スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水滸伝 英雄譜

阿吉さんが貸して下さいました第二弾は『水滸伝』のDVD。
★ 青面獣 楊志
★ 一丈青 扈三娘 と 矮脚虎 王英
★ 母夜叉 孫二娘 と 菜園子 張青
の三篇  って、女性の名前の方が先に来てるのね(笑)

でもって、多分にオリジナルストーリーを交えまして、それぞれの好漢・女侠がカタギの道からリタイヤして、梁山泊に入るきっかけが出来るまで  あ、王英と孫二娘は元々カタギじゃないか(笑)
王英は、こちらの作品では、最初から梁山泊の一員だし。

とにかく、それぞれに個性的というか、かなり味わいの違う三篇で、おのおのアクション  というか、武芸のシーンが素晴らしかったし、顔なじみの俳優さんも大きな役で出ていて、そちらでも楽しめました。
で、この3篇の中で、私が一番面白いと感じたのは、于承恵さんが孫二娘の父親役で出ておられたのを割り引いても『母夜叉孫二娘と菜園子張青』でしたが、ここは、まあ、最初の作品から、順を追って感想を。

★ 青面獣 楊志

地方に左遷されてきた楊志が、持ち前の正義感と一直線な性格と、見てるほうが頭を抱えたくなるほどの物堅さが禍して、その土地の一番偉いお役人とツルんでる土地の顔役に邪魔にされ、目を掛けてくれた上役を殺されて、ついに、その顔役を叩き斬るまで~~
あれ? 説明、間違ってないですよね?

で、見てて、なんか、その昔の東映の仁侠映画路線(高倉の健さんの『唐獅子牡丹』とかね)とか、
ジュリアーノ・ジェンマあたりのマカロニ・ウエスタンを連想してしまいました(^▽^;)
色々迫害されて、ガマンして、ガマンして、ガマンして、ガマンして、最期の最期に爆発して、悪党を全部ブチ殺しちゃうっていう、あのパターンですね。
尤も、楊志の場合、あまりガマンはしてないし、妙な部分で無茶もしてましたけど。

なんたって、同僚を庇って牢にブチ込まれたのに、武芸の試合に出場したいからって、牢破りするんだもの(^▽^;)
それで、顔を隠して出場して優勝したってアナタ、望みの役につかせてもらえるわけがないでしょ、ふつー。

でもって、こちらに登場のお馴染みさんは、我らが血刀老祖サマこと計春華アニキで、演じます役は、当然のコトながら最期に楊志に斬られる町の顔役の牛二。
(髭を生やしてたんで、ダレ? と思っちゃいましたが(^^ゞ 
武器マニアで、例の、独特の刀使いも見せてくれますので、ラストでさぞかし楊志と激闘を  と思っていたら、にらみ合いの末、すれ違った瞬間に決着がつくという、まるで日本の剣豪同士の勝負のようで、これは意外に新鮮でした。

そういえば、楊志のアクション自体が、なかなか派手な立ち回りも見せるんですが、刀自体は、なかなか抜かないんですね。柄までは何度も手が行くんですが。
で、抜いた! と思ったら……

い……居合いですか(@@!)

中国武侠ドラマで、主人公が居合いの使い手って、初めて見た。
(って、そんなに数見てるわけじゃないケド)

あと、楊志の刀(先祖伝来の『吹毛剣(すいもうけん)』でしたな)が、強敵や斬るべき相手に出会うと、カタカタ鳴って、場合によっては自ずから抜けるという、
このあたりも、昔の日本の剣豪小説  というか伝奇ものを思わせて、そこも面白かったです。

★ 一丈青 扈三娘 と 矮脚虎 王英

作り方はコメディータッチなんですが、これはむしろ、素材の料理の仕方が面白かったかな。

そもそもが王英の異名の『矮脚虎』ってのが、短足の虎ってほどの意味なんですよね?
で、そんな、背が低くって、女好き  と云うとまだ聞こえはいいけれど、下半身に節操のない、ブチャイクな(ということになっているらしい ?)男と、天然の美貌、海棠の花と称えられる女丈夫の扈三娘が宋江の命令で夫婦にさせられるという設定が、何だかな~と思ってる人が、結構いるみたいですね。
(かく言う私も、「えー?」と思ったクチ)

尤も、扈三娘の立場から想像してみると、見掛けは冴えない、武芸の腕も格も自分より下の男でも、自分を女神のように崇め、大切にしてくれる旦那だったら、結構幸せだったんじゃないかな~。
どれだけの美形だってブ形だって、三日も見てりゃ慣れちゃいますしね。
(あー。でも、旦那さんがブ形だったからって、自害しちゃった姫さんもいましたっけ(~_~;)

ともあれ、これは、そのあたりを、オリジナルで作り直した話で、王英は原典の通りの女好きではありますが、思いやりも深い、最終的には扈三娘が惚れるのも納得の、なかなかの好漢になっております。
王英役の郭徳綱(グオ・ダーガン)さん、DVDのパッケージではブチャイクに映っちゃってますが、なかなか愛嬌のあるお顔でもありますし。

で、こちらには扈三娘の許婚で、占いの上の問題とかで扈三娘と結婚する気はないくせに、扈家荘の防御図が欲しくて扈三娘に気がある振りをする(でも、途中で扈三娘を裏切る)祝彪の役で高虎(ガオ・フー)さんが出演しておられまして、
つくづく、この方っも芸達者というか、どんな役でもこなす人だな~と、感嘆したことでありました。

あと、扈三娘と云うと大抵の人が、凛とした女戦士を連想するものなんですが、ここの扈三娘は、気が強いばかりの、わがままお嬢といった印象で、
以前に藤水名子さんの『紅嵐記』を読んだ時にも感じたんですが、気が強いだけで聡明さに欠ける女性ってのは、意外に魅力に乏しいものだなと云う認識を新たにしました。
演じてる女優さんは、可愛らしい人だったんですが。

★ 母夜叉 孫二娘 と 菜園子 張青

これは、孫元と孫二娘の父娘が妻であり母の仇である頭陀を待って十字坡で旅籠を開いているところへ、破戒僧である寺の住職を殺した張清が逃げてきて、仇討ちに協力して孫二娘と夫婦になるまでの話なんですが、
なんか、テンポがよかったのかな、最初からすんなりと話の中に入っていけました。
孫二娘も↑の扈三娘に負けないくらい気が強いし、転がり込んできた張清には辛く当るんですが、なぜか格好良い女性に見えるし(^_^;)

で、人肉饅頭ってのは、お父さんの代からやってたんですな、
宿の料理では饅頭が有名だが、中で一蒸篭だけ、特別に上手いのがあるって説明に、思わずニヤリ。
で、ヤバい客を処理して、地下の厨房に送り込む装置に、さらにニヤリ。
張清が畑の野菜に水をやるところでは、その水撒きが武芸の手になってて、そちらには、思わず拍手~(笑)

それと、張清と孫二娘が、お父さんは2人を夫婦にするつもりなんですが、当人同志はしょっちゅう角を突き合わせて  と云うか、主として孫二娘の方が突っかかるですが、この2人の喧嘩が、どちらも武芸が使えるだけに、相当派手で、これも、かなり楽しめました。

張清が、孫元父さんの秘伝の調味料を探して、うっかり孫二娘の入浴シーンを覗き見ちゃって、部屋から叩き出されて、それを見たお父さんが、
「バカ者。わしも、若い頃にやったものだが」
って、この台詞を言ってるのが于爺だってのが、一番笑えるポイントだったりして(^m^)
(しかし、向こうのお風呂って、直接“たたき”においてあるみたいなんですが、風呂から上がった時に、足が汚れないのかな?)

あと、それぞれの話に色々な形で梁山泊の面々を絡ませてあるのが、なかなか粋  というか、上手い設定だなと思えました。

と云うことで、色々楽しめる作品でした。
阿吉さん、ありがとー \(^o^)/
スポンサーサイト

コメント

「母夜叉孫二娘と菜園子張青」が好きな方、多いですね!
まやさんもふたばさんも私も。(笑)
でも確かに、この作品が一番武侠っぽい気がします。
尚且つ、男女二人のかけあいとかも良い感じですし。

「青面獣楊志」が剣豪小説っぽい、というのは、
聞いて納得です。確かに!

扈三娘は、扈三娘の役じゃなかったら、
こういう娘もいるだろうな~、と思うんですけど、
扈三娘だけに…惜しいですね(^^;
高虎さんが癖のある妙な祝彪だった、
という点が確認出来たので、良しとします!?

阿吉さんへ

>「母夜叉孫二娘と菜園子張青」が好きな方、多いですね!
>まやさんもふたばさんも私も。(笑)
あら、まあ!
でも、本当に、凝れば一番面白かったんですもの。
(好みが共通してるのかな(笑)

>扈三娘は、扈三娘の役じゃなかったら、
>こういう娘もいるだろうな~、と思うんですけど、
>扈三娘だけに…惜しいですね(^^;
そうですね。
あれはあれで、話としては良いまとまり方をしてたと思いますが、ヒロインが扈三娘ですものね。

超絶美人で、凛とした女戦士、というイメージが強いですから、扈三娘。

>高虎さんが癖のある妙な祝彪だった、
>という点が確認出来たので、良しとします!?
さすが、高虎迷 (^m^)
でも、いい味出てましたよね、高虎さん。
つくづく芸達者な方です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。