2012/09/17 (Mon) 三国志魂(スピリッツ)

三国志魂 上三国志魂 上
(2012/03/28)
荒川弘、杜康潤 他

商品詳細を見る


三国志魂 下三国志魂 下
(2012/03/28)
荒川弘、杜康潤 他

商品詳細を見る


見てお分かりの通り、ハガレンの荒川さんと、孔明のヨメの杜康さんによる、三国志演義全120回の解説本。
で、2ページが1回分で、向かって右(偶数ページ)があらすじと、荒川さん、杜康さんによるトーク&人物紹介(字、細かっ(^▽^;)
左(奇数ページ)が荒川さんの4コマ漫画2つ、という構成になっておりまして、
上巻の最初のほうのページに、三国志を知らない方大歓迎としてありましたが……
多分(読書メーターにも書いてる人、いたと思いますが)まったくの素人には、きっついんじゃないかなぁ。
で、どっちかと言うと、「あらすじなら、大体わかってま~す」の初心者レベルから、「程普って渋いよね~」「え~っ? 王平のが、いいじゃん」の、中級レベルくらいまでの人が、一番楽しめるんじゃないかなぁ。と、感じました。
(実際、初級と中級の境目くらい? な私は、思い切り楽しめました)

それと、小説で孔明さんの死後の三国を書いてるのは柴田錬三郎くらい――って、ずっと以前に誰かが書いてましたが、これはその後の蜀の滅亡から晋の成立まで、きちんとやってくれてるのが嬉しい――って、『演義』の解説だから、当然っ茶当然ですが。
んで、孔明さんの南征なんかも、楽しそうに解説されてまして――返す返すも、ドラマの『三国志』の、ここのばっさりカット、勿体無かったなぁ。

あと、20回ずつの6章構成になってまして、各章の終わりに、、名前やら度量衡やら八陣図やらの解説コラム(当然、漫画です)が入ってるのも嬉しいです。
特に八陣図に関するコラムなんて、もともと81通りのパターンが合ったのを、孔明さんが改良を加えて365通りのパターンを作ったらしい、という杜康さんの解説にたいする、「日替わりで使えるじゃん!!」という荒川さんの感想が、妙にウケちゃいました。
でも、底まで行くと、研究熱心通り越して、荒川さんが書いておられるとおり、オタクですよね~。
(仲達が挑戦して、破れなかったわけだよ)

それと、当然のことながら4コマ漫画が――ちょっと簡略化したほうの絵で描かれてまして、結構――というより、かなり無茶なのもあるんですが、これが、実に面白い。
馬超のキャラとか、『虎体猿臂・豹腹狼腰』をそのまま描いてあるんで、もう人間じゃねぇ~つか、ほとんどキメラだし(^▽^;)
工作マニアの孔明夫人(月英って名前が一般的になってきてるんですね。でもって、インド系美人説も出てました)は、ダンナのために、亡き法正のサイボーグ化復活を計画してたり、自分と息子のロボを作っちゃったり、
劉備の必殺技が、長い腕を生かした遠心力攻撃だったり――その他もろもろ、書いてるとキリがないんですが(^^ゞ
とにかく、しばらく、繰り返し読んで楽しめそうでです。

が、それにしても……
何で、荒川さんのキャラが牛で、杜康さんが犬?
(可愛いからいいんですが)
スポンサーサイト

読書(中国もの) | trackback(0) | comment(7) |


<<KAN-WOO/関羽 三国志英傑伝 | TOP | 重陽>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

この本…実は『孔明のヨメ』購入前に本屋で見つけて買おうか辞めようか迷って結局買わなかった本ですね(^^;

読んでみたいなとは思ったんですけど、『三國志』と言う名前と、数人の登場人物…関羽、劉備、諸葛孔明、あと、趙雲でしたっけ …それぐらいしか知らない、内容はさっぱり分からない状態( ̄▽ ̄;)…。と言う私なんで、読んでも満足度が得られないかもしれないと思い購入をしなかったんですね。
けど、おもしろそうなので、理解できるか分かりませんが、読んでみたいです(^^)

2012/09/17 14:44 | 矢神由香 [ 編集 ]


由香さんへ 

やっぱり、目に留まってましたか。
私もこれ、買おうかどうしようかと、見つけてから3ヶ月くらい迷ってましたからね~。
(で、読書メーターで評価を見てから、買ったわけですが)

まぁ、三国志に興味があって、ちょっと根気があれば、
あらすじと、人物の解説があるから大丈夫、とは思いますが、
4コマ漫画が、内容的にかなり飛んじゃってますから、
問題点は、そのあたりが気に入るかどうかですねぇ。
(1ヶ月くらい先でよければ、お貸ししますから、良かったらシークレットで住所入れといてください)

2012/09/17 16:55 | rei★azumi [ 編集 ]


 

あ~、これ、すごく気になってた本です~。
やっぱり面白そうだなぁ。本屋さんで探してみよう。
・・・しかし、また三国志ブームなんですかね?

2012/09/17 21:31 | ふく*たま [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/09/19 00:07 | [ 編集 ]


ふく*たま さんへ 

>あ~、これ、すごく気になってた本です~。
やっぱり? 
三国志好きには、気になりますよね。
由香さんのあとでよろしければ、お貸しできますが、どうしましょう?

>・・・しかし、また三国志ブームなんですかね?
なんだか、そんな感じですね。
折角だから、三国志→華流→武侠、と盛り上がっていってくれればいいのに(笑)

2012/09/19 16:24 | rei★azumi [ 編集 ]


 

お心遣いありがとうございます。
私も何だか三国志熱が再燃してるようで。。。
reiさんのレビューを読ませてもらって、これは買いだな!と思ったので、購入するつもりです(〃∇〃)

2012/09/21 00:51 | ふく*たま [ 編集 ]


ふく*たま さんへ 

了解です。
ふく*たまさんのお気に入りポイントはどこになるか、とか、ちょっと楽しみ~(笑)

三国志熱再燃と言えば、この本のおかげで、これまで拾い読みしか出来なかった柴錬三国志の五丈原以後の部分が、ようやく通し読みできました。
それだけでもこの本、お買い得だったかも(笑)
(つまり、それだけ、孔明さん亡き後の三国志はつまらなかったってことですね。姜維とか、負けてですし(-_-;)

2012/09/21 07:05 | rei★azumi [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://reiazumi.blog112.fc2.com/tb.php/612-29edec56

| TOP |

プロフィール

rei★azumi

Author:rei★azumi
ヒト属ネコ科 コタツ猫亜種 読書ネコ
『神鵰侠侶』で金庸にハマった、金庸初心者。
とりあえず、金庸の小説全作品読破を目指すも、突如神鵰侠侶二次小説にハマる。
さて、この先、どうなりますことやら。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

最近のトラックバック

月別アーカイブ

あし@

Pika_Mouse

powered by
3ET

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索