秋水長天

 遊子帰客 夢断故郷雲水之間    西風古道 回首一片秋水長天

Entries

大唐游侠伝 第31集~32集

いよいよ最終回となりました『大唐游侠伝』ですが、これまで、悲壮感やら危機感やら、思いっ切り盛り上げてくれておいて   
ま、いいや。本文ゆこ ヾ(--;)ぉぃぉぃ


さて。


羊牧労の手に落ちた王燕羽を救い出すべく、洛陽の屋敷へ忍びこんだ空空児と韓芷芬(かん・しふん)ですが、燕羽の所在を聞き出すために捕まえた見張りの兵士に声を上げられてしまったことから、乱闘に。
それにしても、羊牧労、随分と私兵を置いていたものだな~と見ていたら、その乱闘に「待った」をかけたのは、鉄摩勒。

兵たちが摩勒の命令に従うのと、指揮官が摩勒を『少爺(わかさま)』と呼んだのを聞いた空空児、摩勒が羊牧労に寝返ったと思い、怒って、芷芬の手を引っ張って、屋敷を立ち去ってしまいます。

が、摩勒が富貴に流れて羊牧労に従ったなど信じられない芷芬は、真相を探るため、空空児と別れ、小間使いとして羊牧労の屋敷へもぐりこみます。
で、これが、身元調査もされずに雇われるんだから、大したもので(笑)

空空児たちが助けに来てくれたけれどと、今の摩勒の有様を見て、理由も聞かずに去ってしまった。空空児にとって、自分はもう兄弟ではなくて仇になってしまったと、涙ながらに燕羽に話す摩勒。
それでも、おそらく燕羽は命を惜しみはしないだろうけれど、自分が、もうこれ以上大切な人を失いたくない、そのために燕羽を守りたいのだと語る摩勒でした。

……と云う頃、摩勒が羊牧労側へ寝返ったという空空児の報告を受けても、半信半疑の郭子儀(かく・しぎ)たちの陣へ、当の摩勒を引き連れた羊牧労が、平和交渉のための使者として乗り込んできます。
摩勒に対する怒りを押さえて、なんとか対応する空空児。
(そういえば摩勒、空空児と視線を合わせようとしなかったな~)

ともあれ、平和交渉  実質は燕の降伏の儀式を、洛陽から離れた大雁谷という場所で行うことに決定。

ですが、これは羊牧労が単独で図ったことで、これを聞いた安慶緒(あん・けいちょ)怒りのあまり、日ごろの恐怖も忘れて乗り込んできます。
が、これは実は、郭子儀を排除するために仕掛けた罠と、大雁谷に作った抜け穴の仕掛けまで見せて説明する羊牧労。
ソレを、摩勒がこっそり岩陰から見ているんですが、こういうのって、案外悟られたりしてるんですよね~。
というのはさておき、

説明を聞いた安慶緒と精精児は、羊牧労を郭子儀たちと一緒に焼き殺して、自分達だけが抜け穴彼逃から逃げ出す計画を立て、
郭子儀は郭子儀で、あのあと訪ねてきた摩勒から平和交渉が罠であることを聞き、それを利用して逆に燕軍を殲滅することを計画  してたはずなんですが……(^▽^;)
で、様子を見てると、とうとう摩勒も腹をくくったようで、
もはや、実質は四面楚歌状態の羊牧労。
こうなると、どういう破滅の仕方をするかに興味が~ ヾ(^o^;オイオイ・・・

しかし、それにしても芷芬ちゃん、どこまで“良い子”なんだ~
というか、賢すぎるくらいの娘だから、幸福にはなれないかもという予感はしていたんですが、それにしても、どこまで薄幸なんだ~(T_T)

さて。

摩勒の真意と事の真相を探るために、羊牧労邸に潜り込んだ芷芬、首尾よく燕羽付きの小間使いになりますが、物言わぬ人形同然の燕羽の姿に愕然。
(しかし、燕羽ちゃん、なぜに笑顔? しかも、シーンによって表情が変わってるし(^▽^;)
羊牧労の毒のせいでこうなったと聞き、韓家の医学で救えるかもと、毒の種類を特定しようとします。
  というところで、毒薬のタイムリミットがあと1日しかないと知った摩勒が、
「騙したな!」
と羊牧労の書斎へ怒鳴り込んだシーンには、というか、やっぱり本性は  というか、根っ子のところは変わってないじゃんと、ちょっとニヤリ。
でも、不用意にそんなコトすると、芷芬ちゃんが邸に潜入してることがバレるよ?

と思っていたら「燕羽さまが大変ですぅ!」と芷芬ちゃんが助け舟(  って、あなたも危ないって ヾ(^o^;)

さらに、出てゆけと言われて、ふわりと翻した裳裾が羊牧労の手をかすめ  空空児のスリ技、本当に一晩で習得しちゃったんだねぇ(*^。^*)

ですが、掏り取ってきた袋の中に毒消しはなく、入っていた毒の処方は複雑で、翌朝までという短時間では、完全に毒の成分を特定することは出来ません。
やむなく2種類の毒消しを調合した芷芬が、正しい方を特定するために選んだ方法は、我が身を実験台にすることでした。
って、あれ? 前に燕羽ちゃんも似たようなことを~じゃなくて!
(しかし、摩勒の台詞じゃないけど、いっそ精精児でもとっ捕まえてきて、モルモット代わりにすりゃァいいものを(~_~;)

そうして、一旦は昏睡から覚めて、摩勒と視聴者を安心させた芷芬ですが、
「こんな妹がいたことを忘れないで」
言い残し、摩勒の腕に抱かれて、儚くなってしまいます。
どこか、幸福そうな笑顔さえ浮かべて。

………………って、三角関係の解消方法は、結局これかい!? (― ―〆)
まぁ、梁羽生センセイ、『七剣下天山』の原作の方でも、思いを寄せた女性には意中の男性が  と云うのを知った侠客の、その男性を助けるための犠牲の死ってのをやってますからねぇ。
しかし、本作品中で最も女侠というか、大侠の名に相応しかったのが、一番か弱そうで儚げな芷芬ちゃんだったとは(^▽^;)

さて。

涙ながらに燕羽に毒消しを飲ませた摩勒、羊牧労の部屋へと赴きます。
で、そこで、身支度万端整えた羊牧労に衿を治してくれと背を向けられ  よく殺意を押さえたよな~。
でも、あれだけ殺気を放ったら気取られるだろうなと思ったら、案の定。
さっきばかりか、摩勒が羊牧労の目論見を郭子儀に告げていたことも、芷芬が邸に潜り込んでいたこともお見通し。
点穴で摩勒の動きを封じた上で、羊牧労、郭子儀たちには、さらなる罠を仕掛けてあると嘯いて、出て行ってしまいます。
………………摩勒もまた、こういうときに、あっさり点穴されるなよな~(~_~;)
(今まで身につけた武芸は、何だったんだ(^_^;)

一方、いやな予感がするから、やはり行きたくないと渋る安慶緒と、師匠から伝えられたものと、猛毒を塗った匕首を携えた精精児もまた、大雁谷へ。

そうして、その大雁谷での降伏の儀式の最中、伏兵に命じて仕掛けた薪に火を放たせた羊牧労でしたが、炎は彼と抜け穴の入り口を隔てる形で燃え上がり、逆に、郭子儀一向と安慶緒たちが、抜け穴から脱出~~
のはずだったのですが、部下に命じて抜け穴の出口を塞がせていた羊牧労、燃えていた火を消させ、さらに内力で入り口の仕掛けを壊します。
……って、郭子儀将軍、伏兵をさらに伏兵で取り囲んで燕軍を殲滅するって計画はどうなったの?
と云う以前に、抜け穴の出口くらい、ちゃんと見張りを配置して確保して置きなさいってヾ(--;)
ほらぁ。中では安慶緒と精精児がミニクイ争いを始めちゃうし、外では唐軍が燕軍に追い散らされかけてるし~

と云うところへ、毒消しが効いて正気に戻った燕羽と、彼女に点穴を解かれた摩勒が駆けつけたのですが……、
も……持ち上げますか、摩勒クン、入り口の岩を、素手で(^_^;)
こーゆー場合で、一応は主人公で(い、一応(^▽^;) しかも最終回なんだから、
ここは一番、同じ力技でも、内力でババーンと吹っ飛ばすと思ったんだけどなァ。
というか、摩勒一人で持ち上がったんなら、中から兵隊さん数名で持ち上げても良かったのでは?

と、突っ込みいれながら見てましたら、岩が半分くらい持ち上がったところで、ひょこ、と安慶緒が顔を覗かせて、
「助けてくれて、ありがとう」(^o^)にぱっ
………………………………………………こいつ、岩落として挟んだろかと思っちゃいました(爆)

さて。

そのころ、安慶緒を追い落として、まんまと大燕の皇帝の座に座った羊牧労は、指揮官のいなくなった洛陽包囲軍を追い散らし、得意満面で兵たちの歓呼を受けておりました。
が、
ふと、異常を感じて、その声を止めさせます。

その羊牧労の目に映った4つ  否、3つの影は  

息絶えた摩勒を抱いた空空児と、それに従う王燕羽と夏凌霜(か・りょうそう)の姿でした。
と云うところですが、あまりに唐突な展開なんで、これはてっきり摩勒たちの仕掛けた罠で、羊牧労が「息子~」と近寄った途端に、死んだふりっこしてた摩勒が、がばっと起き上がって刺し殺すか、それにしても、摩勒にそんな芝居っ気があったかな? と思ってみていたんですが、
本当に死んじゃってたんですな。しかも、助け出された皆の感謝を飢えてる最中に、こっそり後ろから忍び寄った精精児に刺されて。
(だから、頼むから、そういう殺気くらい察知して下さい。ったく、何のための武芸なの(^▽^;)

その精精児も、凌霜姐さんの鉄球を受けて、あっさりご臨終となったんですが、
一体、ナニ考えて、こんなことをやったんだ、こいつ?????
と云うか、何やら猛烈に摩勒を憎んでたみたいなんだけど、その理由が分らない。

ともあれ、摩勒が本当に死んでいるとなったら、崑崙父ちゃんのやることはただ一つ。
「息子よ、生き返れ~!!!!」
渾身の力を込めて、持てる内力の全てを、文字通り叩き込みます。
(あまりの激しさに、付き合ってみてた父が「息子、バラバラになるぞ」とコメントを(笑)

そうして、摩勒が死の淵からよみがえった時には、内力の全てを息子の蘇生のために注ぎ込んだ鉄崑崙は、一切の力を失い、白髪と化しておりました。

が、

次のシーンでお墓が出来てたんで、ここはお約束通り、崑崙父ちゃん、息子と和解して死んじゃったんだ~と思ったら、
摩勒クンが自分の中の父を師父の隣に葬ったのであって、内力を失って無力な老人と化した羊牧労=鉄崑崙は、何処ともなく姿を消してしまったと云うことなのでした。
が、それにしても、悪事の報いで自業自得だって云う摩勒の言い方はねー、

いくら、力一杯人の道を踏み外し  って、崖から落ちたところから始まったのか、全ては(笑)
ともあれ、帝位も権力も武芸も戦の帰趨も放り出して、息子の命を助けたんだよ、崑崙父ちゃん。
なのに、摩勒に父親と認めてもらえないって、さすがに崑崙父ちゃんが可哀想に思えてきました。

と云う頃、外界では安慶緒が史思明(し・しめい)に殺され(いつの間に!?(@@:)
安史の乱は、いよいよ泥沼状態に突入。
(玄宗のせいだ。コレが、長安に置き去りにされて、やむなく安禄山に降った官吏を許してやらずに処刑させたから、一旦投降した史思明が、自分の命も危ないって反乱起こしたんだ――って、陳舜臣先生の本に書いてありました)

引き続き民のために戦うことを誓い合った鉄摩勒、空空児、王燕羽、夏凌霜の4人は、いずこかへ向けて馬を走らせるのでありました。

と云うところで、『大唐游侠伝』全巻の終わりでございます。
長らくのお付き合い、ありがとうございました。


さあ、次は『射英雄伝』だ! \(^o^)/
Qちゃんに、洪七公師匠に、黄薬師おとーさまに、ジェベ師匠に、そして小悪魔な黄蓉に会える♪

あ、忘れてた。亀の独孤求敗にも(^_^)
……って、あれ? 主人公は? ヾ(^o^;オイオイ・・・

スポンサーサイト

Comment

 

>そうして、一旦は昏睡から覚めて、摩勒と視聴者を安心させた芷芬ですが、
「こんな妹がいたことを忘れないで」
これは…フェイントですよねぇ!
数週間前から芷芬の死亡フラグが立ちまくってましたが、
一旦助かりそうだったので、おっ!と思ったのに。
逆に摩勒は死にマネだと思ってたら本当に死んでたし。
意表を突かれました(^^;

>師匠から伝えられたものと、猛毒を塗った匕首を携えた精精児
この精精児達の師匠が誰か、
ずっと気になってたんですが、
結局明かされないままでしたね。
本筋にも関係ないようでしたし、
重要人物じゃなかったのかな…

>大雁谷での降伏の儀式
ここは、攻守共に、作戦がチープでしたよね。

>「助けてくれて、ありがとう」(^o^)にぱっ
視聴者の大多数が、
今すぐ岩を落として後顧の憂いを絶て!
と思いましたよね(笑)

>「息子よ、生き返れ~!!!!」
凄かったですね!
ある意味、直接対決よりも激しいシーン…
武侠では、指の生える薬もあるくらいなんで、
強力な内力を注ぎ込めば蘇生もする、と(爆)

無理やり感が無きにしも非ず、
でしたが、結構面白いドラマでしたよね!

次の『射英雄伝』、
話は解っていながらも、
また色々突っ込みながら見るんですよね♪
  • posted by 阿吉 
  • URL 
  • 2010.02/08 22:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

阿吉さんへ 

>これは…フェイントですよねぇ!
ねぇ。芷芬ちゃんが目を開けたときは、
お! 助かるんだv-238
と思ったのに。

>逆に摩勒は死にマネだと思ってたら本当に死んでたし。
これもまた、見事に全員一致で、引っ掛けられちゃいましたね。

本当に、どこまで人の意表をつくんだ~と云う感じで。
(だったら、羊牧労の正体を、もうちょっとバレにくく作るとか~(^▽^;)

>この精精児達の師匠が誰か、
>ずっと気になってたんですが、
>結局明かされないままでしたね。
あ、本当だ。
弟子たちの性格とか、精精児の話からすると、ちょっとクセのある人物みたいでしたが。
ストーリーに関係してこないから、省略したんでしょうね。
(もしかして、原作にも書かれてなかったりして(~_~;)

>ここは、攻守共に、作戦がチープでしたよね。
でしたね~。
見え見えで、火攻めの準備はしてあるわ、
手桶隊が出てきて、火を消してるわ。
もう、失笑モノでした。

>視聴者の大多数が、
>今すぐ岩を落として後顧の憂いを絶て!
>と思いましたよね(笑)
あ。やっぱり(笑)

> ある意味、直接対決よりも激しいシーン…
摩勒が死んでいるとわかった途端、
あ、内力をそそき込んで生き返らせるんだ~とわかったものの、
よもや、あそこまで派手なシーンになるとは!

>武侠では、指の生える薬もあるくらいなんで、
>強力な内力を注ぎ込めば蘇生もする、と(爆)
後世には、死後数時経過した人を復活させる武芸も編み出されることですし(笑)
ところで、指は生えてきたんでしょうかね?

>無理やり感が無きにしも非ず、
>でしたが、結構面白いドラマでしたよね!
はい♪
なんだかんだ言いつつ、結構楽しめました \(^o^)/

>次の『射英雄伝』、
>話は解っていながらも、
>また色々突っ込みながら見るんですよね♪
ですよね~(笑)
というか、わかっているからこその面白さ、と云うのもあったりして。

  • posted by rei★azumi 
  • URL 
  • 2010.02/09 19:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>ソレを、摩勒がこっそり岩陰から見ているんですが、こういうのって、案外悟られたりしてるんですよね~。
思いましたよね~、で、やっぱり、と(笑)
あの羊牧労が気づかんわけないやん、と。

>空空児のスリ技、本当に一晩で習得しちゃったんだねぇ(*^。^*)
このための、空空児の技伝授だったのかーって感じでしたね。
羊牧労が気づかないとは、スゴ腕?!と思いましたが…(^^;)

>本作品中で最も女侠というか、大侠の名に相応しかったのが、一番か弱そうで儚げな芷芬ちゃんだったとは
同感です。
聡明で他人のことを思いやれて、ホントにいいコでしたね。
幸せになって欲しかった。。。

>こいつ、岩落として挟んだろかと思っちゃいました(爆)
思いました思いました!
私なんて、テレビに向かって、「そのまま(岩を)落としちゃえ!」と言ってしまいました(爆)

>それにしても、悪事の報いで自業自得だって云う摩勒の言い方はねー、
ねー、ちょっと酷いですよねー。
息子への愛情は本物だったんだなぁとしんみり思った直後だけに、事実なんだけど、違和感のある言葉でした。

でも、何やかんやいいながら、十分楽しんだドラマでした(^^)
『射英雄伝』も、楽しみですよね!
初回から、ワクワクしながら観てます。
先を知ってても、何回観ても楽しめちゃいますねぇ。
  • posted by ふく*たま 
  • URL 
  • 2010.02/10 15:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

ふく*たま さんへ 

>あの羊牧労が気づかんわけないやん、と。
でしょ!
かなり痛い目に合わされてるんだから、いい加減に気付けばいいのに。
で、私が摩勒だったら、
「相手が“あの”羊牧労ですから、二重、三重に備えを」
と忠告するのになぁ、と。

>羊牧労が気づかないとは、スゴ腕?!と思いましたが…(^^;)
本当に。
実は、武芸の素養は、芷芬ちゃんが一番だったのかも~と。
本当に、惜しい娘さんを亡くしました。
私も、彼女には幸せになって欲しかったです。

>思いました思いました!
>私なんて、テレビに向かって、「そのまま(岩を)落としちゃえ!」と言ってしまいました(爆)
わ~い。ふく*たまさんまで(笑)
ちなみに、父も同じようなことを考えたようで、何やら云うておりました(笑)
(みんな、思うコトは一緒なんだわ(^▽^;)

>ねー、ちょっと酷いですよねー。
>息子への愛情は本物だったんだなぁとしんみり思った直後だけに、事実なんだけど、違和感のある言葉でした。
でしょー。
憎んではいたけれど、手は下せなかったわけだから、摩勒の中にも、父に対する情というのはあったはずなんですよね。
だから、もうちょっと、何か言いようがあるはずですよね。

本当にこれは、お亡くなりになってた方がスッキリしたかも、です。

>でも、何やかんやいいながら、十分楽しんだドラマでした(^^)
でしたね(^_^)
特に後半、しっかり盛り上がりましたし。

>『射英雄伝』も、楽しみですよね!
>初回から、ワクワクしながら観てます。
>先を知ってても、何回観ても楽しめちゃいますねぇ。
私もです。
どうやら、初回放送のときは、第1集を見逃していたらしく、特に新鮮な思いで見ましたが、
そうでなくても、これは本当に楽しめますね (^^)v
  • posted by rei★azumi 
  • URL 
  • 2010.02/10 18:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

rei★azumi

Author:rei★azumi
ヒト属ネコ科 コタツ猫亜種 読書ネコ
『神鵰侠侶』で金庸にハマった、金庸初心者。
とりあえず、金庸の小説全作品読破を目指すも、突如神鵰侠侶二次小説にハマる。
さて、この先、どうなりますことやら。

最近の記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

あし@

Pika_Mouse

powered by
3ET

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索