きんきょー(近況ですって(^▽^;) 3

引き続き夏バテ中……って、
本来夏バテってのは、秋になって夏の疲れが出てバテることを言うんだそうですから、
そうすると、夏になった途端にバテちゃったこれは、一体何と言うんでしょう?

……というのは、とりあえず置いておいて、

内外ともに何やらバタバタしていた7月があっという間に終わり、
(六星占術は信じないようにしてますが、さすがにこの7月だけは『乱気』の月だったかと(^▽^;)
8月になったので、多少運気が変わったかと思いきや、よく眠れるだけで、一向に変化はございません。
(単に脳がナマって来ただけかも……ヤバい(^▽^;)


という次第もあってか、『新・上海グランド』3話目までビデオで取ったんですケドねぇ、
鑑賞、滞っております。

DVDの操作になれちゃうと、ビデオテープの巻き戻し等の作業が面倒になる、というのもあるんですが……
やっぱり、こういうのって、話が面白くなるのって5話目以降かなぁ……

シャオミンは格好良いんですケド、今のところ、思ってたより出番が少ないし、
ず~っと眉間にしわを寄せてるし(笑)
(そこンとこらへんがミステリアスで良いというファンも、かなりいるんでしょうけど。なんか、すんごい訳ありっぽいキャラですし)

2話目まで見た感じでは、弟分の丁力(ディエン・リー=ホァン・ハイポウ)の方が儲け役な感じ。
でもでも、回を追うごとに、より格好良く(ダンディーに)なってゆくハズなので、
もうちょっと貯め録りしといて、一気に見るかな(笑)

上海グランド


ただ、ね。
最近、You-Tube あたりでチラホラと『鹿鼎記』の動画を拾って見てるんですが、
私的には、こっちのシャオミンの方が、より好みかも知れないです。

なんせ、あそこまで男前(イケメン)だと、少々変顔になっても、やっぱりイケメンなので気にならないし、
シャオミンの場合、辮髪(べんぱつ)も坊主頭も似合ってるし、
辮髪の三つ編みを解いた、いわゆる“落ち武者”ヘアーみたいなのもサマになってた……って、ここまで言っちゃうと、『アバタもえくぼ』って感じですケド(^▽^;)

韋小宝って、原作読んでる限りでは好きになりにくいキャラだったんですが、
シャオミンの演じる韋小宝なら、好きになれるかも。
最終話で“いいお父さん”ぶりを演じているあたりなんて、思わすニヤリとしちゃいましたし。

鹿鼎記


(余談ですが、このあたりがドラマ化の面白いところだと思います。
 原作では優等生過ぎて面白味の無いキャラが、脚色によって人間味を得たり、
 破天荒すぎて感情移入しにくいキャラが、演じる人によって魅力的になったり)
(昔、知人が、「原作をそのまま映画化、ドラマ化するなら意味が無い」と言い放ったことがあるんですが、状況によっては、これも一理アリと思います)

NECOさんで、『雪山飛狐』の次か、その次あたりにでも放映してくれないかな……

……って、これ、近況じゃないですねぇ(苦笑)


スポンサーサイト

コメント

ばててると言う割には
お元気そうで何より(*^_^*)

夏バテ、注意(^_-)-☆

ひまわりさんへ

ありがとー(*^_^*)
目下、脳の方がバテ気味というか、
喝が入ってないんですよ(笑)

花遊便さんへ

ありがとー(*^_^*)
気をつけます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)