FC2ブログ

やりつけないことは、するもんじゃない?(^^ゞ

  • 2018/04/24(火) 20:44:56

甘いものが欲しくなったとき用と、
以前記事にした記憶ですが、心臓がバクバクしすぎて、たまらなくなって、通っているクリニックに助けを求めたことがあるんですよね。で、以来、ずっと、それを押さえる薬を飲んでいるので、治ったのか、一時的なものだったのか、よくわからないんですが、その心臓バクバク、つまり動悸を治す効果があると『「体を温める」と 病気は必ず治る 実践編」という本に書いてあった、「手作り小豆つぶあん」を、材料はほぼそのまま、作り方は母から教わったのと、何かで読んだのとでアレンジして挑戦してみました。

で、まず、小豆と黒砂糖の割合は、小豆が3に対して砂糖が2。あと、藻塩が良いそうですが、この辺では簡単に手に入らないので、甘みを引き立てるために少々入れるだけなので、天然塩でもいいでしょうな。
(あと、甘みが足りないと感じたら、はちみつ入れて加減するそうです)

で、小豆を一晩水につける代わりに、ポットのお湯につけて(これが電気ポットだと、つけておくだけで豆が煮えるらしい)
頃合いを見て、小豆を鍋に移し(つけて置いたお湯は捨てる。う~ん。何かの役に立たないかなぁ?(笑)
中火でコトコトと、小豆が柔らかくなるまで煮たら、
ウチの流儀――というか、母のやり方は、ここで小豆をザルに空けて、完全に煮汁を絞ってしまい、再び鍋に戻したら、砂糖(ウチは普通、ザラメでした)を入れて、とろ火で、焦げ付かないようにかきまわしながら煮る。
(で、甘みを引き立てるために、塩を一つまみ)
と、これがちゃんと、おはぎに付けたりするのにちょうどよい硬さのあんこになるわけですが……

小豆を煮る段階で、いっそ最初から中火にしておけばよかったものを、頃合いを見て火加減すればいいやと、部屋に戻って本を読み始めたのが間違いのもと。
本の方に夢中になり、鍋を火にかけていたことをすっかり忘れ、焦げ臭い匂いに、ハッと台所へ向かった時は……
それでも、アフター・カーニバル(某友人の造語)とまではゆかず……う~ん、危機~~二髪か三髪くらいでしたかねぇ。鍋は真っ黒で、一番下の小豆は焦げてましたけど、そのまま煮直して手順通りに作ったら、少々焦げ臭いけど、自分が食べる分には差し支えのないものができましたもの(^^ゞ

というわけで、やりつけないことはやるもんじゃないなぁ……
というべきか、
この失敗を生かして、少なくともお湯が沸騰するまでは鍋から離れず、後、適当なころ合いごとにタイマーを仕掛けて置けばいいんじゃない? という対策を思いつけて良かったんじゃない? というべきか、
……やっぱ人生、何ごとも前向きに考えた方が特でしょうね(笑)

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

おぉ、おはぎにつける粒あんは、そうやって作るのですね!参考にさせていただきます(´▽`*)

何事にも初挑戦というコトはあるわけで、それがうまくいくかどうかは五分と五分。
しようしようと思いながらもなかなか腰があがらない私なんかからすると、思ったことを実行に移す行動力こそが羨ましいです。

  • 投稿者: ふく*たま
  • 2018/04/25(水) 22:50:38
  • [編集]

Re: ふく*たま さんへ

> おぉ、おはぎにつける粒あんは、そうやって作るのですね!参考にさせていただきます(´▽`*)

御家流というか、母流ですけどね(笑)
煮汁を捨てた段階では、これで大丈夫かなと感じられますが、お砂糖を入れて煮ていると、ちゃんを柔らかくなってきますので、ご安心を(^^)
(友人に、折角煮汁を捨てたのに、心配になって水を足してしまって失敗した~という人がいましたので)
あと、黒砂糖やサラメは甘みが強いので、この割合でいいと思いますが、白砂糖や三温糖を使われる場合は、もう少し多めがいいかと。
というより、むしろ、砂糖を2~3回ぐらいに分けて入れて、味見しながら作られるのがいいかも。
砂糖を入れてからは、鍋につきっきりになりますから。

>
> 何事にも初挑戦というコトはあるわけで、それがうまくいくかどうかは五分と五分。
> しようしようと思いながらもなかなか腰があがらない私なんかからすると、思ったことを実行に移す行動力こそが羨ましいです。

ありがとうございます(^^ゞ
そうですね。失敗は成功の母とも言いますし(笑)
あと、最近、やたら甘いものが食べたくなるので、どうせなら体にも懐にも(多分)優しい方がいいかなと(笑)

それと、何ごとにも、どうやら、それに適した時期、というものがあるようで、日本刺繡には子供のころからあこがれていて、関連する本も買っていたのに、絹の縫い糸を代用品にすることを思い付いて挑戦を始めたのは、去年の初夏ぐらいでしたから。


  • 投稿者: rei★azumi
  • 2018/04/26(木) 07:07:05
  • [編集]

Re:ふく*たま さんへ

あ! 書き忘れてた💦
煮あがった”あん”は、多分柔らかすぎるくらいに思えるかと思いますが、冷めると、ちゃんと普通の堅さになりますので、
失敗だとは思わないでくださいね(^_-)-☆

  • 投稿者: rei★azumi
  • 2018/04/26(木) 12:25:10
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する