秋水長天

 遊子帰客 夢断故郷雲水之間    西風古道 回首一片秋水長天

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

読書メーター 1月のまとめ

ここ何十年来で一番、本を読まない生活を送っています。
(その分、DVDの鑑賞と、昔書いた小説の手直しとかになってるわけなんですけどね)

てことで、脳が軽い読み物を求めるのか……
今回読みきったの、ほとんどマンガばっかだな~(^▽^;)

他にもチラホラ、参考資料本みたいなのは見てるんですがね……

さて。


2013年1月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:2011ページ
ナイス数:13ナイス

乙嫁語り 5巻 (ビームコミックス)乙嫁語り 5巻 (ビームコミックス)感想
双子ちゃんの結婚式。まさか3話に渡るとは思ってなかったけど、内容の精密さ、丹念さは感激モノ。
収録作品の中では、ばば様がヤギを乗りこなして、子供を助けに行く女王がいいですな。本当に、ばば様格好いい!
あと、アミルとカルルクの日常生活を絵物語風に淡々と描いた『日暮歌』のラスト、アミルが眠っているカルルクの髪をつまんで、「早く大きくなるといい」と思うところ、何となく“ほっこり”しつつもニヤリ
読了日:1月16日 著者:森 薫
中国悪妻残酷伝 (まんがグリム童話)中国悪妻残酷伝 (まんがグリム童話)感想
中国の古典だけでなく、ヘンゼルとグレーテルから竹取物語までを題材に、中国風の話に書き改めた短編コミック集。
出典が書いてなければ本当に中国の昔の話、聊斎志異か今古奇観あたりに載っているかと思いそうな話。
ただ、白娘子の恋をあのアレンジの仕方というのは、さすがにないでしょ
読了日:1月16日 著者:藤田 あつ子
北走新選組 (花とゆめCOMICS)北走新選組 (花とゆめCOMICS)感想
鳥羽伏見以降の土方歳三と、彼に付き従った野村利三郎、新選組最後の局長として土方の後を引き継いだ相馬主計。三人の“武士”の生き様と死に様。
同じ厚みの小説以上の内容の濃さを感じました。読んでよかった。
読了日:1月19日 著者:菅野 文
お伽もよう綾にしき ふたたび 3 (花とゆめCOMICS)お伽もよう綾にしき ふたたび 3 (花とゆめCOMICS)感想
過去編です。
新九郎の少年期から、どうやら、すずと結ばれるまでが描かれるみたい。
ちび新九郎がめっちゃ可愛い
読了日:1月20日 著者:ひかわ きょうこ
夜のサーカス夜のサーカス感想
「そのサーカスはいきなりやってくる」日暮れに始まって夜明けに終わる、白と黒だけのサーカス。数々の魅力的な出し物。その影で行われる、魔法使いの弟子である若い男女の密かなゲーム。そして、サーカスに取り付かれた人々……。そうして、微かな……ごく微かな異変。
出会って以降、激しく惹かれ合うものを感じていた魔法使いの弟子たちだったが、師匠たちの命令で行っているこのゲームの決着が、どちらかの死であることを知り……
タイトルから、ブラッドベリ系のああいう話かと思って借りたら、実は切ない恋の話だった、というのにちょっと驚きましたが、こういうのも好み。手元に置きたいかな、という一冊になりました。
読了日:1月24日 著者:エリン モーゲンスターン
鬼談百景 (幽BOOKS)鬼談百景 (幽BOOKS)
実話風怪談短編集なんですが、これが実に恐い。
読んでると、もう、じわじわと恐くなる。
で、本を閉じて、しばらくして、借りたんだから全部読まなきゃ……と、読み始めるんだけど、やっぱり恐くなる。
ということで……多分、読み終えるまでに一番時間のかかった本。
少なくとも、一人暮らしの人間が、夜に読む本じゃありません。
読了日:1月27日 著者:小野不由美
戦都の陰陽師  騒乱ノ奈良編 (角川ホラー文庫)戦都の陰陽師 騒乱ノ奈良編 (角川ホラー文庫)
戦国期。異界からの侵入を図る魔物と戦う陰陽師の姫と、彼女を守る忍者たちの物語。
続き物になっているので、前作に比べるとちょっと物足りない感じ。
で、コレを読んだら、この作者の最初の作品である『忍びの森』が再読したくなってしまいました
読了日:1月28日 著者:武内 涼

読書メーター

スポンサーサイト

| 読書(その他) | 2013-02-02 | comments:0 | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。