秋水長天

 遊子帰客 夢断故郷雲水之間    西風古道 回首一片秋水長天

Entries

『チーズ スイートホーム』と『ふくふく ふにゃーん』

ふく*たま さんからお借りしている本です。

チーズスイートホーム(1) (モーニングKCDX (1943))チーズスイートホーム(1) (モーニングKCDX (1943))
(2004/11/22)
こなみ かなた

商品詳細を見る

(帯には『この子猫、拾ってください』と書いてありますが、本当に拾いたくなりますね(笑)

ママと兄弟たちとお散歩に出て、いきなり迷子になった子猫。空腹で行き倒れになった所を、ある家族に保護され、猫自身の思い込みから、チーという名前になり、(このエピソードも、かなり笑えますが)最初は、一家の住むマンションがペット飼育不可なところから、引き取り手を捜していたはずが、いつの間にやら家族の一員となり……

チーズスイートホーム(5) (KCデラックス)チーズスイートホーム(5) (KCデラックス)
(2008/04/23)
こなみ かなた

商品詳細を見る

(もう、こんなに元気)

元気な女の子猫、チーをめぐる、ほのぼのして、かなり笑えるハートフルコミックス……かな(^^)
で、とにかくチーが可愛いんです。
特に、萩尾望都さん仰るところのチー語――って、生後2~3ヶ月の子猫だから、舌が回ってないわけなんですが、
「おうち かえうー」
「いーとこらー」
「オトーサン ヨーヘー たつけて」
という具合に、ほぼラ行がア行、ダ行がラ行、サ行がタ行になってまして、これ、続けて読んでたら、こちらまでうつってしまいまして、
朝、出社して、お仕事用のチェックリストがどこかへ消えてて、思わず、
「あえ?」 ヾ(^o^;オイオイオイオイ・・・
(いや、口に出したりはしませんけどね(笑)

んで、とにかく元気で、一生懸命で、表情豊かなところがいいですね。
オトーサン、オカーサン、息子のヨーヘーもいい味出てますし。
最初は怖そうだった、同じマンションに住む『クロいの』とのかかわりも、なにやらしみじみさせられて、実にいいし。
思い込みやら勘違いやら、あと、迷子になったり困ったり、当てが外れて涙目になっちゃう所も可愛いし。

あ、そうそう。迷子といえばチー、4巻で一家が引っ越したペット可のマンションも含め、チー、武侠ドラマに並にかなり狭い範囲をウロウロしているらしく、
チーが通ってる塀の上で、ママと兄弟らしい猫たちがお昼寝していたり、
知り合いになった三毛おばさんに連れられてゆく途中の壁に、『探しています』という、チーの似顔絵つきの紙が貼ってあったり、
チーが歩いてるちょっと向こうの道を、ママと兄弟らしい猫が通ってたりと、こういうところの描き方が実に上手いです。

で、貸していただいたのが5巻までですが、どうやら全8巻なのかな? ママと再会できるかとか、先が気になって、行きつけの本屋さんに全巻揃ってるのを見て、思わず大人買いしかけましたが、そこはちょっと自制をかけて(笑)
図書検索かけてみたら、借りられるんですねーこれが。
ということで、今度予約しておいて6~8、借りてみようと思ってます。


ふくふくふにゃ~ん こたつの巻 (講談社漫画文庫)ふくふくふにゃ~ん こたつの巻 (講談社漫画文庫)
(2004/12/10)
こなみ かなた

商品詳細を見る

(あと『ごはんの巻』『縁側の巻』『原っぱの巻』をお借りしています)
こちらは和テイスト。
で、よろずやを営むおばあさんと、ちょっと目つきの悪い三毛猫の『ふくふく』との日常ですが、これがもう笑える笑る。
大人猫な分、行動範囲も広いし、その分失敗も悪さ(と、本猫は思ってないでしょうが)もグレードアップしてるわけですが、
ページめくる毎に――と言っては大げさでが、とにかく随所で、「くすっ」「にやり」「ぷっ」「ぷくくくく……」から「きゃはは……」まで。
これの面白さは、実際に読まなきゃわからないですが、とにかく笑わせていただきました。

あと、両方ともですが、擬音がなんとも絶妙――というか、いい味を出してますな~。
チーが走るときに、タララララー(勢いが付くと、ダララララーになる)から、ミウク――じゃない、ミルクを飲んだりご飯を食べるときの、ちゃっ ちゃっ ちゃっ というのはもちろんですが、ブラッシングされるときの、
 く~し く~し
「はわ?」
くしし~ くしし~
「はわわわ~」
それと、ふくふくがコタツで温まりすぎたときの 『ほが ほが』なんて、いかにも――って感じで、読みながらニヤニヤしてました。

ふく*たま さん、楽しい本をありがとうございます。

あ、そういえば……
三毛猫ってコトは、ふくふくも女の子猫なんでしょうか。(そうは思えないような、でも納得できるような(笑)
スポンサーサイト

Comment

 

チーズ・スイートホーム…これ私も好きです(^^)。確しかアニメ専用チャンネル「キッズステーション」でアニメになったのを見ました(^-^)

チーの表情や行動には笑えますね。アニメではオトーサンがチーの為に沢山の玩具を買い込んだりして 「チーが好きなんだぁ…」とほのぼのしちゃいました。( ̄ー ̄)

アニメは知ってますが原作は知らないので、読んでみたいですね♪
  • posted by 矢神由香 
  • URL 
  • 2012.02/26 17:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

由香さんへ 

そう、そう。5巻の帯に、ついにアニメ化って書いてありましたっけ。
ということで、コメントのお返事入れる前に、ちょっと動画を探したら……
ありました。やっぱ、可愛いですね~。
で、ほぼ原作に忠実なようです。
(というか、コミックのあの絵が、そのまま動いてるんで、より可愛い♪

>オトーサンがチーの為に沢山の玩具を買い込んだりして
でも、チーはビニール袋の方へ行っちゃうんじゃありませんでした?
なんにしてもオトーサン、チーに甘いみたいですけど(^m^)
でも、チーもオトーサン大好きみたいですよね(笑)

>アニメは知ってますが原作は知らないので、読んでみたいですね♪
はい。原作は原作でいい味出てますので、機会があったらぜひ。
  • posted by rei★azumi 
  • URL 
  • 2012.02/27 19:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

楽しんでいただけて何よりです~(^ー^)
可愛いチーとしたたかなふくふく、対照的ですが、どっちも「猫ならでは」な行動で笑わせてくれたり、ほのぼのさせてくれたり、楽しいですよね。
私は、「チーズ~」を読んで、スーパーボールを買ってみたんですよ。チーみたいな反応を期待して。。。
でも、結果は惨敗(爆)
ウチのコたちには、全然ウケませんでした(T_T)
なので、オトーサンの気持ちがよーくわかります。
それにしても・・・「チーズ~」を置いているなんて、何て素敵な図書館なんでしょう!羨ましい!!
  • posted by ふく*たま 
  • URL 
  • 2012.02/27 23:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

ふく*たま さんへ 

本当に、素敵な本をありがとうございました。
チーにもふくふくにも、日々和ませてもらっております。

>私は、「チーズ~」を読んで、スーパーボールを買ってみたんですよ。チーみたいな反応を期待して。。。
>でも、結果は惨敗(爆)

あららら……。それは残念。
猫ちゃんによって、反応が違うんですね~。
でも、そのあたり(個性や反応がさまざまなあたり)も、興味の尽きない所では?

>それにしても・・・「チーズ~」を置いているなんて、何て素敵な図書館なんでしょう!

そうなんです。これには、ちょっとビックリ。
購入を決められたのはどなたかわかりませんが、いいセンスですよね~。
(それとも、購入リクエストがあったのかしら(^.^)
  • posted by rei★azumi 
  • URL 
  • 2012.02/28 18:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

rei★azumi

Author:rei★azumi
ヒト属ネコ科 コタツ猫亜種 読書ネコ
『神鵰侠侶』で金庸にハマった、金庸初心者。
とりあえず、金庸の小説全作品読破を目指すも、突如神鵰侠侶二次小説にハマる。
さて、この先、どうなりますことやら。

最近の記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

あし@

Pika_Mouse

powered by
3ET

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索