スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風雲 ― ストームライダーズ ―

風雲~ストームライダーズ [DVD]風雲~ストームライダーズ [DVD]
(2003/06/18)
アーロン・クォックイーキン・チェン

商品詳細を見る


阿吉さんが貸してくださった『風雲・ストームライダーズ』を鑑賞いたしました。
で、感想はと言いますと……

今日まで、こんな面白い映画を知らずにいたなんて……(T_T)

阿吉さん、ありがとぉぉぉぉ!!!!

いやぁ。ハマりますわ、これ。
一緒に送っていただいた黒糖ドーナツと同じくらい、ハマります(^^ゞ
って、どのくらいハマったかと言うと、DVDを見終わったあと、阿吉さんの『年々大吉』まで行って、『風雲』『続・風雲』『風雲・ストームライダーズ』の記事を一気に再読。
あと、何か関連資料はないのかな~と検索かけて、こちらにまで行き着いてしまったと云う(笑)
(一緒に『大明天子』と『カンフー少女』を貸していただいてなかったら、今ごろツ○ヤに駆け込んでるかも(笑)

てな具合で、とにかく面白かったです。では!
(って、ここで終るな~(笑)


天下会の領袖で武林の制覇を目論む雄覇(ホンパ)は、

   金鱗豈是池中物  (金の鱗を持つ魚は)
   一遇風雲便化龍  (風雲に遇いて、たちまち龍になる)


という泥菩薩の予言を受け、その予言の中に謳われていた風(フウ=聶風)と雲(ワン=歩驚雲)の二少年を、それぞれに父を死に追いやり、後継者の名目で、直弟子として天下会に迎えます。

それから10年。
風雲に二人の兄弟子である霜(ソウ)の力を加えて、天下会は武林の大半を制覇しており、
父の死の真相を知らず、雄覇を命の恩人と信じる風は、素直な心優しい青年に、
父の仇を討つため、敢えて雄覇の弟子となった雲は、激しい気象を内に秘め、孤独を好む狷介な青年に成長していました。

かつて、武林最大の使い手である剣聖との対決を、10年を待つようにと泥菩薩に助言された雄覇は、対決を前に、雲と霜に命じて、今後の運命を告げる予言詩を封じた壷を残して姿を消した泥菩薩を探させます。
が、壷に封じられていた予言詩は、

   九霄龍吟驚天變 (空高く翔ける龍の咆哮は 天をもゆるがすが)
   風雲際會淺水游 (風雲に会えば 浅瀬に泳ぐことになる)


弟子の風と雲が雄覇を殺すことを暗示したものでした。

「天命などは信じぬ!」
自分の力で野望を実現してみせると、泥菩薩には言い切った雄覇でしたが、内心ではその予言に不安を覚え、風と雲の二人を処分することを決意。
風と雲が共に想いを寄せる一人娘の小慈(ショウチー)を風に嫁がせることによって、二人を争わせ、その気に乗じて風と雲の命を絶とうとします。
が、雄覇の放った技は、二人を庇って飛び出した小慈に命中。
風と雲、いずれをも愛していたことを告げ、小慈は雲の腕の中で息を引き取ってしまいます。

小慈の亡骸と共に天下会を出奔した雲を追った雄覇は、千年氷で朽ちないようにした小慈の亡骸を、建設途中の王族(?)の霊廟に納めた雲を襲いますが、左腕を失わせるだけに留まり、
重傷を負った雲は、左腕に麒麟の痣を持つ名医、于嶽と娘の楚楚に救われ、于嶽の左腕を移植されて、新たな力を得ます。

また、最愛の人を失った苦しみから酒に溺れる風を、それを手に入れればいかなる病も癒え、力を得ることが出来るという仙果、血葡萄を求めるという名目で凌雲窟に送り込み、毒殺を図りますが、
止めを刺すための弟子二人は、洞窟に棲む炎の麒麟によって倒され、
血葡萄によって命を取りとめ、新たな力を得た風は、洞窟内で亡父の形見となった雪飲刀を手に入れ、炎の麒麟を倒します。

さらに、自身の逆鱗に触れた側近の丑丑(チャウチャウ)を霜に殺させようとした雄覇でしたが、
丑丑の口から、自分達が利用されていることを告げられた霜は、さらに、雄覇によって地下牢に幽閉された泥菩薩に引き合わされます。

そうして迎えた、剣聖との対決の日、圧倒的な功力を持つ剣聖の前に、危機に陥る雄覇ですが   

ということで、
内容的には、原作が物凄い大河と云うことで、その冒頭部分、雄覇に絡むエピソードを、登場人物を整理して大幅に改変したもので、
見た感じ、非常に無難なまとめ方をしてあるなというか、
ああ、なるほど、こうなってこうなるのね、ふむ、ふむ。と云う感じの、
物凄く以外だったところは、2~3箇所くらいの真っ当な展開だったんですが、
(雲が骨を砕かれた左腕を自分でもぎ取ったところろか、腕が、本来の持ち主を離れて、他人のところへ行きたがる、とんでもない設定とか、拳・脚、掌の技は伝授されたものの、剣技は授けられてない風雲霜なのに、剣を手に入れた    特に雲は、亡父が鍛えた絶世好剣を手にした途端、雄覇と互角の絶技を繰り広げたのには、ひっくり返りましたけど(笑)
(しかも、父が封印したはずの絶世好剣が、何だってあんなとんでもない場所から~(^▽^;)

それでも、アレだけ面白かったのは、映像とキャラで魅せたからでしょうね。
特にCGは、DVD見ながら『神雕侠侶』のCGスタッフ、見習え~と、思わず心の中で叫んでしまった(笑)
(特に風と炎の麒麟との戦いが圧巻  というか、炎の麒麟、動きが自然ですもん)
(アクションに関しては、もはや“技”と言うより、“術”とか“魔法”と言う感じでしたけど(^▽^;)

で、男女共に美形率も高かったですが、何より圧倒的に存在感の高かったのは、雄覇役の千葉真一さん。
というか、本来、風と雲の二人の青年が主人公なんですが、この映画に関しては、雄覇が殆ど主役。
というか、雄覇の野望と挫折の物語と言えそうです。
自身の野望の実現のためには、どんな非情、卑劣なこともやってのけ、最愛の一人娘さえ利用する雄覇ですが、それでも、娘への愛は本物だったようですし。
(ラストの風雲との対決のあと、現れた娘の幻に向ける表情が実に良いです)

で、千葉さんの表情やら動きやらを見ていると、こういう悪役って演じ甲斐があるんだろうな~と、つくづく思ってしいます。
自身で監督をした作品もあるし、そういうところからも、自分の見せ方をよく心得ておられるのかな。

と、もっぱら千葉さんのことに終始しちゃいましたが、無論、他のキャラもよかったです。

風雲、二人の主人公のカッコよさは無論ですが、二人の兄弟子に当る霜が(二人に比べると)地味ですが、聡明で、実に良い人。
(これがドラマで、もうちょっと色々なエピソードがあったら、お気に入り登録決定だったかも(^m^)

あと、男性三人に愛される小慈(風雲のほかに霜も想いを寄せてたのね)美しさ、愛らしさは無論ですが、
(清純可憐そうなんだけど、奔放でもあるんだな。風・雲、どちらも愛してるって言って、どちらともデキちゃってるし(^▽^;)

スー・チーさん演じる楚楚がねぇ(^m^)
香港映画って、ああいう、主人公に岡惚れする女性のお笑いキャラって、定番なんでしょうか?
それも、無理にお笑いキャラに仕立ててるんじゃなくて、こういう娘さん、どこかに良そうだな~っていう、イイ感じに仕上がってて、
で、ひょっとして、やるか? と思ったところで案の定、とんでもないことをやらかしてくれましたし。

と、あと雄覇の側近の丑丑がね、今回、日本語吹替え版で鑑賞したんですが、これが大正解。なんと、おねェ言葉で(吹き替えは石丸博也さん)こちらも、なかなか良い味が出ておりました。

あと、アクション、CG関係とか、川面を猛スピードで走ってくる筏とか、
風の父、聶人王が雄覇と戦う竹林のシーンとか、
風と雲が、雄覇と戦うシーンでの、剣(風は刀ですが)の構え方とか、
なにやら、見覚えがあるな~と思ったら……
(何を連想したかは、ご自由にご想像下さい (^^ゞ
これ、後の武侠映画、武侠ドラマに、かなりの影響を与えたんじゃないんでしょうかね。

『大明天子』を見終わったら、一度ツ○ヤを覗いてみるかな~
スポンサーサイト

コメント

No title

うぁっ!昨夜はこっちの記事を見落としてました…(^^;

鑑賞されましたか!風雲!
面白いですよねぇ!(私が作った映画じゃないけど、何故か熱くなっちゃいますねw)
荒唐無稽なんだけど、一気呵成に畳みかけてくるので、わぁ~っと思っているうちにラストまで行っちゃうというか。
正しい娯楽映画の在り方だと思います!色々な意味で、武侠映画再ブームの火付け役的映画だったんだなぁと思いますもんね!(メイキング見たまんまの受け売りですが・・・)

千葉ちゃんは、今までも良い俳優さんだと思ってましたけど、雄覇は本当にハマリ役だと思います!
霜は…私も良い人で好きなんですが、ドラマだと俳優さんが凄く地味で、それが残念です(^^;

『大明天子』、貸しておいてナンですが、中国語だし長いし、うっちゃらかしてても(見なくても)OKです!私もお借りした本にまだ着手出来て無くて(^^;

そして、私は少数派の”ドラマ版風雲支持者”なもんですから、reiさんにも是非ドラマ版を見ていただきたい!(←身勝手)しばし、”風雲ウィーク”とするのも楽しいですよ!

阿吉さんへ

> 鑑賞されましたか!風雲!
> 面白いですよねぇ!(私が作った映画じゃないけど、何故か熱くなっちゃいますねw)
はい。見せていただきました。
ホント、ハマりますね!

> 荒唐無稽なんだけど、一気呵成に畳みかけてくるので、わぁ~っと思っているうちにラストまで行っちゃうというか。
そう、そう。いいテンポなんですよね。
初見では「無駄なんじゃないの?」と思えたシーンも、2度、3度と見ると、必要だったことがわかってくるし。
色々丁寧に作ってあるし。
何度も繰り返し見られる映画だと思います。

> 正しい娯楽映画の在り方だと思います!色々な意味で、武侠映画再ブームの火付け役的映画だったんだなぁと思いますもんね!
ですね~
仰る通りだと思います。

> 千葉ちゃんは、今までも良い俳優さんだと思ってましたけど、雄覇は本当にハマリ役だと思います!
本当に。
見つけたサイトで、チラッと原作の絵を見たんですが、千葉ちゃん、まさに雄覇そのままでしたもの。
“あの”雄覇なくして、『風雲』は有り得ない、と云う感じでしたね。

> 霜は…私も良い人で好きなんですが、ドラマだと俳優さんが凄く地味で、それが残念です(^^;
あらら……。
そういえば、原作でも、何やら気の毒な扱いを~と云うウワサが……(^^;
>
> 『大明天子』、貸しておいてナンですが、中国語だし長いし、うっちゃらかしてても(見なくても)OKです!
そんな~  ヾ(^o^;
ガオ・フーさんの、いかにも気の弱~い演義がなかなかなので、ぽつりぽつりですが、見せて伊田対ております。

>私もお借りした本にまだ着手出来て無くて(^^;
あ。それは、全然、気になさらなくていいですから。

>しばし、”風雲ウィーク”とするのも楽しいですよ!
ですね!
その前に、ツ○ヤの稲○店に『風雲』が置いてあるかを確認しなくては。

No title

うぉぉーー!!何だか面白そう!!┣¨キ(*゚Д゚*)┣¨キ 風とか・・炎とか・・麒麟とか・・
もう・・私の感性(←あったかしら?)をくすぐらせるようなものばかりで♪
 それと、どうしても一つ、突っ込んでいいですかぁーー!! きっと、この前ふりで解ってもらえるでしょうかぁーー。 【千年氷】・・私には、どうしても【千年氷牢】にしか、見えないんですけど(笑)
 それと、ずっと最後の方まで読んでいて、いきなり千葉真一さんの名前が出た瞬間、思わず、もう一度画像を確認しにいきましたよ(笑)
 (゚ ▽゚ ;)エッ!! ってな感じで(笑) 

No title

とっても面白そうですね!
私もレンタル店で探してみようっと。

氷無月さんへ

もう、めっちゃ面白かったですよ~。
というわけで、よろしかったら、お閑なときのレンタルDVD候補に入れておいて下さいませ(^_^)

>  それと、どうしても一つ、突っ込んでいいですかぁーー!! きっと、この前ふりで解ってもらえるでしょうかぁーー。 【千年氷】・・私には、どうしても【千年氷牢】にしか、見えないんですけど(笑)
あはは……。
やはり、そうなりますか。
冬獅郎クンの必殺技~というか、捕縛技なんですよね。
でも、【千年氷牢】に入れておいたら、遺体は永久保存~出来ないか(^▽^;)

>  それと、ずっと最後の方まで読んでいて、いきなり千葉真一さんの名前が出た瞬間、思わず、もう一度画像を確認しにいきましたよ(笑)
>  (゚ ▽゚ ;)エッ!! ってな感じで(笑) 
まさかの中国武侠映画(香港製ですが)ですものね~。
これが、本編を見ていると、千葉ちゃんの存在感が大きいせいか、
向こうの俳優さんをあまり知らない身には、
ジャック清作のアクション映画に見えてきてしまうという……(^^ゞ

ふく*たま さんへ

> 私もレンタル店で探してみようっと。
ぜひ、ぜひ。

ふく*たま さんも、一緒に『風雲』ワールドにはまりましょう! \(^o^)/

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

風雲 ストームライダーズ

見ました!!!「風雲 ストームライダーズ」!!!ドラマ「風雲」をノリノリで鑑賞後、「じゃ、次、映画の風雲はレンタルしよう!しか...

DVD鑑賞 『風雲~ストーム・ライダーズ』

『風雲~ストーム・ライダーズ』出演:アーロン・クォック イーキン・チェン 千葉真一   監督:アンドリュー・ラウrei☆azumi さん絶...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。