FC2ブログ

EM菌放流

  • 2018/04/22(日) 09:30:24

毎月、第4土曜日です。
開始は8時からですが、ポリタンクにEM菌を詰めて、各町(1丁目、2丁目、3丁目)のリヤカーに、それぞれの担当地区のマンホール分を積む仕事があるので~と、30分早く出かけてみたら、もう、殆ど準備は出来ておりました(^^;)
(世話役さんとかね~、慣れて見える方が多いので、準備も早いです)

で、その月担当の衛生下水道委員と、ボランティアの組長さんの到着を待って、出発。
組長の時に1回ボランティアで付いて回って、やることはおおよそわかっていたのと、マンホールのおおよその位置を、環境委員の引継ぎで受け取った地図で確認していったので、気分はかなり楽(^^♪
但し、今年は輪番制のため、町会長さん(一丁目の区長さんも兼ねておられます)も、衛生下水道部長さんも女性なので、男手の足りない、足りない💦
道案内やら指導やらも兼ねて、相談役から男性がお二人、一緒に行って下さらなかったら、かなり~~とまでは言いませんが、結構シンドイことになってた可能性はありますな。

ということで、「求ム、男手」という回覧板を作って回していただきたい気分になりました(笑)

あと、EM菌は糖蜜を原料としていて、さわると匂いがついて、結構残るのと、放流後はポリタンクを洗って倉庫へ戻すので、軍手もしくはゴム手袋と、ハンカチ~スポーツタオル程度のものは必須。
あと、これからの時期は、帽子と日焼け止めも必要でしょうねぇ。特に女性の場合(^▽^;)

ともあれ、例の如くで、皆でわやわや言いながら回って、EM菌を撒きながらマンホール(昔は”ます”という言い方をしてましたっけ)内部の様子を確認(1か所、ティッシュが引っ掛かってたところがありましたが、ああいうのが積もり積もって詰まりの原因になるんです)。
タンクを洗って、倉庫にしまって、それぞれ「ご苦労様」ということで、お茶のペットボトルをいただいて、町会長さんと衛生下水道部長さんのご挨拶があって、解散。と相成りました。

おおよそでも、回る範囲がわかっている、というのは、何もわからない状態で付いて回るのに比べて、随分と気楽なものだな~とは思いましたが、回る範囲は結構広いので、そちらの疲ればかりは、いかんともしがたいですね。
(すぐに回復しましたケド(笑)
ちょっとウォーキングでもやって、足腰を鍛える――というか、慣らすかな(笑)


スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する