FC2ブログ

迷路のよーな区画割り(;^_^A アセアセ・・・

環境委員のお仕事に、連絡係というのがありまして――というのは、以前書いた記憶ですが、
その、連絡係というのはどういうのかというと、自分の担当する区画(私で言うと一丁目ね)の衛生下水道委員さんのお家に、配布物を置いてくること。

で、本来だったら初回の配布になるはずだった、ごみゼロ運動(別名側溝清掃)のための土のう袋や分別のゴミ袋は、毎月第2日曜のEM菌配布の時に、一緒に渡しちゃえばいいよ、と教えて下さった方があって(この時2回目だったし、まだまだ皆さんの顔と名前が一致してません――つか、お顔と名前が一致したころには、もう、お役御免の時期なんじゃないかと(笑)
おかげさまで、すっかり楽をさせていただきました。
というか、それぞれに持って帰っていただいたの、大正解。

今回、7月16日の海に日に、EM菌の一斉放流~~といっても、公民館の横を流れている川に、EM菌をドボドボと流すだけですが、これが、流れ流れて伊勢湾へ行き着くそうで(@_@;)
ともあれ、日時の連絡のプリントを配ることになりまして、各組の衛生下水道委員さんのお家、まず、わかる範囲で地図に書き込んで(これが、元の資料が、いつの地図なんだ!? というくらい古ままなのと、いつのころからか、稲沢市の詳細図って、何町何丁目のどこにはN島さんが住んでますよ、とか一目でわかるのが配られなくなったので、結構一仕事(^^;)

で、夕方ちょっと涼しくなってから、その配布物と地図と名簿を持って配りに出かけましたらば……
商店街の道路を挟んで、私が住んでる側の1組から6組までは、素直に道ごとの区画割りなんで、ただ、くるくる歩くだけだからよかったんですが、10組から12……13組までかな、このあたりがもう、複雑怪奇( ̄▽ ̄;)
いや、こちらも道ごとの区画割りではあるんですが、その道のつき方がもう、L字になってる道の途中に細い道がついてて、そこを歩いてゆくと、さらに、お他所の家に入ってゆくような細道があって、その突き当りがようやく目的の家で、てな具合で、もう、わかりにくい、わかりにくい。
つか、前年度に組長をやった時に、提出書類とか一部集金したお金とか持って行く先の町内会の副会長さんのお家がこのあたりにあって、とんでもないところに道が通ってるのを知らなくて、
(この時は、お家の場所がわかりませんって電話して、表通りまで迎えに来ていただいてしまいました)
ちゃんと地図を持って行ってなくて、配るのが土のう袋とかだったら、多分私泣いてました(笑)
というくらい、わかりにくい一帯でした。
(何回表通りに出て、位置を再確認したことやら(^^;)

う~ん。あの一帯を、毎月、重い広報を各組長さんの家に配って歩くブロック長さんとか、大変だ……って、そのうちあれも輪番制になって、うちへも回ってくるのね(^▽^;)




スポンサーサイト

里見八犬伝じゃあるまいし……

天然石をお白湯に入れて飲んだって、特に効果はないと思うんだけどなぁ……(笑)

というところで、まずは八犬伝についてはこちらー☆を読んでいただくとして(笑)

実は、ちょっと片づけモノをしていたら、『自分の居場所を見つけるための50のルール』という本が出てきまして、
その中の一つ、『小石を持ち歩こう』というの、道で拾った綺麗な石でも、ヒーリングストーンでも、気に入った石があったら、しばらくピケットに入れて持ち歩いて、時々触れてみよう、というのが気に入って、以前に手芸品店で安売りしていた天然石、そのまま透明なプラのカップに入れて、PC前に置いて、時々さわったり眺めたりしていた中から、ラピスっぽい紺色の石を持ってお仕事に行ったわけです。
で、翌朝、石をもとに戻そうとして、うっかり、隣に置いてあるお白湯を入れたマグカップにポチャン(^▽^;)

う~。朝イチでボケとるわ~(^^ゞ
と思った次の瞬間、1964年版のテレビドラマの八犬伝で、相対する敵に饅頭に毒を盛られていることを知った犬塚信乃が、自分用のお茶の中にこっそり”孝の玉”を入れて(すると、どんな毒でも効かなくなるという霊験があるわけですな)、その上で、
「子供の遊びですが」
と、饅頭でお手玉をやって、どっちの饅頭に毒が仕込まれているかわからない状態にして、敵さんに十分に冷や汗をかかせたうえで、食べられないのなら私が、と、両方食べちゃった、というシーンを、ふと思い出したわけです。
(う~ん。我ながら、妙なことをよく覚えてる(^▽^;)

ちなみに、うっかり天然石を入れたお白湯ですが、飲んだところで別段腹をこわすわけじゃなし~と、そのまま飲んで、普通に元気です。
格別、霊験というか、ヒーリング効果もないようですが(笑)


梅雨だからって……

それはまあ、空梅雨よりはマシなんでしょうが……
1日おきで、それも私の出勤日に限って雨が降らなくてもいいじゃない。ねぇ(;´∀`)

それともまた、伊勢まで行って、お天気の神様にお願いしてこなきゃいけないかな(笑)
(あそこは、グインサーガのファンクラブ時代、例会が1回おきに雨だったのが、お願いした途端に、例会では一切雨が降らなくなったという、霊験あらたかなところなので(笑)
プロフィール

rei★azumi

Author:rei★azumi
ヒト属ネコ科 コタツ猫亜種 読書ネコ
『神鵰侠侶』で金庸にハマった、金庸初心者。
とりあえず、金庸の小説全作品読破を目指すも、突如神鵰侠侶二次小説にハマる。
さて、この先、どうなりますことやら。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
最近のトラックバック
月別アーカイブ
あし@

Pika_Mouse
powered by
3ET
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索