FC2ブログ

きんきょー(近況ですって ヾ(~O~;)

  • 2017/09/16(土) 09:28:49

ちょっと、長そでを着ないといられないくらい寒くなったので、時計についている温度計を見たら25度。
昨日が24度で、でもPCの前では半そでで過ごせたから、これは湿度の差なんでしょうかね。
ともあれ、本当についこの間までは、暑いなと思って温度計を見ると平気で34度とかになってましたから、
これは偉い違いです。
(つか、いきなりこれだの温度差になると、体調が狂いやすい~~ってことで、目下しつこい鼻風邪ひいてます(^^;)

さて。近況ですが~~というか

1、習慣ってコワい(笑)

今朝なんですが、身体の方はまだ目覚めてない感じなのに、意識だけが妙に冴えちゃった感じがあったので、
目覚まし時計代わりに枕元に置いてるスマホを見てみたら、4時55分。
(目覚ましは5時にセットしてあるので、つまりは起床時間の5分前――大抵は、それより30分くらい前に起きちゃいますが(^▽^;)
昨夜はドラマを見たり(浅田次郎原作の「琥珀」。途中で少し寝ちゃいましたけど、あれ、かなり切なかった)
その後なんだかんだで珍しく夜更かししたんですが、それでも、いつもの時間に目が覚めるって、
体がそういう風になってきてるんだなぁ……と、ちょっと感心しつつ、
昨日使った食器を洗い(夕食後に飲む薬が、『眠くなるやつ』と、『それよりもっと眠くなる(爆)」やつ1錠ずつなので、どうしてもそうなります。この前、7時ごろに飲んで、ちょっとだけのつもりで横になったら、気が付いたら10時回ってたことがあったりして💦)
で、そのまま部屋の前(つまり玄関先)で基本功。
これ、一番最初のが、太極拳としては珍しく思い切り力を入れる(というか、筋を伸ばすんですな)んで、かなりキッツイですが、
(大概これで目ぇ覚めます。つか、この前起き抜けにいきなりこれをやったら、心臓バクバクしてきたんで、先に洗いものをすることに(^^ゞ
(同時に、腸がいきなり活性化初めて、慌てて個室へ飛び込むことも(笑)
で、この基本功、いやいやでも(ヾ(--;)オイオイ)手を抜きながらでも気を抜きながらでも、(ヾ(--;)オイオイオイオイオイ)
毎日続けてると、えらいもので、いつの間にやらインナーマッスルとか、鍛えられてるみたいですね。
これまで「ドスン」としか下ろせなかった単鞭(たんべん)の左足が、ゆっくり下せるようになってたり、
それまで声の出なかった好きな歌のサビの部分が、歌えるようになってたり(入浴中限定(笑)
これまで、時々座りながらしかできなくなってた配線の仕事が、気が付いたら立ちっぱなしで出るようになってたり。
(でも、やる機種によっては、やっぱり腰が痛くなるので、あれは作業台の高さのせいなんだろうな~)

で、コレが、軽くほどほどにやってるんですが(ヾ(~O~;) コレ)それでも一通りやると30分ほど。
と、まあ、大体こんなころには外が明るくなってるので、防犯用のライト(前の道を人が通ると点くアレね)のスイッチを消し、新聞を取り込みに外へ出ます。

で~、いつもはここでちょっと套路のをするんですが、
なんか、雨が降ってるようなんで、何だったら家の中で、基本功の時間を追加してもいいや~と、思いながら、扇は持たずに外へ出たら、なんと、雨、止んでたんですね~。
ここで、しまった、扇を持って出ればよかった、と思うあたりがもう、ほとんど「朝外へ出る=精花扇』が習慣化してるというか、パブロフの犬化してるというか(^^;)
(精花太極拳は門内でも打てるんですが、精花扇は扇を使う分だけ広い場所が必要なので)
ともあれ、そんなんだったので、ほとんど条件反射的に套路の練習(と言っても、朝の支度とかあるし、ホント、打っても3回がせいぜいで、まだまだ、ギクシャク手足を動かしてるだけの段階ですが)
で、今日は、新聞にカッシーニの記事とか(なんか、妙に感動してしまった)新しく掲載が始まった内容の深そうなコラムとかがあって、つい、そっちの方を読みふけっちゃったんですが、
ソレがなかったら、扇をもってもう1回外へ出てたかも~ってのが、習慣ってのはコワいな、ということです(笑)

2、『エミルクロニクル』ロス💦

その後の休日の過ごし方と言ったら、まだまだ疲れやすいというか、本調子には遠いので食料品の買い出しに行く以外は,PCでゲームをしたり、手芸をしたり、本を読んだり、ドラマを見たり~なんですが、
(なんせ、この『本の虫』が、本屋さんや図書館で疲れを感じて早々に引き上げるって(-_-;)
長年(太極拳よりほんの少し長く)馴染んできた『エミルクロニクルオンライン』というゲームが、8月31日をもってサービスを終了してしまいまして、目下、似たようなゲームを探してるんですが、
苦労して苦労して、3次職転生レベル110(これが一応最高)デュアルジョブも100越えさせたキャラたちとか(3次職を極めると、もう一つ職業が選べるんです。簡略化して言うと、巫女さんだけど剣士でもあるとか、アサシンだけど白魔術が使えるとか)

個性豊かな可愛らしい台詞↓

「ウチの相方に何すんねん!?」by ネコマタ山吹
「藍に下さるのですか? 嬉しゅうございます」by ネコマタ藍
「命の恩人で、人生の先輩で、今はパートナー。好きにならないわけが……」by モクジュ・アルマ木霊
(『桜の下にて」で、水若寒がきすしてた子です)
「暁露。もし、お前さえよければ――いや、なんでもない」by 聖王アーサー
(あと、ハスターさんというキャラの「休むと腰が重くなるぞ」って、結構深かったと思う)
(あ。このヒト、レベルアップに関係する「おやつ」というアイテムを使う(食べさせる)と「余分はないのかな」って、結構可愛かった。
確かオッドアイに眼鏡の、冷徹そうな感じのイケメンさんでしたけど―ーあー。画像とっときゃ良かった)

等々を語ってくれた、個性豊かなパートナーたち。
(すぐに大魔法を使っちゃうんで、しょっちゅう魔力切れを心配させられたソニアさんとか、過労死が心配になるくらい(笑)働き者だったハスターさんとか、水若寒の成長に随分お世話になったプリンセス・ヴァルキリーとか、巫女になった霞紅(初めて作ったキャラの名前ですが、ナイト職では手加減エミドラ倒しての3次職転生はおぼつかないと思って、キャラを作り直したんです)の背伸び狩り(自分のレベル以上モンスターを倒すこと)に貢献してくれた、『電波教師』とのコラボキャラの鉄壁ルーチェコトこと荒木光太郎クンとか、クマのぬいぐるみ姿が愛らしすぎて、成長させるのがもったいなかったタイニーとか)
その他、もっと育ててみたかったあの子やこの子。
NPCだから、そういう設定なんだけど、水若寒を慕ってくれた清姫さんとか、課金くじでも確実に当たるものなら手に入れて連れて歩きたかった、イケメン狼男のワーウルフさんや、逆について行きたかった八咫烏(やたがらす)のししょー。女らしいんだけど妙に男前な感じのした美人魔女のルフェイのアネさんetc……
もう会えない。一緒に遊べない、と思うと、なんか寂しいです。

これ、私が多少なり”お話づくり”をする人間だから、その分キャラへの思い入れや執着も強いのかなぁ(笑)

あと、何より残念だったのは、メインストーリー最終話をやるのに必要な120レベル神器が、最後の材料があと少し足りなかったせいで(10個必要なのに集められたのは4個といいう半端さ)作れなくて、最終話を見届けられなかった。
そのせいで余計に、”遊びきれなかった”という感じが強いのかもしれません。

う~ん。似た感じで基本無課金で、Windows10の機能で遊べるゲームないかなぁ……
(似た感じのはあるんですが、まだXP時代のあれこれそれが必要で、10にはもうそれの上位バージョンが入ってるんで、ダウンロードがたいへんだったりできなかったりで、結局遊べなくて。あ。同じことで泣いてる人の記事もいくつか目にしました。メンテナンスを毎週やってるんだったら、”そこ”を何とかしてほしい)

って、つい愚痴っちゃましたね(^^ゞ
まあ、現在の私の状況では、少しPCから離れるのは(それと、手芸などの手仕事をするのも)いいことだそうですが。


スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ふたたび参りました^^

おはようございます。

オンラインゲームはわたしも20世紀の終わりがけから、いろいろタイトルを変えながら遊んでました。MOよりMMOが好きですが、かといっていまメジャーなFF14などに行く気にもなれず、むかしPC98で遊んでいたゲームがSteamで出ればときおり購入して遊んでます。

いぜん、中国で、金庸さんの作品が原作のオンラインRPGがあったようですね。へー、と感心しながらときおり検索してどんなものなんだろうと見ていたことがありました。

基本、貧弱スペックのわたしのPCは書き物用、
PS4などで最新のゲームに触れている感じです。

あと、オンラインオンリーのゲームって、サービス終了とともに、
キャラクターのデータも、フレンド登録もなにもかも消滅してしまいますよね。
なんかそういうのがわかっているから、オンラインのみのゲームに
それほど打ち込めないというのもあるんですよね。

サービス終了と共に、修了証明書みたいなのが発行されて、
各種データなどが記載された、個人データファイルみたいなのを
送付するようなサービスがあれば素敵だと思うんです。

でも、サービス終了間近の開発者にそんな余裕なんてないですよね。
だから、できるだけスクリーンショットとか撮りためるしかないのかな、
とは思います。

  • 投稿者: そうげん
  • 2017/09/21(木) 03:12:51
  • [編集]

Re:そうげん さんへ

再びの御訪問、ありがとうございます。

おお! いろいろなゲームで遊んでおられたんですね。
私はオンラインは、とにかく『エミルクロニクル』が初めて。
で、結構遊びやすくもあり、キャラのレベルの高さは関係ナシのイベントも色々あったので、
なかなか、それに似たゲームを探すのが、難しいのかもしれません。
(おや(^^;) 話がそれて行ってますね)

> いぜん、中国で、金庸さんの作品が原作のオンラインRPGがあったようですね。へー、と感心しながらときおり検索してどんなものなんだろうと見ていたことがありました。

ひょっとして『笑傲江湖』でしょうか?
日本にも入ってくるというので、かなり期待したのですが、あまりパッとしなかったようです。
(何でも、プレイした人が書いておられた中で、「すわ! 事件だ!!」というので、キャラも走ればNPCの走る~~の末、
 行き着いてみたら、肝心の事件がまだ用意されていなかった、などということがあったとか)

> あと、オンラインオンリーのゲームって、サービス終了とともに、
> キャラクターのデータも、フレンド登録もなにもかも消滅してしまいますよね。

そう、そう。それが残念なんですよね。

> なんかそういうのがわかっているから、オンラインのみのゲームに
> それほど打ち込めないというのもあるんですよね。

ああ。なるほど~。
>
> サービス終了と共に、修了証明書みたいなのが発行されて、
> 各種データなどが記載された、個人データファイルみたいなのを
> 送付するようなサービスがあれば素敵だと思うんです。

本当に、そうですね。

> でも、サービス終了間近の開発者にそんな余裕なんてないですよね。

ですね。特に、私がやっていた『エミルクロニクル』なんで、終了の1週間前まで、こまめに新イベントを入れたりして、
サービスに努めてましたし。
(で、なんでこれだけで来てるのに、サービス終了なんだろう? と思ったものですが、きっと、面には出さない、業界上の「オトナの事情」というのがあるんでしょうね(笑)


> だから、できるだけスクリーンショットとか撮りためるしかないのかな、
> とは思います。

はい。そうですね~。
ただ、ゲームに熱中してたり、難易度の高いイベントでは、そういう余裕がなかったり~
というあたりも、あまりゲーム慣れしていない人間の、ちょっと口惜しいところです。

  • 投稿者: rei★azumi
  • 2017/09/21(木) 17:03:44
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する