なんちゃって和裁 経過報告 その2

『射~』のレビューをサボって、浴衣を縫ってます(^▽^;)
だって、面白いんだもの (^^ゞ

ということで、まず……




脇を縫って、その縫い代と衿下、裾をくけまわします。

sitatenaosi2
(布団が写りこんでるけど、気にしないで下さい。私の部屋、押し入れ無いんで(~_~;)

次は衿付け。

男物の棒衿を、女物の“ばちえり”(下の方が少し広くなっている)に仕立て直すので、
布幅が足りないだろうというのは想定内でしたが
(こういう場合は、見えないところで足し布をするという手があります)
標し付けの段階で、丈も足りないことが判明。
“かけ衿”の下でごまかすことにして、真ん中で切って継いだら、実は計り間違い  というか、テキストの見間違いで、丈は足りていたことが判明。

だ~から、誤解を招くような書き方がしてあるテキストが悪いって!
(まあ、おかげで衿芯のつけ方が覚えられたけど)

と云うことで、予想外に手間食いました(~_~;)
そうじゃなくても、衿付けは曲線部分があって、布の重なりもあって、面倒だというのに!

衿がつきました。

erituke


続けて袖をつけます。

これはもう、真っ直ぐに縫ってから、袖の縫い代を絎けまわすだけなので、袖付けに比べれば、楽で、楽で~♪

袖がつきました。

sodetuke

後ろから見たところ。

usiro

あとは、袖付けのほつれやすいところ(みやつ口とかね)に閂止めをして、仕上げアイロン。
で、しっかりした板か何かの下に敷いて、半日くらい重しをして完成です。

一応、畳んだところ。

kannseimazika


で、縫ってみて思ったこと。
和裁には運針が肝心ですとテキストには書いてあったんですが、実際にやってみると、縫うよりはくける方が多いんですね。
で、ぬったところは、しっかり“きせ”をかけるんで、縫い目は多少踊ってても隠れちゃうんで、それよりは、くける方の針目をそろえるのと、縫い目には、こまめアイロンをかけるのが肝心です。

しかし……、
縫い直しって、意外なところが意外に大変で(-_-;)
(てか、いくら既製品だからって、左右の袵(おくみ)幅が違うってあり?)
今度、新品の反物で縫ったら、さぞかし楽でしょうなぁ(笑)


スポンサーサイト

コメント

NoTitle

すごい、凄い(*゜▽゜ノノ゛☆パチパチ
まあ、もう、できあがったの?
襟って、凄く、難しそう~
今年は、この浴衣で花火を見に行くのかな?

tyoroさんへ

ありがとうございます。

袵(おくみ)と背縫いを解かずに直したんで、
意外に早く出来上がりました。
(休みも多かったし(^▽^;)

>襟って、凄く、難しそう~
曲線のところに直線を縫い付けますからね~
ゆるみの入れ加減とか難しくて、
実は衿つけのところ、ちょっと攣ってます(^^ゞ

>今年は、この浴衣で花火を見に行くのかな?
花火はどうかな~と思うケド、
せめて一宮の七夕くらいは(^_^)

NoTitle

すごーい、もう出来上がったんですか?
仕事早っ!!

>ぬったところは、しっかり“きせ”をかけるんで、縫い目は多少踊ってても隠れちゃうんで、それよりは、くける方の針目をそろえるのと、縫い目には、こまめアイロンをかけるのが肝心です。

これは、実際に縫ったからこそわかるポイントですねー!

次回は、この浴衣を着た姿のお披露目ですね♪

ふく*たま さんへ

はい。出来上がりました~
そりゃァもう、熱心に、懸命に縫いましたから(笑)

>これは、実際に縫ったからこそわかるポイントですねー!

そうですね~。
その他、実際に縫ってみて、改めて納得する部分、多々ありで、勉強になりました。

>次回は、この浴衣を着た姿のお披露目ですね♪

(^▽^;)
また、鏡を使って写真を撮るかな~

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)