スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闇の塔  四

        第二章 《闇》     承前




 一群の暗雲が、月の玲瓏の面を汚しはじめていた。
 そして、その影の落ちたところから、石像が動き始めていた。
 一角の獣を、翼を持つ虎を、人面の蛇を、女人の貌と上体を持つ鳥を、象った石の像が、緩慢な仕草で台座から降り立ち、二人を取り囲もうとしている。  雲が動く。
 揺玉は、いつの間にか自分が、傍らの黒衣の青年の背にしっかりとすがり付いていることにも気付かなかった。翠を帯びた色の眸は、魅せられたように、目前の生ける石像たちに向けられている。
 黒雲が、白銀の円盤を覆い尽くした。
 闇の中、石像の姿のみが、ほの白く光って見える。
 四囲をそれらに取り囲まれながら、蒼牙は自身が石像と化してしまったかのごとく、微動だにせぬ。
 その双眸が静かに閉ざされた。
 石像が二人に迫る。
 雲が流れ、一条の光が地上に射した。
 刹那  
 蒼牙の手から光るものが放たれていた。
 それは、月光樹の繁みに吸い込まれ、二、三片の花びらを散らせた。
 途端。
 閃光が弾けた。
 揺玉の意識には、そう映った。
 そして、その感覚が去ってみると、蒼い月光の下、石像は何事もなかったかのように、元の位置に佇んでいるばかりであった。
「こ…、これは……」
「幻術、だったな」
 呆然としている揺玉に、蒼牙が答えた。唇の片端が吊り上げられ、皮肉な笑みをつくっている。
「どうやら、座興はこれまでとみえる」
 ひとりごちると、繁みに冷ややかな一瞥を与え、背にすがり付いていたことに気付いて赤くなっている揺玉を促し、足早に歩み去ってゆく。
 二人の姿が中庭から消えてから、ややあって、ひとつの影が繁みから現れた。
 黒髪を背に流した白面の貴公子の姿が、花よりも美しく妖しく、匂いたつ。
「躬の術をやぶるとはな」
 怒りとも賞賛ともつかぬ口調で云うと、煌星は、頬をかすめて背後の幹に突き刺さった短刀を抜き取った。夜の色の眸は、冥い翳りを宿して、二人の去った方向に向けられている。
「逃がしておしまいになりまいたか」 
 夜気の中に女の声。続いて、藍青の深衣をまとった女の姿が、すうと浮びあがる。
「お甘いこと。やはり、お心が鈍うなりまするか? 〈壁〉の姫はともかくも、かの校尉はお身さまの  
「やめよ」
 ひくく、煌星は命じた。
「あやつ、座興と云うたぞ。躬の術を」
「あれ」
 うっすらと嬋媛せんえんが笑んだ。香りの強い妖花のような笑み。白蝋の貌に、唇だけが血を含んだように紅い。
「そなた、捕らえてみるか」
「殺すやも知れませぬえ」
「かまわぬ」
「では」
 妖姫は深く腰を折って、優雅に一礼した。その姿勢のまま、ふ  と闇にかき消える。
「御意のままに」
 声ばかりが、月光樹の木立の間からただよってきた。
 ふっ……と、美貌の貴公子の口許に、白く冷たい笑みがのぼる。
 なにがなし、見るものの心胆を寒からしめる、そんな笑みであった。
「見せてもらおうか。躬の手から、どこまで逃げることが出来るかを」
 白い喉をのけぞらせ、煌星は声を放って笑った。
 はらはらと白銀の花びらが、その足下に散り落ちた。



 月下の野を駆ける騎影二つ。
 可憐な花々が馬蹄に踏みしだかれ手散り、吹き付ける風が騎手の髪を乱し、なびかせる。
 〈畢〉の都城を脱出した蒼牙と揺玉である。
 二人の目指す先、丘陵を駆け下りた彼方には、黒々と、深い森が広がっている。
 不意に、蒼牙が手綱を引きしぼった。
 森の方から、白いものが飛来するのが目に入ったのである。
 わずかに遅れ、揺玉もそれにならう。
 白いものは、近づくにつれ、その輪郭を明らかにする。
   鷹?
 この深夜に。
 思ったとき、二人の前に雪白の翼の鷹が降り立ち、瞬きの間に、ほっそりとした少年に姿を変えた。
「天狼?」
 蒼牙を見て、軽く首をかしげる。
「それとも、じょう校尉とお呼びした方がいいですか?」
「蒼牙でいい」
 捨ててきた階級を持ち出され、青年はわずかに苦笑する。
「娘子のお云いつけで、お迎えに参りました」
「娘子?」
 高貴の身分の婦人の呼称に、蒼牙は怪訝そうに眉を寄せる。
 霊獣か仙童かと見える少年。こうした存在を使役する婦人になど、無論心当たりはない。わずかに逡巡しゅんじゅんする様子を見せたが、
「行かぬ、と云ったら?」
「困ります」
 云いながら、さほど困惑した様子には見えない。少年はただ、生真面目な表情の紫色の眸で、じっと蒼牙の顔を見詰めているばかりで、その様子には、なんとはなしに笑みを誘われるものがあった。
    
 口を開きかけた、そのとき。
 ぴくり。馬が耳を動かした。
 口許に浮かびかけていた笑みを消すと、蒼牙は表情を険しいものにした。
「娘子とやらに伝えてもらおうか。どうやら、お招きには預かれなくなった、とな」
「えっ?」
「追手だ」
 いや。討手というべきか。
 風に乗って、微かに歌声が流れていた。遠くに、青白い光がほの見える。
「あ……あれ、あれは――」
 揺玉が顔色を変えた。
「龍牙兵という」
 答える青年の表情が、皮肉なものに変わっている。
「たかが脱走者に……」
 大層な追手だ。云った蒼牙の視線が揺玉に向けられ、また少年の上に戻った。
「名は?」
 当たり前に、茶館か酒楼で知り合った相手にでも名を問うような口調。
 追手を――それも尋常でない存在を目前にしているもののそれではない。
「れ……翎児れいじとよばれています」
「では、翎児。公主を頼めるか? 俺が奴らを食い止めている間に、安全な場所へ」
「はい!」
 昏い色の眸を覗き込んだ瞬間、なぜか少年は、自分はこの人に従うために生まれたのだと云う思いが、身裡に湧き上がるのを覚えていた。
「森へ入れば! あそこは聖域ですから《闇》の者は――」
「嫌だ!」
 少年の言葉をさえぎるように、揺玉は叫んでいた。
「わたしは行かぬ」
 思わず口をついて出た言葉であった。
「わたしは、女ながらも〈壁〉の右将軍。敵に背を向けるわけにはゆかぬ」
 そう口にしたものの、本当の気持ちは、まだ揺玉自身にもわかってはいなかった。
「公主――」
 つと、蒼牙が馬を寄せる。揺玉の目の前に、小さなものを差し出した。
「返しておく」
 木片を連ねた粗末な人形。
「どこへ行ったのかと思っていた。これは――」
 璞煌星はく・こうせいに滅ぼされた村の、ただ一つのかたみ。
「ならば  あなたは、こんな場所で命を捨ててはなるまい」
「でも、わたしは」
「ひとつ、云っておかねばならないことがあった」
 深い闇色の眸が、かつての敵国の女将軍の翠緑を帯びたそれをとらえる。
「あなたの許婚、左将軍、仲孫鸞ちゅうそん・らんの首級をあげたのは、この俺だ」
「な  
 愕然とする揺玉に、
「失礼」
 云った瞬間、鳩尾みぞおちに拳を打ち込んでいる。ぐったりとなった体を支えると、
「翎児!」
「はい!」
 少年が後ろに飛び乗り、その体を支える。
 敵は  龍牙兵は既に指呼の間  その鎧の文様が見分けられるほどの間近に迫っていた。
「行け」
 短く命じる。
「あ…あの  
「ん?」
「ご無事で」
 それだけを云うと、馬首を森へ向ける。
 二人を乗せた馬が駆け去るのを見送りもせず、蒼牙は敵の方に向き直った。
 剣を抜く。
 刀身に刻まれた古代の文字が、月光を冷たくはね返した。
 あるいは  
   ここが俺の死に場所になる、か。
 胸中に冷たく呟いてみる。
 いつ、どこで死んでもかまわぬ身  と思い、また、そういう生き方をしてきた男でもあった。
   それもよかろう。
 馬腹を蹴る。
 駆け違った一騎。
 銀光一閃。
 傍らを、髑髏の馬が駆け抜ける。
 馬上には騎手の半身。
 上半身は肩から腰にかけ、鎧ごと斜めに両断され、乾いた音とともに地に落とされた。
 それらが瞬時に塵と化した。
 泉の畔の瘴鬼と同じく。
 そうして、さらに一騎。
 また一騎。
 彼の揮う剣は、一閃ごとに確実に、かりそめの命を与えられたもの達を倒していった。
 一滴の血も流れず、叫び声ひとつ上がらぬ、いっそ幻想的とさえ云える戦い。古めかしい甲冑を月光に妖しく輝かせ、青白い燐光を放つ馬に乗った、この世のものならぬ騎兵の群れ。その間を、右に左に流麗な動きで剣を舞わせ、馬を駆る黒衣の戦士。翻る漆黒の髪。
 見守るものは、中天の白銀の円盤のみ  
 しかし、敵は次々と地を割って現れる。引き時を見出せぬまま、蒼牙はいつの間にか、いたるところに浅傷を負っていた。人にも馬にも、疲労の色が濃い。
 そうして、さらに何騎かを斬り落としたとき、ついに、疲れ果てた馬が哀しげに嘶いて、どうと横ざまに倒れた。
 その背から投げ出されながら、素早く体を回転させて立ち上がった蒼牙を、突如、黒い旋風が襲った。 
 鋭い啼き声があがり、闇色の羽根が舞い散る。
 バサリ。音を立てて地に落ちたのは、国主の愛鳥〈〉であった。
 その場所から、長い髪の女が立ち上がる。
 切り裂かれた深衣の胸元を押さえた、女妖  
「…嬋媛せんえん  
「ようかわされまいた、お見事と、めて進ぜたいところなれど――」
 蒼牙は、鮮血の吹き出す右肩を押さえて苦笑する。躱したのは喉を狙った鉤爪。かろうじて致命傷は避け得たが、毒を含んだそれを、完全に避けることは出来なかったのである。
 咄嗟に穴道をふさぎ、全身に毒が回るのを押さえる。が、それもおそらくは一時しのぎ。
「さて、どうなされる?」
 艶然と、女妖が嘲笑わらった。
 背後の龍牙兵は、その動きを止めている。
「お身さまは、女子に向ける剣は、お持ちではないとか」
 女の顔が、体が、瞬時に黒い鳥のそれに変わる。
 ばさ、と羽ばたきの音をさせて舞い上がったそれに、報いられたのは氷に似た刃の一閃。
 人形に戻り、顔を抑えた嬋媛の指の間から、紅色のものが糸となって流れ、地に落ちた。
 女の白い貌を斜めに浅く、しかし、生涯残る一太刀。
「残念だったな。俺は、おまえのような女には、いくらでも残酷になれる」
 秀麗に過ぎる面に浮かぶ、冷然たる笑み。
 瞬間、嬋媛は、身裡を戦慄が走り抜けるのを感じていた。
 魅せられた  というべきか。
 しかしそれは、次の瞬間、目の前の男を打ちのめし、膝下に這わせたいという欲望に取ってかわった。
「捕らえよ!!」
 高い、歌声に似た呪文が紅唇から流れ出る。
 龍牙兵たちが再び動き始める。
 振り下ろされる刃。
 わずかに身を開いてそれを躱し、蒼牙は下から剣を刷り上げる。
 剣、それ自体が白光を発した。
 白骨の騎兵は、瞬時に一握りの塵と化す。
 さらに一騎が  
 それをすら意識のうちに留めず、ただ斬りつけてくる敵の剣を払いのけ、斬り返し――生き延びようという意志などは、最初から捨てている。ただ命の続く限り――五体のおのれの意思に従って動く限り戦う。今の彼にあるのは、それだけであった。
 が、疲労が、毒が、次第に体の自由を奪ってゆく。
 ついに、蒼牙は、がくりと膝を折った。
   これまでか。
 ちらりと空を見上げる。
 東の端。わずかに白い。
 その白さが、全天に広がってゆく。
 夜が明けようとしていた。
 魔性のものは、陽光の中では存在を許されてはいないという。
 龍牙兵が動きを止め、再び地中に戻ってゆく。
 その気配を感じながら、蒼牙の意識は闇のなかに墜ちてゆこうとした。
 と  
 近づく蹄の音が、それを引き戻した。
 そして、意外そうな女の声が。
 わが君  と。
 無理に向けた視線。かすむ視界に、白馬に乗った璞煌星の姿が映った。
 その後ろから、
聶鋭じょう・えい。まだ息をしておったか、この裏切り者が!」
 あるじに従っていた宇文糺うぶん・きゅうが、さも憎さげに云うと、馬を下りた。刀を手に近づいてくる。
「よかろう。この手で閻羅王の元へ送ってくれるわ!」
 云いざまの一撃。
 今の蒼牙に、それを躱す力が残っていたことは、奇跡といえた。
 無意識に擦り上げた刃。左腕を両断された宇文糺の異様な悲鳴を遠いものに聞きながら、彼の意識は暗黒のなかに堕ちていった。



「娘子。娘子! 大変でございます!!」
 揺玉の耳に、最初に飛び込んできたのは、その声だった。
 少女のものらしい、少し高めの声。それに、
「娘子。翎児れいじ  
「そう呼んではならぬと、常々申しておるのに」
 中年の婦人のものらしい声が、そう答えるのが聞こえた。
   ここは……?
 辺りを見回す。見知らぬ小さな部屋。自分はどうやら、寝台に寝かせられているらしい。
 体を起こすと、鳩尾みぞおちに鈍い痛みがあった。
   あの、男……! 
 当身を食わされたのだ。思い出し、思わず顔をしかめた。
 靴を探し、部屋を出て声のするほうへと向かう。
「申し訳ありません、娘子。あの方を  
 そういう、少年の声が聞こえた。
「そうはさせぬため  げんの手に渡さぬために、そなたを遣わしたというに。だが、起こってしまったことは仕方がない」
 これも天命とやらであろう。呟く婦人の声。
 扉の前に達し、声をかけかね、揺玉はその場に立ち尽くす。
「ですから、今からでも、あの方の所へ」
「もう遅い」
「ですが!」
「そなたが行っても、足手まといになるばかりです」
 冷静な、事実のみを述べる口調。それが、ふ……と和らぐと、
「あの子のさだめの星が尽きておらねば、まだ機会はある。それまでお待ち」
 云った声が、
「どうぞ。お入りなさいませ」
 扉の方に向けられた。
 え  と思う間もなく、パタパタと布鞋の音がして、こちらは十六、七か、薄紅の儒裙じゅくんの娘が扉を開ける。
「気が付かれましたね」
 部屋の奥、生成りに近い、白の装束の婦人が柔らかく笑んだ。お入りなさいと手招きをする。
「大丈夫ですか?」
 あの子も無茶をする。云った口調と眸の感じが誰かに似ている。そう感じた。
結い上げた髪には釵ひとつない。喪服とも見える装束の胸元に、半透明の玉石をつけた垂飾がひとつだけ揺れている。
 身なりのせいか、年齢の見当がつきかねるが、物腰からすれば揺玉の母ほどの年齢であろうか。女ながらも武人である揺玉に比べれば、はるかに華奢で小柄。が、なるほど娘子  奥方、お妃と呼ばれるに足りる気品と威厳を、この華奢な女人は持ち合わせていた。
「そなた  いえ、あなたは?」
「世捨て人です。人に聞かせる名は、五年前に捨てました」
 ごく穏やかな笑みと口調。
 だが、この硬質な印象の、整いすぎたほどの美貌。闇そのものを結晶させたような黒い眸。そうして  
 気付いた瞬間、揺玉は婦人に背を向けている。
「どこへ行かれます」
「姫さま、お待ちを!」
 婦人と少年と、ふたつの声が重なる。
「敵の情けは受けませぬ!」
 鋭く云うと、揺玉は止めようと伸ばされた少年の手を払いのけた。
「敵  と?」
 穏やかな口調のまま、婦人が問う。
げんと、〈畢〉の国主を名で呼ばれました」
 背を向けたまま、揺玉は云った。
「それに、その眸の色。闇色の眼は上古の民の血を引く証。その上に、翎児れいじがあなたを娘子と呼んだ。どのような身分かは知らぬが、〈畢〉のお血筋でありましょう。それが、敵でなくて何?」
「〈畢〉の者は皆敵だと仰る」
「当然ではありませんか」
「ならば聶鋭  聶蒼牙は」
「彼?」
 背を向けたまま、揺玉の表情は怪訝なものになる。確かに、彼もまた〈畢〉の者と云えば云えよう。が、
「そう。あの者の救いの手は受けられた」
「彼は  
 わずかの逡巡。
「彼は一介の武人。もともとは『天狼』の異名を取った傭兵とか。〈畢〉の血筋では  
「闇色の眸は上古の民の証。口にされたはそなた様ですよ」
「な――」
 思わず向き直る。
 森厳というべき光を浮かべた闇色の眸が、揺玉の眼を真っ向からとらえた。〈畢〉の国主の、そうして、彼女を救った黒装の青年のそれと同じ。
「あの者の闇色の眸、そなた様は、なんと見られました」
「……………………」
 夜叉公主と呼ばれた娘は、しばしの間言葉を失い、ただその場に佇ちつくした。 

 

「生きておるのが不服という面をしておる」
 意識を取り戻した蒼牙に、最初に浴びせられた言葉が、それであった。
 〈畢〉の都城。璞煌星はく・こうせいの館の地下。獄舎の壁に作りつけられた十字の柱に、その体は磔刑たっけいのかたちに鎖をもって縛められている。
 が、そうでなければ今の蒼牙には、立っていることさえ困難だったろう。
 まだ生きている  ということは、どうやら解毒はされているらしい。
 が、四肢はほとんど感覚を失い、意識もまた気を抜けば、泥のような混濁に引き込まれようとする。
 それを、かろうじて引き戻し、一点に集中させ、蒼牙はおのれの前に立つ男の白皙  〈畢〉の国主の白い貌を見据える。
 それもまた時に遠ざかり、ぼやけた白い月の輪のように、輪郭を曖昧なものにしがちではあったが。
「解るか? なにゆえ、その方を生かして捕らえさせたか」
 蒼牙は無言。
 言葉を発する気力は残っている。が、もとより答える気持ちはない。
 常識ならば〈壁〉の公主の行方と云うところであろうが、どれほど責められたところで、蒼牙がそれを口にするはずがない  と、これは煌星も無論、承知のことであろう。
 と、すれば  
「さすが  と、褒めてやろうか」
 動いたとも見えぬほどの表情の動きに答えを読み取ったか。若い国主の白皙に、はじめて、優しいとすら云える笑みが浮かんだ。
「我が手でその首、刎ねてやるためよ」
 光栄に思うがいい。云うと、左手に提げていた長剣を眼前にかざす。
 白銀に近い、白一色の拵えの、柄にも鞘にも精緻せいちな装飾を施したそれは  
「どんな心地のものであろうな。おのれの愛剣で首を斬られるというのは」
 変わらず蒼牙は無言。ただ、右の口角がわずかに上がり、闇色の双眸に浮かんだ光がわずかに強く、挑戦的なものになる。
 むしろ、表情を大きく変えたのは、煌星の方であった。
 きっ  と双眸の光を強い、激しいものにすると、口角を大きくゆがめる。
 がらり。音を立てて鞘を投げ捨てると、両手で柄を握った長剣を斜め下から、青年の首筋めがけて斬り上げた。
「我が君!」
少爺わかぎみ!!」
 男女二つの声の  悲鳴の交錯。
 そうして、一瞬の後  


                                      つづく
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説 - ジャンル : 小説・文学

コメント

あぁっ、何というところで終わるのですか!?
続きが気になる~~~!!

ふく*たま さんへ

連載の常套手段、というコトで。

主人公が死ぬはずがない、とわかっていても、
やっぱり気になりますよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。