FC2ブログ

里見八犬伝じゃあるまいし……

天然石をお白湯に入れて飲んだって、特に効果はないと思うんだけどなぁ……(笑)

というところで、まずは八犬伝についてはこちらー☆を読んでいただくとして(笑)

実は、ちょっと片づけモノをしていたら、『自分の居場所を見つけるための50のルール』という本が出てきまして、
その中の一つ、『小石を持ち歩こう』というの、道で拾った綺麗な石でも、ヒーリングストーンでも、気に入った石があったら、しばらくピケットに入れて持ち歩いて、時々触れてみよう、というのが気に入って、以前に手芸品店で安売りしていた天然石、そのまま透明なプラのカップに入れて、PC前に置いて、時々さわったり眺めたりしていた中から、ラピスっぽい紺色の石を持ってお仕事に行ったわけです。
で、翌朝、石をもとに戻そうとして、うっかり、隣に置いてあるお白湯を入れたマグカップにポチャン(^▽^;)

う~。朝イチでボケとるわ~(^^ゞ
と思った次の瞬間、1964年版のテレビドラマの八犬伝で、相対する敵に饅頭に毒を盛られていることを知った犬塚信乃が、自分用のお茶の中にこっそり”孝の玉”を入れて(すると、どんな毒でも効かなくなるという霊験があるわけですな)、その上で、
「子供の遊びですが」
と、饅頭でお手玉をやって、どっちの饅頭に毒が仕込まれているかわからない状態にして、敵さんに十分に冷や汗をかかせたうえで、食べられないのなら私が、と、両方食べちゃった、というシーンを、ふと思い出したわけです。
(う~ん。我ながら、妙なことをよく覚えてる(^▽^;)

ちなみに、うっかり天然石を入れたお白湯ですが、飲んだところで別段腹をこわすわけじゃなし~と、そのまま飲んで、普通に元気です。
格別、霊験というか、ヒーリング効果もないようですが(笑)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

八犬伝にそんなエピソードがあったんですね~。
八犬伝といえば、私が思い出すのは、坂本九さんが黒子をしていた人形劇(^-^)
でも、覚えているのは、「玉梓」と「八房に跨った伏姫」くらいだったりして…お姫様のキラキラする簪が好きだったんですね(笑)

Re:ふく*たま さんへ

> 八犬伝にそんなエピソードがあったんですね~。

霊玉の万能性を示すための、ドラマオリジナルエピソードですね~。
なんせ、親世代が映画で見ていた八犬伝では、わかりやすく、名刀村雨(簡単に『村雨丸』と呼んでいました)を抜くと、必ず雨が降ったそうです。で、八犬士を狙っている敵の鉄砲の火縄が消えてしまう、という(笑)

> 八犬伝といえば、私が思い出すのは、坂本九さんが黒子をしていた人形劇(^-^)

あ。見ました、見ました。毎回、楽しみにしてました(*^▽^*)

> でも、覚えているのは、「玉梓」と「八房に跨った伏姫」くらいだったりして…お姫様のキラキラする簪が好きだったんですね(笑)

なるほど~。衣装や簪、豪華でしたものね。
そう言えば、他のキャラもたびたび衣装替えをしていたので、浜路が再登場したシーンで、一緒に見ていた父が一言、
「着せ替え人形」
これには思わず苦笑しました。
プロフィール

rei★azumi

Author:rei★azumi
ヒト属ネコ科 コタツ猫亜種 読書ネコ
『神鵰侠侶』で金庸にハマった、金庸初心者。
とりあえず、金庸の小説全作品読破を目指すも、突如神鵰侠侶二次小説にハマる。
さて、この先、どうなりますことやら。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
FC2カウンター
最近のトラックバック
月別アーカイブ
あし@

Pika_Mouse
powered by
3ET
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索