遊子帰客 夢断故郷雲水之間    西風古道 回首一片秋水長天
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
楊過 下絵
2012年08月30日 (木) | 編集 |
sitae

昔、同人もどきをやっていた頃の友人の評によりますと、私の絵は、ペン入れや彩色をする前の下絵の段階のほうが色っぽい。
(い……色っぽいって。ねぇ(^▽^;)

と言うことなので、ちょっと下絵をUPしてみました。

……って、実はこれ、お絵かき本を見ながらポーズの描き方の練習をしていたら、偶々、顔が気に入った感じになったので、「えいっ!」と、作品にしちゃったわけですが (^^ゞ
で、元絵の方は実は、左右逆に書いてありまして、
それを、スキャンしてから、CGソフトで左右逆転させてあります。

こういう点も、CGソフトって便利だな(笑)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
いいですね~♪
楊過らしいポーズだ(と私は思うのですが)。
それとちょっと風にゆれてるような髪がいいなぁ。
彩色されるとどんな雰囲気になるのか、それも楽しみです(^ー^)

鉛筆書きの下絵とペン入れや彩色した後とで雰囲気が変わることってありますよね。その昔(主に学生時代)、私もいろいろ描き散らしてましたが、もっぱら下絵だけで色はつけられませんでした。下手なんで、全然別物やがなー、トホホ・・・ってことばかりだったので(^^;ゞ
2012/08/31(金) 00:13:47 | URL | ふく*たま #maBIPWaU[ 編集]
ふく*たま さんへ
ありがとうございます(^.^)
長髪っていうと、つい、風に流したり舞わせたりしちゃうんですが、
ちょっと、いいでしょう(自慢)(^^ゞ
で、目下、背景を夕景の海岸にしようと、参考資料やらお手本やら見ながら、四苦八苦している所です。
何とか、格好が付くといいんですが。

>鉛筆書きの下絵とペン入れや彩色した後とで雰囲気が変わることってありますよね。
あります、あります。
鉛筆書きの雰囲気って、どれだけ巧くトレースできても、出ないんですよね~。
というか、下絵の上にトレーシングペーパーを置いて、鉛筆でなぞっても、すでに別物だし(^_^;)
これはもう、技術とは別の問題……なのかもしれませんね。

彩色といえば……
以前にふく*たまさんがUPされた梅の精とか、素敵でしたよ。
機会がありましたら、又、ぜひ。
2012/09/01(土) 07:09:57 | URL | rei★azumi #1t.FV5WQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック