スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

趣味『読経』……になるかも(^▽^;)

なんじゃ、そりゃ~!?(◎_◎;) な、タイトルですが(笑)
まあ、例の『うつ状態』に関して、色々ありまして(その、色々についていずれ……といいながら、なかなか書かない(^▽^;)

ともあれ、

11月の末ごろから治療を擁するようになった『うつ状態』、一旦よくなりかけたかな~というところで、仕事が忙しくなったのと、非常にややこしい仕事(もつれにもつれた毛糸玉を解いて、凝った編み模様のセーターを仕上げるような~~と、1回宇童会のFさんに泣きを入れた仕事も、この時に入ってた)が重なったのとで、本人も、これはさすがにヤバいかも~~というか、機械に例えると、これは確実に予備燃料で動いてるな、というくらい無理をしちゃいましたら、当然悪化――は、まあ、いいとして(いや、良くないケド(^▽^;)
でもでも、しばらく休養を取れば戻るかな、と思っていましたらば……

突如、入眠剤で眠れているとき以外は、常時、心臓がバクバク状態。
(一応計ってみたら、脈拍、最高時は1分に120越えてた)
で、日本が銃社会じゃなくてよかったな~と、半ば本気で思ったわけですが(苦笑)
(なんせ、こういう時は、どんな意味でもいいから『楽になりたい』としか思わないわけですから)
不安、緊張時に飲む頓服薬では、ほんの十数分しか効果がなく、取り敢えずクリニックにSOSの電話。したら、上手い具合にその日の早い時間に予約が取れまして、もうちょっと強い薬を処方してもらいましたら、さすがですね~。嘘だろ!? というくらい劇的に――というか、胃と心臓を強制的に背中側からほぐされる様な感じで、しかも、飲んですぐに症状が収まったわけですが。(でもってこれ、副作用は眠くなるだけで、常習性はないそうです)

して。はて、原因は? と調べてみたら、どうやら無理して我慢して、自律神経をやられた模様。
(そういえば、心の中のネコが
「もうヤだよぉ! 私もう疲れた!! 疲れちゃったよぉ!!!(ToT)
って泣いて暴れてたのを、もうちょっと頑張ればお休みだからねって、宥めてましたしね)

で、薬に頼りつつも(笑)自律神経を整えるには何が良いかと調べてみたら、まず、心臓がバクバクしている時には冷たい水を飲む(確かに、これは効いた)。
横になって「膻中穴(だんちゅうけつ)」をマッサージしてもらう。
の次に書てあったのが、なぜかお経を聞く――というのだったんですが、そこで思ったのが、
「だったら一緒に唱えりゃいいじゃん。うち、仏さん(と云っいても、父ちゃん母ちゃんに、祖父ちゃん祖母ちゃん、伯父さんに叔母さん)いることだし」
ということで、最初に思った、ウチは浄土真宗だし――ということで『正信偈』だったんですが、ここで、ちょっと待てよと。

実は祖母ちゃんの代に、ちょっとややこしいことがありまして――つか、当時(明治)の人なので、宗派のこととかよく知らないわけなんですよね。で、お勤めをお願いした近くお寺がなぜか浄土宗。(まあ、真宗は浄土宗から別れたわけだから、別にいいわけなのか? 知らないけど)
で、そのお寺の庵主様が快く引き受けて下さり、以来ずっと上げてくださっていたのが『仏説阿弥陀経』

さらに、ついにで言いますと、このお寺が養女に迎えられた方が私と同年(今は普通に結婚して、旦那様がそのお寺の住職をやっておられます)――ということと、「とりあえず、恥を書かないように吞み方だけで習っておけ」ということで、高校3年から稲沢へ引っ越してくるまでの4年間、お茶とお花を習いに通いまして、なので、物心ついたころから可愛がっていただきまして、こちらの尼様方――特に茶華道のお師匠様だった方と、その読経される声は私にとっては非常懐かしいものだったんですね。(もう、亡くなられましたケド(´;ω;`)ウゥゥ

ということで、私にせよ家族にせよ、どうせ上げるんなら阿弥陀経が良かろうと(お経の本もあることだし)YOU TUBEで動画を呼び出して一緒に読み始めましたらば…………
お坊様が丈夫で長生きなわけだ~。これ、心肺、すんごい鍛えられます。
でもって、漠然としか意味が分からないながら、目で文字を負いつつ、耳で読経の声を聴きつつ、その読経のスピードについて行かなきゃいけないから、気が付けばアタマから雑念が吹っ飛んでる。
しかも、気が付けば腹の底から声を出してるから、結構ストレス解消にもなるかもヾ(~O~;) コレ

というわけで、結構気持ちがいいので、ええと、先月の末からだから大体1か月近くかな、最低で1回は阿弥陀経を上げております。が、内容っていうと、極楽というのはこんなにいいところで、一心不乱に阿弥陀様を念じれば極楽往生できるぞ、みたいな?
(こちらもYOU TUBEの解説文をざざっと読んだだけなので、確実じゃないです。間違ってたらすみません)
なので、私的には『観音経』(冲さんが怪我をしたときに儀琳ちゃんが唱えてあげてたお経、らしい)の方がありがたいような――って、いいのか、こんな不信心者で(^^;)
(しかも、お経をあげながら懐かしがってるの、親じゃなくてお師匠さんだしヾ(^^;)

スポンサーサイト

コメント

呼吸

ご無沙汰しております。

お役に立つかどうかわかりませんが、気分転換にでもなればと思いますので少し書きます。
ストレス過多、緊張する、凝り固まる、眠れない、脈が早くなる…これらは全部、自律神経の交感神経、つまり動くための神経によるものです。逆は眠る、休むなどの副交感神経。
主に交感神経に偏りすぎているのを自立神経失調症といいます。
そこで注目するのは「呼吸」です。この「呼吸」を"漢字の並び順にする"ことを意識すると良いです。
要は呼-吐いてから吸-吸う、です。胸が苦しくて息苦しくて酸素が足りないように感じられると吸いたくなりますが、まず吐きます。
「呼吸」の吸は交感神経で呼が副交感神経なのです。
苦しいのはもう吸い込めないのにさらに吸おうとしているためで、吐くことで体も心も緩むのです。
限界まで息を吐くと、力を抜くだけで息は吸い込まれます。
これはいろいろ応用が効いて、私はこれで30歳過ぎてから2cm身長が伸びました。(いきなり胡散臭くなったw)
筋肉を無意識に緊張させて体を縮こまらせていたのを緩めた結果です。
よくストレス発散にカラオケをする人がいますが、声を出すのは息を吐くことだから効果があるわけです。
読経も、はるか昔から声明や念仏踊りなどあるわけですから、気に入ったものを気持ちよく声を出すのが何よりだと思います。
浄土宗や浄土真宗の教義にもそれは合っているように感じられます。
ヘビメタ調とかじゃなければ大丈夫でしょう、多分ww

No title

そういえば、高野山で声明を聞いたことがありますが、大勢のお坊さんが唱えるせいもあるのかもしれませんが、波動っていうのか、体に響く感じがしました。それが結構心地よかったんですよね。
「お経」って鎮静効果があるのかもしれませんね。

ちなみに、オットの実家は浄土宗でして、義父の葬儀の時に「な~むあ~みだ~ぶ」と10回唱えたことを強烈に覚えています。
たぶん、『仏説阿弥陀経』もあげてくださっていたのでしょうが・・・(^^;)

Re:八雲幇主 へ

いつも、ありがとうございます。
そういえば、心臓がバクバクしている間は呼吸も浅くなって、腹式呼吸をしようとしたのですが、なぜか息がお腹の方まで入ってこない(つまりはこれ、吐く方が出来ていなかったんですね)。医者で順番待ちをしていた時には、ついに、肩で呼吸をしていた、というのを思い出しました。
症状が治まって、深呼吸ができた時の、気持ちの良かったこと!(笑)

> 限界まで息を吐くと、力を抜くだけで息は吸い込まれます。

確かに! お経でも歌でも、息が続くだけ声を出し切ると、吸おうと意識しなくても自然に息が入ってきますものね。

> これはいろいろ応用が効いて、私はこれで30歳過ぎてから2cm身長が伸びました。(いきなり胡散臭くなったw)

おお、それは凄い。

> 筋肉を無意識に緊張させて体を縮こまらせていたのを緩めた結果です。

そういえば私、最近背が少し縮んだ気がするんですが、緩めてやればもとに戻りますかね。

> よくストレス発散にカラオケをする人がいますが、声を出すのは息を吐くことだから効果があるわけです。
> 読経も、はるか昔から声明や念仏踊りなどあるわけですから、気に入ったものを気持ちよく声を出すのが何よりだと思います。
> 浄土宗や浄土真宗の教義にもそれは合っているように感じられます。
> ヘビメタ調とかじゃなければ大丈夫でしょう、多分ww

ありがとうございます。では、心置きなく(^^)
(そういえば、以前読んだ小説のキャラに、『趣味、読経』って、ヘビメタ調の凄いのをやったのがいたような記憶が……)

Re:ふく*たま さんへ

> そういえば、高野山で声明を聞いたことがありますが、大勢のお坊さんが唱えるせいもあるのかもしれませんが、波動っていうのか、体に響く感じがしました。それが結構心地よかったんですよね。

はい。それはまた、独自の感じがしますものね。

> 「お経」って鎮静効果があるのかもしれませんね。

かもです。実は、父の1周忌のころが滅茶滅茶体調が悪くて、ヨレヨレのヨロヨロ状態でお寺へ行ったんですが、
お経を聞いているうちに、不思議に収まって―――というか、元気になってしまいましたもの。
(で、その翌日が太極拳の山梨合宿で、さらに元気になったわけです(笑)
>
> ちなみに、オットの実家は浄土宗でして、義父の葬儀の時に「な~むあ~みだ~ぶ」と10回唱えたことを強烈に覚えています。
> たぶん、『仏説阿弥陀経』もあげてくださっていたのでしょうが・・・(^^;)

うちも以前は法事の時は『浄土三部経』というのをお願いしていまして、その中に『仏説阿弥陀経』が入っているので、お儀父様のご葬儀でも、きっと上げていてくださったでしょう。

No title

>そういえば私、最近背が少し縮んだ気がするんですが、緩めてやればもとに戻りますかね。
縮こまっていると感じる方向と逆に力を入れながら息を吐ききり力を抜くとよいです。
身長の場合、背中側の筋肉を後頭部とかかとを上下から引っ張られている気持ちで伸ばしながら、10秒位かけて息を吐き切り、吐ききった瞬間に全身の力を抜く。というのを朝の起きがけと寝る前に、寝転んだ状態で2回ほどします。
私の場合は3ヶ月ほどで2cm伸びました。それ以降は変化ないので、これが本来の身長だったということでしょう。
成長期にやっていればもっと伸びていたのかもしれません。

余談ですが、私は普段から意識して「逆複式呼吸」をするようにしています。吸いながらお腹を引っ込め、吐きながらお腹を出すということです。お腹は胃のあたりではなく下っ腹(丹田)を意識します。
効果はググってもらうとしてw肺の働きは良くなるし、気が下におりることで落ち着くことができます。

Re:八雲幇主 へ

早速ありがとうございます。
熟読して(笑)試してみます。

「逆腹式呼吸」難しいかな? と思いましたが、最初は丹田のあたりに手を置いてやると、感じがつかめていいみたいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。