父の入院 その5

状況、徐々に進展しつつありますので、とりあえず報告(笑)
(んで、少し気が緩んだら疲れが戻ったのかなぁ。やたら眠いっス(笑)

火曜日、水曜日とリハビリの立会いをやりまして(水曜日のは偶然なんですが)現在の状況では、自宅受け入れは無理、と云うことになりました。

で、脳のほうはこれ以上悪くはならない(でも、良くもならない(~_~;) と云うことで、リハビリのできる病院へ転院するという方向で、話を進めてもらうことになりました。
現在、打診してもらっている病院へ転院が決まると、家からも近くなって、顔を見に行くのも楽になるんですよね~。
その間に、介護保険に認定も受けられて、今後の方針が決められるし、私も色々勉強する時間が持てるし。

で、上記に伴い、訪問調査の日程も決まりました。
まだ、転院の日取りが未定なので、現在入院している病院で、手続きをしに行った時に候補に上がった6月8日(水)。
定例で、お休みの日なので、私も立ち会えます。
(というか、病院の場合、家族は必ずしも立ち会う必要はないんですね。知らなかった。驚いた(@@;)

あと、仕事やら病院やらで、バタバタと留守にしている間に、銀行さんが見えてたんですね。
で、翌日も素戻りさせては悪いし、入院費用やら何やらで、定期も、いずれ一本解約しなくてはいけないし――ということで、担当者さんに連絡を撮ってきてもらいまして、こうこうでと状況を話しましたら、
「お父さんに、確か傷害保険を掛けてもらってますよね」
………………さ、さすがプロ。
そういえば、私の分も一緒に手続きしたの、すっかり忘れてました(^▽^;)

と云うことで、証書を確認してもらって、パンフをもらって、アドバイスをもらって、早速保険屋さんに連絡。
どうなるかわかりませんが、いくらか下りるようです。
あと、定期の解約手続きの方も、すすっと進めてくれまして、
こういうとき、地縁ってありがたいなぁ。

で、↓のコメントでhanaさんが云ってくださった、なるべく話しかけて~ってことですが、
看護師さんも、なるべく車椅子に座らせて――とか、気をつけて下さってるようです。
で、私も表情を見ながら、話しかけたり、手を握ったりしてるんですが、あんまり“ぼ~っ”とした表情になってると、心配になって、
「わたしは誰? わかる?」
といったら、昨日なんか、いつもの口調で、
「さあ? お前さんは誰でしょう(笑)」
とーちゃん、今の状況じゃ、それ、冗談にならないって…… ヾ(--;)ぉぃぉぃ

ところで、転院予定の病院の位置確認やら、現在車に乗せてある道路地図が重過ぎて、持ち運びに不便なので(家で見たいこともありますし)
病院へ行く途中で、小さ目の軽いのを一冊買いまして、それを父に見せたんですね。
そうしたら、漫画や雑誌にはあまり興味を示さないのに、それは結構、パラパラめくって見てました。
てことで、起こしておくためにも、地図をもう一冊かって、渡しておくかなぁ(笑)
スポンサーサイト

コメント

オットの母が骨折で入院した時、本も雑誌も読まない人なので、何もすることがなくてボケるんじゃないかと心配しましたが、イヤホンでラジオを聴いて一日過ごしてました(テレビは有料だったので見なかったらしい)。
やはり、何か興味のあるコトで時間を過ごされるのがよいでしょうね。
しかし、ユーモアのあるお父様で・・・(^^;)

それと、病院から説明を受けられたかもしれませんが、お父様が70歳未満なら「限度額適用認定証」を交付してもらうことができると思います。
病院の窓口での支払いが、自己負担限度額までで済みます(保険対象外のモノは別ですが)。
健康保険の場合はけんぽ協会ですが、国民健康保険の場合は市役所で交付してくれると思います。
(70~74歳であれば、「高齢受給者証」がその代わりになるので手続き不要です)
すでにご存知のコトだったらすみません(^^;ゞ
私もあまり詳しくはなくて聞きかじりのコトなんですけど・・・

これから順調に進むといいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)