2011/07/10 (Sun) きんきょー(近況ですって (^▽^;) 移動しました~

はい。予定通り、老健に移りました。
で、仕度やらナニやらでバタバタしてるうちに、梅雨、明けてしまったようですね (~_~;)

さて。

病院ではパジャマで済みましたが、老健では普段着が必要。でもって、全ての持ち物に記名が必要、ということで、定例の休みに当る水曜日に、不足分の下着やTシャツ、ズボンなどを買い揃え、ついでに「お名前シール」も買って来て、アイロンでペトペト。
あと、料金の銀行振りかえのための書類やら、緊急連絡先の記載。
(で、本来は3件書かなきゃいけないところを、親戚が皆遠方なので、2件にしてもらって、八事裏山在住の従姉のところにTELして名前だけ借りて)
で、これが、途中で力尽きちゃいまして、名前貼り、結局土曜日の朝になだれ込んだという(笑)

で、食事して、身支度して、電車の時間やら、帰りの路線やらを調べているうちに、あっという間に出かける時間。
(5時半起きして正解だったわ(^▽^;)

で、ある程度のものは前日に用意して、病院へ運び込んでありましたので、比較的軽装で病院へ。
そこで、病院においてあったパジャマやらタオルやらを大きなカバンに詰めなおし、
事務の担当者さんが請求書を持って見えたので、ATMでお金を下ろして支払いを済ませ、
(これが結構待たされました。で、待ってる間にはじめて、会計のところの上に壁に、奇麗な壁画が欠いてある野のにがついたという(笑)
看護師さんが、老健に渡すための書類を持ってみえたので、説明を聞き、
突然、父がトイレとか言い出したので慌て(^▽^;)
(小さい子と一緒だから)
と、そうこうするうちに時間が来て、介護タクシーの運転手さんが、看護師さんと一緒に病室までお迎えに来て下さいました。
で、さすがプロ、手馴れたもので父を車椅子に誘導、大荷物まで可能な限り車椅子の後ろに積んでくださって、タクシーまで移動。

で、介護タクシーって、後ろからスロープが出て、ゴムの先に鉤のついたので車いす引っ掛けた上で、車に乗せて固定して、その後から荷物を積むんですな~。
初体験なので、興味津々……って、これとか救急車とかは生涯体験しない方がいいですが。

でもって、運転手さんと、介護やら今時の治療やらなにやらかにやらについてお話しながら、一路『いつきの里』へ。
(しかし……私が『いつきの里』から病院へ行った時に通った道とは違ったようだけど、どの道を通られたんだろう?)

で、目的地でも、荷物から父の積み下ろしまで(ヾ(--;)ぉぃぉぃ)やってくださって、料金は三千円丁度でした。
(病院の相談員さんのお話では、予算は三千円から六千円の間って事だったので、もうちょっと行くかなと思ってたんですが)

さて、そうしまして、
『いつきの里』のスタッフさんたちのウエルカムを受けまして、向こうの車椅子に乗り換え、まずは、父の部屋がある3階へ。
(荷物用には、ちゃんと台車が用意してありました)

介護師のK田さんと云う、一見強面の、実態は優しいお兄さんに、まずは油性マジックを渡され、もって行ったパジャマやら、名前の書いてないモノに改めて記名しながら、施設やサービスのの説明等――1日の生活の流れ、お風呂とリハビリのある曜日etc……を受け、持って行った荷物をロッカーに仕舞い、
お昼になったので、父を食堂へ連れて行っていただいて、私は入所手続きをしに一階へ。

支援相談員で副主任でもあるF井さんから、改めて施設のあり方やら個人情報の取り扱いやらについて説明を受けながら、契約書etc……にサイン。
さらに、リハビリ担当のF川さんとK藤さんに、リハビリについて説明を受け、これまたサイン(^▽^;)

再び3階に戻り、K田さんからベッドやトイレの扱いについて説明を受けた後、
「お風呂も見て行かれます?」
「是非」
と云うことで、1階の浴場へ案内されました。

歩けない人とか座れない人って、お風呂用の車椅子があるうえに、椅子に座って、自動でって言うか、機械仕掛けで浴槽に入れるようになってるんですね~。
昔々のSF漫画の世界が、現実になってるんだなぁ……。
って、ひたってる場合じゃないけか(^^ゞ

ともあれ、こんな具合で色々説明を受け、わからないことやら困ったこと、不満があったらどんどん云って下さいといわれ、
よろしくお願いしますと、父を預けて出て来たのはいいんですが……
駅はどっち?????

と思いつつ適当に歩いていたら、営業中の漫画喫茶が目に付いたので、とりあえず飛び込んでお昼。
(で、JINの最終巻があったので、思わず手に取っちゃいました(^▽^;)
……はいいんですが、ランチでオムライスセットを頼んだら……
まさか、普通サイズのオムライスに、普通サイズのエビフライが2本に、山盛りのキャベツがつくなんて。
しかも、アイスコーヒーを頼んだら、どう見てもビールの中ジョッキで持ってくるなんて。
こうとわかってたら、デジカメをもって言ったのに~ (違う~(^▽^;)

ともあれ、そこで駅への行き方を聞いて、
それだけでは良くわからなかったので、途中、通りすがったご老人にも道を聞いて、なんとか駅へ辿り着き、あとは電車の接続は非常にいい具合だったので、4時ちょっと前くらいに帰ってまいりました。

で、今日も色々あったんですが、その話はまた明日にでも。
では、では……


スポンサーサイト

日記、ひとりごと | trackback(0) | comment(4) |


<<きんきょー(近況ですって (^▽^;) 自主的サマータイム | TOP | 寝すぎたッ!>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

お疲れ様です~。
持ち物に名前を書かなきゃいけないんですねぇ。
知らないことがイッパイ、今後参考にさせてもらうことがあるかもしれない、と興味津々で(申し訳ないですが・・・(^_^;ゞ)拝読しました。

それにしても、漫画喫茶のランチセットのボリュームはすごそうですねぇ。それはぜひ画像で見てみたかった(笑)
漫画を読みながら、いくらでも時間かけて食べてくれていいですよ~、ってことでしょうか。

2011/07/11 15:05 | ふく*たま [ 編集 ]


 

お疲れ様でした(^_^)予定通り、老健に移ることが出来て良かったです。

全ての持ち物に名前…。
職場でも家族の方が持って来た物や入居者の名前が消えかかった物に油性マジックで、直接、物に書いてるんですが、コレが結構大変なんでよね。物によっては(スエット生地とか)にじんで見えづらくなるし、黒っぽい生地や黒い靴下にマジックで書いても見えないから、白糸で入居者の方の名前を「刺しゅう」したりしてましたね。
あと、沢山の書類に印鑑を押して、サインをしなくちゃいけないし大変なんですよね。旦那の亡くなった、おじいちゃんが特老に居たんですが、「介護計画書にサイン下さい」ってTELがあったら
必ず印鑑を持って行ってましたね。

梅雨も明けて、これから暑くなりますからね、疲労と暑さでダウンしない様に、休息をとって、あまり無理なさらないで下さいね(^_^)

2011/07/11 23:25 | 由香 [ 編集 ]


ふく*たま さんへ 

ありがとうございます。

> 持ち物に名前を書かなきゃいけないんですねぇ。

病院でもそうでしたが、全く厳密じゃなかったですからねぇ(笑)
ここの場合、例えば歯磨きセットは全員分がまとめて洗面所に置かれ、食後は各自が歯みがきをする、というシステムになってますし、その他色々、必要があるんでしょうね。

こういうところに関する知識は、本当は、役に立たない方がいいんですが(苦笑)

> それにしても、漫画喫茶のランチセットのボリュームはすごそうですねぇ。それはぜひ画像で見てみたかった(笑)

でしょ。私も、是非画像でお見せしたかったです。比較で、横にマッチを置いてね(笑)

> 漫画を読みながら、いくらでも時間かけて食べてくれていいですよ~、ってことでしょうか。

かも知れませんね~。
1時間以上立つと、何分にいくらで超過料金が発生しますが(^▽^;)

2011/07/12 07:21 | rei★azumi [ 編集 ]


由香さんへ 

ありがとうございます。
正直、結構疲れました~(笑)

> 職場でも家族の方が持って来た物や入居者の名前が消えかかった物に油性マジックで、直接、物に書いてるんですが、コレが結構大変なんでよね。

うわぉ! それはお疲れ様です~(~_~;)
家族の方、せめて洗濯の度に見直して欲しいですよね。

>黒っぽい生地や黒い靴下にマジックで書いても見えないから、白糸で入居者の方の名前を「刺しゅう」したりしてましたね。

あ、やっぱり。
私も、目下靴下に名前を「刺繍」中です。
あれって、片仮名でもいいのかな~(笑)
(てか、漢字のフルネームでっていわれたら、泣きますからね(笑)

> 梅雨も明けて、これから暑くなりますからね、疲労と暑さでダウンしない様に、休息をとって、あまり無理なさらないで下さいね(^_^)

はい。ありがとうございます。
と云いつつ、現在の父の状況では、なかなか休息もさせてもらえないようですが(^▽^;)

2011/07/12 07:29 | rei★azumi [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://reiazumi.blog112.fc2.com/tb.php/520-619616fe

| TOP |

プロフィール

rei★azumi

Author:rei★azumi
ヒト属ネコ科 コタツ猫亜種 読書ネコ
『神鵰侠侶』で金庸にハマった、金庸初心者。
とりあえず、金庸の小説全作品読破を目指すも、突如神鵰侠侶二次小説にハマる。
さて、この先、どうなりますことやら。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

最近のトラックバック

月別アーカイブ

あし@

Pika_Mouse

powered by
3ET

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索