2009/09/10 (Thu) 北宋風雲伝

北宋風雲伝 1 (プリンセスコミックス)北宋風雲伝 1 (プリンセスコミックス)
(2001/02)
滝口 琳々

商品詳細を見る


北宋風雲伝 2 (プリンセスコミックス)北宋風雲伝 2 (プリンセスコミックス)
(2001/06)
滝口 琳々

商品詳細を見る


これ、前々から気になってたんですが、例の、『風雲2』の置いてあるレンタルDVD屋さんのレンタルコミックコーナーで見つけて、借りてみました。

予想~というか、期待以上に面白かったです。
モノが少女コミックスだけに、さらっと読めちゃいますし。

で~

ストーリーの方は、“あの”『三侠五義』から設定  というか、人物を借りてきたオリジナルとのことですが、実際に包拯の公安モノ(いわゆるミステリーのようなもの、かな?)の短編集があったら、そこに含まれていてもおかしくない話も、幾つかあります。

というか、原本の方にある、殺されて、死体を焼かれた上で“おまる”にされちゃった男が、それを買った人に頼んで訴えを起こして  と云う話よりは、
直接、包拯のところに幽霊が押しかけて  の方が、読んでるほうとしては納得できますし。
(漫画的にも、絵になりますしね~(笑)

まぁ、そこは少女マンガなので、
展昭が、無茶苦茶若くて可愛かったり、
(で、白玉堂に子猫ちゃん呼ばわりされたり)
幽霊ってのは、もっと消え入りそうに儚げなもののはずなのが(なんせ、幽かな霊というほどですから)こんなに元気で活きのいい幽霊がいていいのか!? なんて幽霊さんも登場してますが。
(しかも、幽霊なのに、展昭に背負ってもらわないと、塀を越えられないって (^▽^;)

で、衣装や髪型、背景の建物などは、参考資料は武侠ドラマなのかなぁ、
かなり凝って描き込んであって~これ、当時の衣装とか知らない人は全然気付かないだろうし、ある程度知ってる人は、違和感がないから、さらっと見逃しちゃいそうな気がしますが、描く方は随分と大変だったでしょうね。

あと、2巻現在で『三侠五義』から登場してるのは、主人公の包拯と南侠こと御猫、展昭のほかは、金毛鼠(きんもうそ)の白玉堂(と、包拯の部下達)だけなんですが、
(あとの四鼠も、いずれ登場するのかしら?)
この白玉堂の性格が、原典のほうでは、傲慢、陰険、残忍、短慮、勝気と、なかなか物凄いことが書かれてますが、
(実際には、そこまで酷いヤツじゃないんですがね。まぁ、短慮で勝気なことは間違いないですが)
この性格の中で、特に勝気がクローズアップされてて、“御猫”という展昭の綽名が気に入らなくて、何かと突っかかってくると言うあたり、いかにもで、楽しかったです。
(でも、もうそろそろツルんじゃいそうですが)

と云う次第で、この本、かなり気に入ったので、
今度の連休の時に、全巻借りて、一気読みと云うのも悪くないかなぁと考えています。


スポンサーサイト

読書(中国もの) | trackback(0) | comment(4) |


<<秋来ぬと~ | TOP | 『風雲2』第1集~第4集>>

comment











管理人のみ閲覧OK


No title 

え・・え・・???
レンタルコミックとかあるんですか!?
え・・?もしかして、それって今の常識ですか!?
今、PC前で、酷いカルチャーショックに襲われてるんですけど・・・ャ'`゛ィ…(-ω-lll)私?
 そうですよね・・レンタルDVDあるんだもの・・レンタルコミックもあってもおかしくないか・・。
お話しに全然関係のないところに、飛びついてすみませんでした。(笑)

2009/09/10 20:07 | 氷無月  [ 編集 ]


No title 

>殺されて、死体を焼かれた上で“おまる”にされちゃった男が、それを買った人に頼んで訴えを起こして
あ~その話が元ネタなのですね。
ホント言うと、私、「三侠五義」の話はどれも似たイメージでとらえてまして、細かい筋を忘れてたりしました(^^;

四鼠も確か登場した…と思いますが、ヒロインが出てきたり、白玉堂のお姉さんが出てきたり、と、こちらならではの手が加えられてて、普通に少女マンガとしても面白かったですよ!

2009/09/10 20:47 | 阿吉 [ 編集 ]


氷無月さんへ 

レンタルコミックス、ウチの方では、割と最近に始まったサービス(と云うか、商売ですね)です。
たしか、TUTAYAでもやってた記憶ですが。
なんかね、昔の貸本屋の再開かな~って感じで、ちょっと嬉しいです (^m^)

私が借りたところは、ご近所の大型書店の2階で、2泊3日で1冊80円。10冊以上借りると、1冊70円になるそうです。

>お話しに全然関係のないところに、飛びついてすみませんでした。(笑)
いえ、いえ。どうぞ、お気になさらずに(笑)

2009/09/11 19:05 | rei★azumi [ 編集 ]


阿吉さんへ 

>あ~その話が元ネタなのですね。
か、どうかはわかりませんが、私的には、このエピソード、かなり印象的でして……(^▽^;)
特に、私が読んだのは抄訳で、公案の部分は凄く少なかったので、そのせいもあるかもしれませんが。
>ホント言うと、私、「三侠五義」の話はどれも似たイメージでとらえてまして、細かい筋を忘れてたりしました(^^;
似た話が多かったですものね。
私も、細部や登場人物、かなり忘れています(^_^;)

>白玉堂のお姉さんが出てきたり
あの、顔も性格もそっくりなお姉さんですね。
あのエピソード、なかなか楽しかったです。

あと、私としては、目下のところ、展昭と白玉堂が御猫を追いかける話が、一番気に入っています。

2009/09/11 19:12 | rei★azumi [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://reiazumi.blog112.fc2.com/tb.php/285-20eaa97f

| TOP |

プロフィール

rei★azumi

Author:rei★azumi
ヒト属ネコ科 コタツ猫亜種 読書ネコ
『神鵰侠侶』で金庸にハマった、金庸初心者。
とりあえず、金庸の小説全作品読破を目指すも、突如神鵰侠侶二次小説にハマる。
さて、この先、どうなりますことやら。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

最近のトラックバック

月別アーカイブ

あし@

Pika_Mouse

powered by
3ET

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索