2011/05/20 (Fri) 父の入院 その3


適当なタイトルが思いつかないので(^_^;)
(そのうち、カテゴリーが介護日記になって、別タイトルがつくんでしょうケド)

それにしても、人生には予想外のことが多いとは云うものの、次から次から、こうまで予想外というか、予定外のことがおきますと……

えー、まずは、前回で書きました、『要介護認定』の申請の件ですが、被保険者証が期限切れのものしかないと思っていましたら、
実は、法律が変わって、あれがあのまま使えたんだそうです。
(通知があったんでしょうが、その気がなかったので、すっかり忘れてたわけなんですね~)
と云うことで、まあ、再発行手続きを受ける場合でも、期限切れにしても前の証書があれば簡単だろうと、その被保険者症を持参したのが幸いして、その場で申請を出すことが出来ました。
が。
訪問調査の日取りがですね~
病院の場合は6月の8日。自宅の場合は、5月30日。
で、最初、救急で運んだときの先生のお話では、入院期間は1週間。
その後のお話でも、脳の方は、これ以上悪化することはないから、受け入れの体制と、家族、本人の自信次第で~~って、これは前に書きましたね(^_^;)
なので、いくらなんでも6月8日までは病院に置いてもらえないでしょ。
かといって、リハビリやらなにやらの状況によっては、5月30日では、まだ病院の可能性もあるし、
何より、今日(つまり、申請をしに行った日からすると、翌日ですな)夕方のリハビリの立会いの後で、退院の予定やら何やらを立てるはずだったんですよ。

なので、訪問調査の日取りは、ひとまず未定にして、今日も半日お休みをもらって、約束の時間に病院へ云って見たら……
熱が出たので、いつものようなリハビリは出来ません、とのこと。

それでも、リハビリの担当者さんから、ちょっと説明を受けて、
相談員さんともお話をして、状況によっては、リハビリのできる科に移動することも可能、と云うお話も聞いて、
来週の火曜日に、リハビリの立会いと、再度の説明―ーと云うことに、話は決まったんですが……

その前にね~
目下、父が入院してるのは脳外科でして、底の病室は、最初に入り口でインターホンを押して、入室許可をもらってから入ってゆくシステムになってるんですが、
着替えをしてますからって待たされて、30分ぐらい立ってから、OKもらって入っていったら、
なんと、痰の吸引の真っ最中(@@!)

なんせ、元々が横なると5秒で鼾をかき出す体質の人なものだから、寝ている間に、痰が気管から肺の方へ入って行っちゃったんですな。
で、か~なり濃いのが大量に出てきて……
あ~、びっくらした (^_^;)

と、これも入院当日に先生から、どれだけ元気な人でも、入院して環境が変わると、劇的に痴呆が進みますからといわれていたし、母の入院のときで経験済みなので、ある程度の覚悟はして言ったんですが~
まあ、ねえ、
私が誰だかわかって、たま~にですが、倒れる以前の表情とか口調とかが戻ってくるのを、喜ぶべきなんでしょうが、ねぇ。
(もらった介護保険のマニュアルを読んでる私を見て、以前通りの表情で“にやっ”と笑ったときは、やけに嬉しかった(^^ゞ

夕食時間過ぎまでいたもんで、ご飯たべるところも見てきたんですが、なんか、心臓に悪かったですな。
口の中にあるものを飲み込む前に、また口に詰め込むんですもん。
喉に詰まらせやせんかと、ハラハラしました。

その他諸々、私自身が少々神経質なもので、もう、見てると気になって気になって……
ああいうのは、入院中は、なるべくなら看護師さんにおまかせした方が正解なんでしょうね。
(父も、食事中にあれこれ指図されるの、ヤだろうし)

え? 今回、ひょっとしてグチのオンパレード?

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(9) |


<<父の入院 その4 | TOP | 父の入院 その2>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

グチのオンパレード、OKOK!
そうやって吐き出さないと参っちゃいますよ。
普通の時でも予定外のことが起こると精神的にしんどいのに、これから一歩踏み出そうって時ならなお更です。なかなか思うようにならないことも多いでしょうが、上手にガス抜きしてくださいね。いくらでも聞きますから(^^)

2011/05/21 00:18 | ふく*たま [ 編集 ]


No title 

御無沙汰している間に
お父様、大変だったのですね…。

私の場合、ず~っと元気だった祖母が
介護が必要になった時、
家族全員、少なからずショックでした。
とはいえ、痴呆という程ではなく、
普通の老化の一環なんですが(^^;
今でも、祖母の具合が悪いと、
何とな~く、暗くなってしまいます。
週に3回デイサービスに行ってもらってますが、
メインでお世話をしている父は、
それでもストレスが溜まるみたいです。
だからやっぱり愚痴るのも大事だと思いますよ!
それと、使えるものは何でも使って、
お世話するreiさんの、心と体の健康を
保って下さいね!

ちなみに、祖母は、リューマチで
お箸が使えなくなって、
スプーン&手づかみだったのですが、
半年前から、お箸で食事に復活!
本人が痛がっても嫌がっても、
リハビリを続ける事は
大事なんだなと思いました。

お父様も、きっと快方に向かいますよ!

2011/05/21 11:13 | 阿吉 [ 編集 ]


大変だね。 

私も御無沙汰している間に ・・・大変な事になっていたんだね。こんな時は、忙しさで自分のことを二の次にしがちです。まずは、reiさんが健康に注意してね。長期戦覚悟で無理はしないことよ。毒は溜めないで吐き出してください。何も出来ませんが見守っています。

2011/05/21 18:43 | hana [ 編集 ]


追伸 

肝心な事を言ってませんでした。reiさんも体調維持に気をつけて、どうぞお大事になさってくださいネ。

2011/05/21 18:56 | hana [ 編集 ]


 

いいですよ。どんどんグチ言っちゃって下さい(^_^)
溜めっぱなしにしていると、精神的に参ちゃいますからね。言いたい事は何でも吐き出しても全然構いませんよ(^_^)

痰が気管の方から肺へ入って行ってたとの事みたいですが、痰や唾液以外に、食べ物、飲み物などの異物が肺に入ると肺炎になる可能性がありますので飲食する際は気をつけてなくはならない場合があります
私達は肺に異物が入って起こる肺炎を、誤嚥(ごえん)性の肺炎と言ってます

もし、飲み物を飲み込む時むせる様であれば、少しトロミをつけるといいですよ
薬局にも冷たい飲み物にも熱飲み物にも簡単にトロミが付く粉が販売してありますよ。

あと、reiさんの姿をみて笑顔になられる時もある様ですね
笑顔が見られると嬉しくてホッとしますよね(^_^)
すでに色々な事を話掛けられいるとは思うんですけど、お父様の体調が良い時に昔の話などの思い出話をしてみると言うのはいかがでしょうか。
脳に疾患があると新しい事は記憶するのが難しい場合がありますが、昔の事は結構覚えていると言う場合があるみたいです。なので、写真や本をなどを見せ思い出話をしたりすると、もしかしたら、色々な感情の変化があるかもしれません
それに思い出すと言う行為も脳のリハビリにもなるかと思いますし…。


あっ、すみません。
一方的にベラベラと書いてしまい失礼しました。

もしかしたら、reiさんの手元にある介護マニュアルに書いてある事ばかりだったかな…(^_^;)


2011/05/21 21:22 | 由香 [ 編集 ]


No title 

ご無沙汰してます
お父様大変でしたね
私も長い間!!認知症の身内の介護をしてました
大変さ解ります
愚痴ってください
決して自分の中に溜め込まないで下さいね
遠くからですが応援してます

ご自身の身体に気をつけて下さいね

2011/05/22 22:42 | しょうこ [ 編集 ]


ありがとう~ (^_^) 

みなさん、激励(?)のお言葉、ありがとうございます。
これで、また、パワーをチャージして、仕事&見舞い(まだ介護じゃないんですよね、病院ですから)に行ってまいります。


ふく*たま さん

ありがとうございます。
ときどき、こんな風に(?)バーッと吐き出しちゃいますケド、その時はよろしくデス(^_^;)


阿吉さんへ

ありがとうございます。

家族の健康、ついつい過信してしまいますものねぇ。
今どんことは、私もかなりショックでした。

>ちなみに、祖母は、リューマチで
>お箸が使えなくなって、
>スプーン&手づかみだったのですが、
>半年前から、お箸で食事に復活!

おお! それはすごい。良かったですねぇ。

>お父様も、きっと快方に向かいますよ!

ありがとうございます。
そうなってくれるように、望んでいます。


Hanaさんへ

ありがとうございます。
ほんと、自分の体調管理が一番難しそうですが(うっかりすると、ゴハンを食べるのを忘れそうになりますものねぇ(^_^;)
なんとか、無理をしないように気をつけてやってゆきます。


由香さんへ

ありがとうございます。
由香さん、専門家ですものねぇ。こういう友人がいてくれると、心強いです。
また、何かあったら遠慮なく質問させて頂きますし、
由香さんのほうも、気付かれたことがあったら、アドバイス、よろしくデス (^_^)


しょうこさんへ

こちらこそ、ご無沙汰~というか、掲示板の読み逃げはしてたんですけど(^^ゞ
しょうこさんも(もって、私はまだまだこれからですが(^▽^;)一杯大変な思いをされたんですよね。
なにかとアドバイスを頂きたいこともあるかと思いますので、これからもよろしくお願いします。

>ご自身の身体に気をつけて下さいね

ありがとうございます。
しょうこさんもね(^_^)

2011/05/23 08:18 | rei★azumi [ 編集 ]


こんにちは~ 

ドンドン、グチっちゃってくださね。
なんだか、病室に入るのにも、聞いてからなんて、すごい厳重な病院なんですね。
うちは、1カ月の入院でした。
脳外科は、早めに出されるみたいですよ。
リハビリ病棟に変われるなら、そのほうがいいかもしれませんね。

2011/05/23 15:56 | tyoro [ 編集 ]


tyoroさんへ 

> ドンドン、グチっちゃってくださね。

ありがとうございます。
この際なので、お言葉に甘えさせていただいちゃいます(^_^)

> なんだか、病室に入るのにも、聞いてからなんて、すごい厳重な病院なんですね。

これ、私も驚いてたんですが、これは、救急用の病室だったからのようで、
土曜日から、一般の病室(と云っても、まだ脳外科ですけど)に移りました。
よくわからないけど、もうちょっと入院させておいてもらえそうです。

> リハビリ病棟に変われるなら、そのほうがいいかもしれませんね。

その間に、介護保険の調査やら、今後の方針やら、決められますしね~
ほんと、そうできたらいいなと思います。

2011/05/23 20:22 | rei★azumi [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://reiazumi.blog112.fc2.com/tb.php/508-148c5807

| TOP |

プロフィール

rei★azumi

Author:rei★azumi
ヒト属ネコ科 コタツ猫亜種 読書ネコ
『神鵰侠侶』で金庸にハマった、金庸初心者。
とりあえず、金庸の小説全作品読破を目指すも、突如神鵰侠侶二次小説にハマる。
さて、この先、どうなりますことやら。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

最近のトラックバック

月別アーカイブ

あし@

Pika_Mouse

powered by
3ET

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索