FC2ブログ

ちょっと、おまじない(笑)

  • 2018/04/18(水) 06:28:54

なんか、夢見が悪かった印象があるので、誰かに語る代わりに書かせてもらいますね。
といっても、なんせ、『江湖笑』の、最初の♪ジャーン♪で叩き起こされるので(笑)
どんな夢を見てても、内容なんて吹っ飛んじゃいますケド。
(会社で誰彼つかまえて語るほどでもないし、そんなに暇な会社でもないし(^_^;)

とにかく、目が覚めて最初に感じたのが、なんか、夢見が悪かったな~、というので、
次に思い出したのが、一生懸命頑張って、何かをやったんだけど、間違ってたのか何か、とにかく無駄だったな~という徒労感。
(ちなみに直前、三つタンクが並んでいる中で、軽油が少し残っているところへ、普通のガソリンを8割ほど入れて、途中で気付いて、さて、これはどうしたものか……と考えたところで、寝がえりを打って、うつ伏せになった記憶はあるので、その関連かしら(^▽^;)

ちなみに我が家、歯が抜けた夢を見たら(とにかく)早いうちに誰かに話しておくと、難を免れるとか、
紐類がいつの間にか勝手に結ばっていたら、誰かに解いてもらうといいことがあるとか、
夜、新しい履物を下す時は、履物の裏を鍋の裏に、ちょんちょんとこすりつける
(昔は草履や下駄が履物の主流で、夜になってから降ろすと鼻緒が切れる。けれど、鍋底の墨をつけておけば、それを免れると言われていて、その延長から、そういうことになったそうですが、ガスを使うようになって以降、鍋底の墨なんぞは手に入らないので(笑)
等々、昔の風習というか、そんな関連のものが現役で生きてて、まあ、そういうモンか、と思って育ってきたので、その延長です(^^ゞ

(あ、なるほど。自分の中だけにしまっておくには、ちょっとシンドイ『言葉の重み』は、こういった形で外に出すことで、楽になれるわけだ。で、その『吐きだした言葉の重み』を肩代わりしてくれるのが、主として不特定多数の誰かさんたちであるブログ、というのが、吐きだす方としては、一番楽なわけなんだ(・_・D フムフム)



スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ご無沙汰しております。
昔は起きる直前に比較的よく明晰夢をみて、好きなように改変して楽しんでいましたが、面倒くさくなってやめました(^^;

このところ介護等々で心身ともに疲れるというかすり減ってきて、なんとかしないとと考えていました。
前から気になっていたあることについての本の感想を某武術家の方が書かれていたのをみて、試してみました。
「マインドフルネス」というものです。いろいろな解釈や方法があるようですが、もとは仏教の悟りに近付くための修行の一部で、瞑想に近いものです。
眠ろうとしたりぼーっとしたりしても、なにかしら雑念が湧いてくる。変えようがない過去(あの時ああすればよかったetc)や、わかりようのない未来(忘れ物したらどうしようetc)などが浮かんでくる。
こういった雑念がいちばん脳のエネルギーを消費しているらしいです。
車でいうと、エンジンを切っているつもりがずっとアイドリング状態になっているみたいな。
どうやらその雑念を払って脳を休ませることで、肉体は回復しているのに何となく疲れてる、何となくダルい、何となくやる気が出ない、何となく落ち着かない、といったことをコントロール可能にできるという。
でも本格的な瞑想は、とっつきにくく時間も…と思いましたが、マインドフルネスの多くはイスに座ってても寝転んでても歩きながらでもよく、時間も空いている時間ならいつでもよく、最短で1日10秒から1日10分前後ということで道具もいらないし、なら試してみるかということに。
結果、劇的とはいかないものの全体的に楽になった気がします。全身がどこかチグハグな感覚があったのが繋がってきたといいますか。
私の読んだ本のやり方が、内功に通じるものもあったのがすんなりいった理由かもしれません。
ちなみに私は久賀谷亮という方の本を読みました。でもすでに内功にアレンジしてしまっているので、本当に効果があるのかないのか(^^;ww

  • 投稿者: 八雲慶次郎
  • 2018/04/19(木) 22:01:27
  • [編集]

Re: 八雲幇主へ

こちらこそ、ご無沙汰しております(o*。_。)oペコッ

> 昔は起きる直前に比較的よく明晰夢をみて、好きなように改変して楽しんでいましたが、面倒くさくなってやめました(^^;

あらら(笑)
でも、好きなように改変するというのは、楽しそうですね(^^♪
(あ~。そういう私も、明け方に見た夢を元に、神鵰の二次小説を一本、書いてましたっけ(笑)

ところで。
介護等々と云うのは、自覚のあるなしにかかわらず、本当に心身ともに疲弊するものですね。
私のように「さすがに、これはヤバい‼」と、クリニックに駆け込むことになる前に、対策を講じられて良うございました(って、現在、浅田次郎を読んでるものですから、つい、作中のご婦人たちのセリフ回しが~(^^;)

幇主がやっておられる「マインドフルネス」で、以前に私が瞑想だか座禅だったかのやり方の本に、頭に浮かんだ雑念を「後回し、後回し」と、どんどん想像上の川へ流してやって、無心というか、無念無想に近づいて行くように~~とあったのを思い出しましたが、幇主のは、寝転んでても歩きながらでも、最短で1日10秒から、というところが、実に良いですね(^^♪

> 私の読んだ本のやり方が、内功に通じるものもあったのがすんなりいった理由かもしれません。
> ちなみに私は久賀谷亮という方の本を読みました。でもすでに内功にアレンジしてしまっているので、本当に効果があるのかないのか(^^;ww

いかにも幇主らしいデス(*^^*)
久賀谷亮、市の図書館にあるか、調べてみましょ。

  • 投稿者: rei★azumi
  • 2018/04/21(土) 17:15:31
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する