コミック版『射英雄伝』 一気読み 2

射雕英雄伝(しゃちょうえいゆうでん) (12) (トクマコミックス) (コミック)射雕英雄伝(しゃちょうえいゆうでん) (12) (トクマコミックス) (コミック)
(2009/07/30)
金庸李志清

商品詳細を見る


↑から完結巻までを、
阿吉さんから貸していただきました。

物語は、浄衣派の長老たちに捕らえられて丐幇の集会に連れてこられた郭靖と黄蓉が、楊康から打狗棒を取り戻し、金国の企みを打ち砕くところから、鉄掌峰での黄蓉の不肖、瑛姑、一灯大師との出会いを経て、桃花島の惨劇から雨煙楼のたたかいと~、もう、話がこのあたりまで来ていると、さらに止められない、止まらないのかっぱえびせん状態。
正月休み中どころか、年越しの準備(と云っても、対してやることもなかったんですが)を済ませた段階で、一気読みをしてしまいました(^^ゞ

で~、
表紙を見てもわかる通り、黄蓉がどんどん奇麗になってゆきますな。
あと、黄薬師おとーさまが、相変わらずのいい男振りで(笑)
桃花島に引き取った曲ねえやに、なんとか自分の知識やら武芸やらを仕込もうとするんですが、曲ねえやは、頭がアレになっちゃってるので、自分の父親の名前も覚えられない。
お習字をさせられてる途中でイヤになって、黄薬師おとーさまが、ふと見てみると、紙におとーさまの似顔絵なんかを書いて、寝ちゃってるんでね。、
(これが、絵は上手いんだよね~曲ねえや(^m^)
で、その方に上着をかけてやるおとーさまの、ちょっと寂しそうな、でも慈しむような表情が絶品でございました。

それと、これは李志清さんオリジナルなのか、原作の日本語訳版ではカットされてた部分なのかはわかりませんが、楊康が鉄槍廟で命を落とす、その臨終間際に穆念慈(ぼく・ねんじ)が駆けつける、そこでの楊康の、穆念慈に対する真情の吐露  
実父である楊鉄心に対する恨みと、これまでしてきたことに悔いはないけれど、ただ一つ、鉄掌峰で穆念慈を去らせてしまったことだけが、唯一の過ちだったと告げる  
が良かったです。

一見不実でいい加減(作者の金庸先生にまで、軽薄と書かれてしまっている)な楊康も、穆念慈に対する想いだけは本物だったんだなぁと。
(欧陽鋒、楊康による江南六怪殺しの真相を暴く小道具となる玉の鞋が、ここでも小道具として登場しますし)
(そういえば、あの鞋、楊康が結納として穆念慈に渡すために作らせたものだったんですな)

それと、人物像にも、多少脚色が加わってたのかな? それぞれが、原作(日本語訳版)より深みを増してた感じでしたし、アクションシーンは、どんどん迫力を増してますし、物語の順序が多少入れ替えてあったりするのも、話のテンポが良くなってたり、より余韻を深いものにしていたりで、GOOD。
欧陽鋒とーちゃんの、まっぱでの岩間からの落下傘降下も、ちゃんと描かれてましたし(^m^)
(それにしても、壮年男子の体重を支えるって、丈夫なズボンだわ(笑)
その他色々、大変読み応えがありました。
(で、これなら続けて『神雕侠侶』をコミック化してもらってもいいかな、と(笑)

でもって、そろそろドラマの方の『射英雄伝』が、ちょっと恋しいかな……
なんて、思い始めた矢先、

なんと、『大唐游侠伝』の後番組が、『射英雄伝』なんですってね!
これは、なんか嬉しー、というか、
『射~』を初めて見たのは、武侠にも中国にも、ほとんど知識がなかったときだったので、今度、改めて見てみて、どんな感想を抱くか、自分でも楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

李志清版

原作小説に無いところは李志清のオリジナルです。
この作品で残念だったのは黄薬師の玉蕭を笛にしてしまっているところですね。ドラマ射雕は正しく縦笛の洞蕭でしたが、他でもよく間違われます。
この漫画は10年ほど前に描かれたもので、この次に笑傲江湖が描かれました。もうここまでの長編は描かないのではないでしょうか。
神雕侠侶は当時別の漫画家が描いていましたが、今日本に持ってきて売れる絵柄かというと…すこし微妙です(^^;
↓こんな感じ。
http://tieba.baidu.com/f?kz=468600078

一気読みでしたか!(^^)

漫画の楊康の方が、ドラマの楊康より好きです。
外見もオトコマエに描かれている、
というのもありますが、reiさんのおっしゃる通り、
穆念慈とのシーンが良かったと思います!
流石、楊過の父ちゃんだな、と。


八雲さんへ

毎度、情報ありがとうございますm(_ _)mペコ

>この作品で残念だったのは黄薬師の玉蕭を笛にしてしまっているところですね。
そういえば、台詞の方でも鉄笛とかってなってて、読んでて「あれ?」と思いましたが。
いい作品なだけに、そういう点は残念ですね。

>この次に笑傲江湖が描かれました。
へぇ~×3(笑)
なんだか、あれは、もっと癖の強い絵柄の人が描かれた方が合う気がしますが。
(日本で言うと、藤田和日郎さんとか)

『神』折角URLを入れてくださったのに、今日はウチのPCの機嫌が悪いらしくて、見られませんでした。
後日、トライしてみます(^^ゞ

阿吉さんへ

>一気読みでしたか!(^^)
はい。もう、読み出したら止まらなくなって(^^ゞ
貸してくださって、ありがとうございました。

コミックの方の楊康、心情も丹念に書き込まれてて、良かったですね。
なるほど、そうなんだよな~と納得できる部分も多くて。

>流石、楊過の父ちゃんだな、と。
本当、楊過同様、情は深いですよね。

原作と離れた脚色で、不快になる場合もありますが、コミック版は成功しているのですね。
そうだと読む甲斐もありますよね♪

ふく*たま さんへ

あくまで原作に忠実でありながら、より深く人物を掘り下げて、必要と思われる部分を書き足している、と云う感じだからなんでしょうね。

これは、本当にいい作品でした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)