秋水長天

 遊子帰客 夢断故郷雲水之間    西風古道 回首一片秋水長天

Entries

ラタトゥイユのパスタ

某日、偶然材料が揃った~
 
 使い残しのナス           一本
 好奇心で買ったズッキーニ    半分
 酢豚にしそこねたカラーピーマン 赤、黄色 各1個
 なんとなく買ったトマト        2個
 もらい物のタマネギ         たくさん      と云う具合

~ので、ふと、ラタトゥイユなるものを作ってみようと思い立ちました。
で、どうせなら簡単に出来る方がいいな~と云うことで、ネットで検索しまして、実行したレシピがこちら

オリーブオイルがなかったので、サラダオイルにしたり、
うっかり、塩の入っていないトマトジュースを買ってしまって、
途中で気付いて、
(というか、どうせ残るんだからと、料理中にジュースを飲んでみて)
慌てて、スティックのコンソメを一本放り込む、という騒ぎもありましたが(^^ゞ
出来上がりは、初めてにしては上出来の味。
(多分、ビギナーズラックですね)

で、半分を夕食に食べて、残りに半分を、翌日のお昼に、パスタにしました。


ラタトゥイユのパスタ

これも、なかなか美味しかったです♪

が……

このラタトゥイユ、煮込み時間が10分でいいはずだったんですが、
実際には、野菜から水分が出るんですよね~

10分どころか、20分以上煮込んでも、まだスープ状態。
やむなく、水分  と云うより、はっきりきっぱり野菜スープ  は、すくい取って、
美味しくおなかにおさめました(^▽^;)
(濃厚で、野菜エキスたっぷりで、美味しかったです)

と云うことですので、このレシピで作ってみようと思われた方、
トマトジュースの量を加減するか、
いっそ、逆にジュースを多めに入れておいて、
一挙に野菜スープとラタトゥイユを作ってしまう、
(で、程よい頃合に、何かで漉して分けるんですな)
と云うのも、一つの手かと思います。


スポンサーサイト

Comment

おいしそーう! 

夏らしい1品(2品?)ですね~!
コンソメ入れたり、スープに転用したり、機転が利いてます。(私だったら、たぶん、塩を入れてるし、水分が飛ぶまでバカ正直に煮込んでます。か、そのままスープたぷたぷでテーブルに饗してます・笑)
レシピを参考に、私も作ってみよう♪
  • posted by ふく*たま 
  • URL 
  • 2010.07/13 15:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

美味しそうだねぇ~

私も、最近、作ってみようかな?な~んて、思ってたんですよ。

これは、トマトジュースを使うんですね、なんだか、いろんな作り方があるのね。
  • posted by tyoro 
  • URL 
  • 2010.07/13 17:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

ふく*たま さんへ 

ありがとうございます。
お皿を、青い縁取りのにしたのが、効果的だったかな(笑)

>コンソメ入れたり、スープに転用したり、機転が利いてます。

いえ、いえ。単に気が短いだけで(^^ゞ
あと、コンソメは、カレーを作るときとか、
キャベツが余ったときに、ポトフもどきとかで、
度々使って、重宝してますので(笑)

>レシピを参考に、私も作ってみよう♪

ぜひ、挑戦してみて下さい。
私の場合は、トマトジュースが濃厚すぎて、水分が飛ぶのが遅かったかもしれないので、
そのあたりは、適当に加減して下さいね(^▽^;)
  • posted by rei★azumi 
  • URL 
  • 2010.07/13 18:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

tyoro さんへ 

ありがとうございます。
実際、美味しかったんですが (^^ゞ

これ、基本的には、切って炒めて煮込むだけなんで(笑)
良かったら、挑戦してみて下さい。

>なんだか、いろんな作り方があるのね。

そうなんですよね~。
他にも、水煮のトマトを使うとか、本当に色々。
作り方検索してて、結構迷いました。
  • posted by rei★azumi 
  • URL 
  • 2010.07/13 18:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.06/06 08:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

rei★azumi

Author:rei★azumi
ヒト属ネコ科 コタツ猫亜種 読書ネコ
『神鵰侠侶』で金庸にハマった、金庸初心者。
とりあえず、金庸の小説全作品読破を目指すも、突如神鵰侠侶二次小説にハマる。
さて、この先、どうなりますことやら。

最近の記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

あし@

Pika_Mouse

powered by
3ET

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索