋だけだし、ってんで、一番楽なケースなんですけどね(笑)

で、まず用意するものとして、

被相続人(ウチの場合は父ですね)の出生から死亡までの全部の戸籍謄本と相続人(ワタクシです)の印鑑証明は、預金の凍結解除の時のものが使いまわせるということで(笑)

・名義書換えをする不動産の全部事項証明書(法務局で)
・名義書換えをする不動産の固定資産評価証明書(市役所等で。で、これ、相続で使いますって云ったら、それ用の、法務局に提出するのにしか使えないのがありますが、それは無料でお出しできますって役所の方が教えてくださったので、それをもらって来ました)
・住民票(これ、相続人のものだけじゃなく、被相続人の除票も必要です(^^;)
あ。あと、登録免許税分の収入印紙を貼るための白紙も必要なんですね。
(ちなみに、相続人が複数の場合は、遺産分割協議書とかいろいろ要るらしい)

で、後はHPの説明を見ながら、Wordにコピペした書式に必要事項を書き込んでいって――相続関係説明図というのが、母がすでに故人なんで、この書式通りに書くのか、私と父だけでいいのか迷って、まあ、これは法務局で教えてもらえばいいやと、両方書いて持って行きました。

結果は、書式通りの方が〇
つまり
 父
  |― 私
 母

という形ですね。

あとは法務局に「登記移転の相談の予約をしたいんですが」と電話をして、時間を取ってもらい、係りの人に申請書が正しく書けているか、必要な書類がそろっているかなどを見てもらいます。

で、私の場合、幸いにも一発でOKだったので、係りの方が順番通りに書類を並べてホチキス止めしてくださって、ハンコ押すところを教えてくださって、窓口で登録免許税分の収入印紙を買って提出して帰ってきました。

ということで、思っていたよりは簡単に済んだんですが……こう云うのってなんか気疲れしますね(^▽^;)

| 日記、ひとりごと | 2015-12-08 | comments:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。