スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『いつきの里』夏祭り

去年は、前日だかに父が熱を出しちゃいまして不参加でしたが、今年は体調万全(?)
と言うことで、参加してまいりました。

夕方は6時から開催ということなので、5時10分くらいに家を出発。
(片道30分はかかりますからね~)
開催場所が駐車場――ということなので、まずは参加者用に用意されたご近所の――検索書けたら結構でかい工場みたいですな――の駐車場へ。
で、そこから『いつきの里』へはシャトルバス――って、デイの人の送迎用のワゴン車ですがな(^▽^;)

んで、到着しましたら、入所者の家族は各階へ行って、本人と一緒に降りてくださいとの指示を受けまして、職員さんの誘導に従い、父と一緒に会場に用意された席へ。
その前に記念品として、去年は可愛い金魚模様の扇子だったんですが、今年は金鯱を印刷した日本手ぬぐいをいただきました。
今回のお祭りのコンセプトが『地元愛知』“みんな寄りゃあせ 踊りゃあせ”なのよね。
……って、ちょっと待て。それ、『稲沢音頭』の文句じゃないのか? (^▽^;)

んで、後は適当に水分補給したり、屋台コーナーから食べ物を買ってきたりしながら、出し物の見物。
小学生くらいのお子さんたちが頑張っている『一宮萩原保存太鼓』の演奏や、
スタッフさんたちによるフラダンス、
か~なり本格的な感じのフラメンコ、
途中、スタッフさんたち手作りの鯱(シャチ)の目玉いれもあったり、
などを楽しむ……と言うプログラムになっていたんで・す・が、
用意された席が、ステージと横並び~~って、これは皆さんそうなんですが~~で、
あと、まあ、もっぱら父の方に気を取られてて、ほとんど見えませんでした(泣)
ま、予想はしてましたがね(~_~;)
(ちなみに、父のほうはっていうと、あちらで用意してもらえた食べ物――りんごゼリー、焼き鳥とお好み焼き、水分補給用のお茶――に、気を取られてたみたいで……。
と言っても、甘い、辛いの違いくらいはわかるようですが、何を食べてるのかわかってるかは、見ててはなはだ疑問です。
で、つくづく思うんですが、認知症とかなっちゃうと、後の人生つまらないですからね~。
皆さん、気をつけて、早めに対策立てましょうね)

と、そうこうするうちに、最後のプログラムの盆踊り。
(これもね~。父が、もうちょっと“しゃきっ”としてたら、踊りに参加したかったんですが ヾ(--;)ぉぃぉぃ)
ともあれ、定番の『炭坑節』やら郡上の『かわさき』『春駒』を見物するうち、それぞれにスタッフさんから声がかかり、入所者は各階へお帰り。
なるほど、閉会式までいると、帰りが込み合って大変ですものね~。

んで、建物の入り口まで付き添いまして、後は、良かったら、ここからはお引き受けしますよ~というスタッフさん(てか、副所長さんでした)のお言葉に甘えて、父をお任せして帰途に着きました。

ん~。予測はしてたけど、なんか気疲れ~(~_~;)

にしてもねぇ、
『いつきの里』の皆さん、別に、淡々と日常とリハビリだけをやっててくれても、誰も文句は言わないだろうに、こういうイベントを企画して、フラダンスとかも練習して、
看板やプログラム作ったり、お客さんの誘導やら送迎やら、
(駐車場の担当になった人なんて、蚊に喰われなかったかしら(^▽^;)
本当に、ご苦労様でした <(_ _)>ペコ

スポンサーサイト

コメント

お祭り、良いですね。
夏を感じる事が出来るので、
お祭り大好きです(^^)

日常のリハビリだけ、とかだと、
やっぱり飽きてしまうというか、
職員の皆さんも色々考えて、
こういうイベントを
企画して下さるんでしょうね。
変化ってやっぱり脳にも良い気がしますし。
お父様も実は喜んでらっしゃるのでは?

何より、reiさんの息抜きになったのなら
良かったと思うのですが、
気づかれも…やっぱりしますよね(^^;

阿吉さんへ

>お祭り、良いですね。
ですね(^^♪
ここ2~3年行きそびれておりますが、一宮の七夕祭りとか、屋台を冷やかして歩くの、結構好きです(笑)

入所者でも小さいお孫さんのいらっしゃる方とか、デイに通って見える方などには、家族交流の場にもなって、良かったかもしれませんね。
屋台の他に、ゲームなども用意されていましたし。

父のほうは……以前と変わらず、誰に対しても愛想はいいんですが、そのほかはほとんど反応がなくて(^▽^;)
(とにかく喋らないし、たまに喋っても、聞き取れなくらい声が小さいし)
真剣に、現在何をどう感じているか、覗いてわかるものなら脳の中を覗いてみたいと思います ヾ(^o^;オイオイ・・・

秋には又文化祭がありまして、そちらのほうは、ちょっと息抜きが出来るんですが(笑)

施設のスタッフの方も、季節感などを大事にして、いろいろ工夫されているんですね。
企画実行はとっても大変なことなんでしょうけど、入所者や利用者だけでなくて、スタッフの方も楽しんでいるのかも・・・。
お父様にも何か刺激になっていればよいですね。
普段のお祭りのように楽しむことはなかなか難しいかもしれませんが、雰囲気を味わうだけでも・・・(^^;)

ふく*たま さんへ

>施設のスタッフの方も、季節感などを大事にして、いろいろ工夫されているんですね。
はい。お花見とか、買い物リクリエーションとか、内部のイベントも色々ありますし。
で、本当だったら、かなり脳にいい刺激になるハズなんですが……(^▽^;)

ところで、
今日行ったら、玄関の所に、鯱が飾ってありました。で、
「あれ、お祭りのときのですよね」
「まだ、しまっちゃうの勿体無いかな~と思って」
「良く出来てますもんね」
てなことで、本当に、スタッフの皆さんも楽しんでおられるようでした。

さあ。次は文化祭だ。
(こちらは、ほぼ半日のイベントなので、かなりゆったり出来ます♪)



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。