GOEMON

goemon

GOEMON見てまいりました~

結構  いや、かなり面白かったです。
てか、これと『カンフー少女』で、『レッドクリフⅡ』の欲求不満間、一挙解消って感じでした。

なんたって、兄は特別出演してたし(笑)
(自由の象徴だかなんだか、大鷲っぽい鳥が、折りに触れて画面を飛び回ってました)
画面は派手(CG技術の発達のおかげで、どんなものでも撮れるようになったんですねぇ、と思わず感慨を覚えたり(笑)
衣装も派手(でも、ちょい前のハリウッドが日本を描いたようなハズしかたをしてないあたりはさすが。あれはやっぱり、半端な崩し方をしてないのと、原型を承知で崩してるからなんでしょうね)
(ただ、秀吉の衣装が、もう一工夫欲しかったけど)
戦闘シーンは派手(キャラの動きは、ほとんどゲームのそれでした)
(でもって、剣で柱を叩き斬るってのは  武侠ドラマでも、あそこまで派手な器物破損はやってないんじゃないかな~)

でもって、江口洋介さん演じるところの五右衛門は、気ままで気まぐれで、でも、ある部分で情が深くて(と云うと、誰かみたい(笑)
ちょっとルパン三世が入ってるかな~の、なかなかのいい男。

あと、信長役の橋之助さんは別格として(笑)
秀吉役の岡田瑛二さん、家康役の伊武雅刀さんと、服部半蔵訳の寺島進さんたちがいい味を出しておられました。
(千利休役の平幹次郎さんの使い方は、ちょっと勿体無かったケド)

ま、か~なり荒唐無稽な映画ですんで、歴史好きな人にはちょっとね~かもしれませんが。

なんたって、のっけに五右衛門が盗みに入る屋敷のあるじが、なんと紀伊国屋文左衛門(笑)
で、映画が始まった時点では、霧隠才蔵が石田光成配下の忍び頭で、佐助は“猿飛び”ではなく、ただの佐助で五右衛門の子分。
(というか、勝手について回ってます。でもって、勝手気ままに動く五右衛門に、なにかというと、「そんなコトをすると、厄介なことになる」って言うんですが、通じないって、その言い方じゃ)

ですが、五右衛門と才蔵は幼馴染で、ともに服部半蔵に忍びとして育てられてて、そうして、3人ともが元は信長の配下。
でもって五右衛門は青年時代に信長の命令で茶々姫(淀殿じゃなくて、あくまでも茶々姫、ね)の護衛をつとめたことがあり、そうして(口には出さないけれど)密かに想い合う仲だったりします。

あと、秀吉の死後は、間のアレコレすっ飛ばして、いきなり天下分け目の関が原になったりしてますし。
(で、ここでの日蝕のシーンと、五右衛門の戦いぶりが圧巻)

ま、秀吉が本能寺の変の黒幕ってのは、近年チラホラと言われだしてますけどね。

ともあれ、ラストまで、たるみ無しでいい勢いで突っ走ってくれまして、
しかもストーリーは、捻りの上にさらに捻りが加わえてあって、先読みが出来ないしで、
(予測が当ったのって、3箇所だけ)
最初にも書きましたが、ワタクシ的には、非常に楽しめた映画でした。
(なんせ、見終わって出てきてから、思わずもう一回見に入ろうかなと(笑)

結末はちょっと切なかったですが、あと味は悪くなかったですし。

で、これもやっぱり、映画館で大画面で見るべき映画だなと、そうも感じました。

スポンサーサイト

コメント

あ~、これ、4月に見に行きたかったんですが、
5/1から公開で断念してたんですよね(^^;

江口洋介さん、
「少林少女」ではあまり活躍されない役だったんですが、
今作は良さそうですね!
チャンスを狙って見に行きたいです!

阿吉さんへ

> チャンスを狙って見に行きたいです!
是非是非見に行ってください。
こちらには書きませんでしたが、
(書いてたら、無茶苦茶長くなりそうだったもので)
見所満載、色々な映画のパロディも入っているようです。


あっ!これ、江口洋介さんだったんですね!
何だか、ぱっとみた衣装の感じから、一瞬は
洋画歴史物かと思ってしまいました。

それにしても、毎回とても感心するんですけど
reiさんって、歴史詳しいですねぇ~(・д・)
私・・・時代劇は好きなんですけど、どうも
歴史が・・苦手で(あ・・勉強の方ですけど)笑
もちろん、映画とか
昔やってた、年末特番 『白虎隊』とか、『忠臣蔵』
とかは、好きでみてましたけど・・。
人物の絡み具合とか・・さっぱりです(笑)

ゴールデンウィークも終わり・・
お休みの日って、本当すぎるのが早いです。
また、明日から頑張ってくださいねぇ~!!



江口洋介が歴史物に出るなんて、あまりないですよね。
先日、TVで「木枯らし・・・」に出てましたね。(見なかったけど)
以前の「キャシャーン」は、好きになれなかったから、これはどうかな?と思ってたけど、reikunさんの感想を読んでいたら、見たほうがいいかと・・・結論です。

玄徳ファンの友人が『レッドクリフ Part2』を観てかなり凹み
(玄ちゃん、ずいぶん蔑ろにされてましたからね(^^;))、
「これは、他の映画で気分転換するしかない、『グラン・トリノ』にしようか、
『GOEMON』にしようか」と言うので、
『グラン・トリノ』を観た私は、観てもいないのに『GOEMON』を推したんですが、
reiさんの感想を読むと、正解だったようで、ほっとしました(笑)
『グラン・トリノ』はいい映画ですが、内容がちょっと暗いので、
スカッと明るく立ち直るには向かないと思ったんですよね。
『GOEMON』は、宣伝を観るとCGばかりだし、どうかな~と思ってましたが、
ちょっと興味が出てきました(^^)

氷無月さんへ

> 洋画歴史物かと思ってしまいました。
見えますよね~。
衣装、洋画っていうか、無国籍ファンタジー、RPGゲームの感覚でしたもの。

> reiさんって、歴史詳しいですねぇ~(・д・)
いえ、いえ、それほどでも。
ただ、好きな時代が戦国~江戸(特に天保、幕末)あたりで、
そのあたりを舞台にした小説を、よく読んでましたので。

と、過去形なのは、現在、中国系の方に走ってるからですが(笑)
このあたりもやっぱり、歴史的背景とか風俗とか、知識が多いほど、より楽しく読めるというのは事実です。

ただ、私も、学校の歴史の勉強に関しては~(~_~;)
あれは、先生次第ですねぇ。
面白かった時期もありましたから。
(ただ、年表とか、全然ダメでした。近代史もアウトでしたし)

> お休みの日って、本当すぎるのが早いです。
本当ですねぇ。
特に、ダラダラ過ごすと、余計に早いです。

> また、明日から頑張ってくださいねぇ~!!
ありがとうとございます。
氷無月さんも、頑張って下さいね(*^o^*)

tyroさんへ

> 江口洋介が歴史物に出るなんて、あまりないですよね。
ですよね。
これは、全然時代劇っぽくないから~の出演なのかな。
台詞も現代調でしたし。

> reikunさんの感想を読んでいたら、見たほうがいいかと・・・結論です。
うわぁ! これは責任重大(^_^;)
でも、まあ、派手だったし、テンポもよかったと思うし、
豪華な(CGですケド)セットとか、広末涼子のドレスとか、見所は色々あると思いますよ。

ふく*たま さんへ

> 『グラン・トリノ』を観た私は、観てもいないのに『GOEMON』を推したんですが、
> reiさんの感想を読むと、正解だったようで、ほっとしました(笑)
あらら……。またまた責任重大 (~_~;)

これも、スカッと明るく~とは行かないんですが、
アクションの派手さ(というか、ほとんど無茶苦茶)だけでも、かなりの爽快感は味わえると思います。
ラスト、ちょっと切ないですケド。
(あとは、見る人の好みに合うかどうかと云う問題が……(-_-;)

『グラン・トリノ』も、かなり良さそうですよね。
私も、見に行こうか、ちょっと迷ったんですが。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)