秋水長天

 遊子帰客 夢断故郷雲水之間    西風古道 回首一片秋水長天

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

侠客行 第7週

さすがに1週抜くと、話もかなり動いているようで、
狗雑種(のらいぬ)クン、自分には覚えがないのに、石中玉(せき・ちゅうぎょく)であることを示す傷跡があって狼狽したり、白万剣(はく・ばんけん)に拉致って行かれたり、黒白双剣と再会して、やっぱり息子と間違えられたり、白万剣たちと戦って怪我したり、叮叮璫璫(てぃんてぃんたんたん)と丁不三(てい・ふさん)に助けられたりしているようです。

が、それにしても話の進み方が、ちと遅いようで。
大概史婆婆と阿秀(あしゅう。原作では阿繡)に遇ってるころかと思ってたんですが。


さて。




叮叮璫璫と丁不三に助けられた狗雑種でしたが、なにやらトロい上に武芸もできない孫婿にあきれ返ったらしい丁不三、10日以内に白万剣に勝てないと殺すと宣言。
あれやこれやと言を弄して祖父の決意を翻させようとした叮叮璫璫でしたが、このままじゃ埒があかんと、祖父ちゃんに一服盛って眠らせて、狗雑種を引きずって駆け落ち。

ところが、 敵もさるものとというか、その程度の小娘のたくらみが見破れないようじゃ、江湖で奇老人なんぞと呼ばれるはずはありません。
二人の行く先々に先回りし、でもって、お祖父さん、あんなところで寝ていては、お腹を冷やして病気になると案じる狗雑種の緊張感の無さと気の良さも手伝って、結局海岸端の船で捕まってしまいます。

やむなく叮叮璫璫、狗雑種に丁家の捕り技を伝授し始めるのですが、それにしても狗雑種クン、こりゃ頭のネジが緩んどるなんておとなしいものじゃないですな(~_~;)
タップの切り方が悪くて、ネジ穴が全部バカになっとる。

ネジが緩いだけなら締めなおせばいいんですけど、ネジ穴がバカになってるのは、裏からナットで留めるか、板金そのものを取り換えるか~~って、エスカレーターの話じゃないってヾ(~O~;) コレ
(この手の板金不良、やたら多くって(~_~;)

一方、原作と異なり、早々と顔を見せてしまった本物の石中玉、
原作通り遊郭で女漁って遊んでるんで、これは尺稼ぎのために水増しエピソードかと思って見てましたら、
石破天(せき・はてん)に深い恨みを抱くようになった展飛(てん・ひ)に襲われたところを、彼を狗雑種と勘違いした謝煙客(しゃ・えんかく)に救われ、
ま~た、当人がそのまま狗雑種に成り済ますものだから、摩天崖まで連れて行かれてしまいます。

そうして、長楽幇の貝海石(ばい・かいせき)に毒を飲まされて、これまでの記憶を失った、という石中玉の申告を鵜呑みにした謝煙客、そのせいで、あんなに素朴で善良だった若者が、こ~んな箸にも棒にも掛からない極悪最悪の不良品になってしまって、おまけに、家事全般も駄目になってしまって~~と嘆きつつ、
自分の手元からは絶対に離さない。必ず元の素朴な狗雑種に戻してやる。そのためには、もしかしたら、もう一度気を暴走させたら良いのかもしれないと、さあ、修行だ!! と宣言。ヾ(--;)おいおい……。

にしても、狗雑種がいたころは毎日が張りがあったがと阿黄相手にぼやく謝煙客って……
この人も気難しいオッサンのはずが、なんだかすっかり善人になっちゃって(^_^;)
というか、ここって笑いどころなんだろうか、どうだろうか?

で、この状態には我慢をしかねた石中玉(そうでなくても、途中で逃げ出そうとしてましたもんね)実は毒消しを盗み出していて、長楽幇の花園に隠してあるからと謝煙客をだまし、
で、謝煙客も、今の状態の狗雑種には我慢をしかねたようで、一緒に毒消しを取りに行くことにします。

と、途中で(石中玉にとっては)良い具合に白万剣たち雪山派に襲われ、そのドタバタを利用して中玉はトンズラ。
でもって、妓楼に隠れているときにモノにしかけた歓歓楽楽(かんかんらくらく、という――これはオリキャラですな(~_~;)と再会します。

そうして、2人で食事をしに店へはいると、そこには狗雑種を中玉と勘違い、彼にちょっかいを出して怪我をした上に撃退された雪山派の弟子たちが来合せており……
というところで、次回に続きますが……

なんていうかなぁ……
私の場合、話が面白くなってさえいれば、原作には相当思い入れがない限り、影も形もないくらい改変されていても気にしない――ようになってきてはいるんですが、この改変はなぁ……ヾ(--;)

なんていうか、超極端なたとえ方をすると『神鵰侠侶』で公孫止(こうそん・し)が15話目くらいでいきなり善人になって、自ら楊過と小龍女の婚礼の媒酌をする――くらいの改変なんだもの。
いや、いや、いや、いや。ここで石中玉出しちゃって、しかも、ここで謝煙客と出合わせちゃって、この後一体、どういう風にするつもりなんだろうね?

というか、とにかく一応完結してるんだから、どうにかはしたんでしょうが、なんかこう、四半世紀くらい前の人気アニメ――って、ぶっちゃけ言うと『北斗の拳』とか『ドラゴンボール』ですが、あれが、こちらの目からすると余計な水増しエピソード入れて、原作の方でものすごく印象的だったり恰好佳かったりしたシーン――悟空が亀仙人やクリリンたちとの再会に、いきなり息子を連れていて、おお! と驚いたり、リンとパットが処刑されるところへケンシロウが黒王に乗って堂々と乗り込んでいって、さすが格好いいと思わせられた、それが衝撃やら感動やらが薄ぅ~~~いものになっちゃった。これも、そうなりそうな気がします。
まあ、原作を読んでなきゃぁね、何がどうなっても、ああ、こういうものかで済みそうですが。

後、アクションシーが、これはこちらが見慣れてきたからか、あちらが撮り方を変えたからか、多少は見やすくなったんですが、
あれ、擬音をなくして早回しをやめたら、実際の動きそのものは、これまで見てきたほかの武侠に比べて、見劣りするんだろうなと思ってしまいました。
……って今見てる呉奇隆さんが、かなり“できる”人らしい上に、他の比較対象がニコさんにドニーさんに、レオン・ライに春華アニキ。あと、サモハンとユン・ピョウも『詠春』で繰り返し見ましたからねぇ。
これは、比較する方が間違いか(^▽^;)
(ほとんど五絶と江南七怪を比較するようなもんだ)


スポンサーサイト

| 侠客行 | 2013-06-22 | comments:8 | TOP↑

はじめまして

最近、このブログを拝見して読ませてもらっています。
侠客行をたまたまスカパーの番組で見てはまってしまいました。
このブログを見てストーリーを理解しています。
ドラマを見ていて解らない部分がありますのでご質問宜しいでしょうか?
狗雑種と石破天と石中玉は完全な別人でしょうか?
別人であれば石破天は今どこにいるのですか? 相関図がよく
わかりません。^_^; 狗雑種にあざがあったので狗雑種は石破天でしょうか?
もしそうであれば狗雑種は山にお母さんといたのですよね?
あと阿秀も狗雑種に顔が似てるのでしたでしょうか?もうわけが解りません

| 大仏 | 2013/06/29 23:09 | URL | ≫ EDIT

大仏 さんへ

ようこそ&コメントありがとうございます。

> このブログを見てストーリーを理解しています。

それは……恐縮です(^▽^;)
それにしても、やはり侠客行のファンの方、おられますか。
これは、うかつなことは書けんな(;・∀・)

さて。ご質問についてですが……
石中玉が早々と顔を出してしまいましたからねぇ、バラしても差し支えないでしょう。

石中玉と狗雑種は全くの別人。で、石破天は石中玉が長楽幇の幇主になっていた時に名乗ってい名前。
ですので『石破天』という人物は、実在しません。

ただしこの後、原作では、狗雑種が石破天と名乗ったり呼ばれたりしてゆくことになるので、
ちょっとややこしいのですが。

で、狗雑種にあった石中玉のものとそっくりの傷は……
え~い、バラしてしまえ(笑)
彼を身代わりの幇主に仕立てるために、彼の意識がない間に、貝海石がつけたものです。
(医者なので、それくらいはお手の物~とか言ってましたよ、原作では)

あとは、狗雑種が石中玉の弟の中堅ではないか、という謎が浮上してきますが、これは謎のまま。

そうして最後、阿秀と狗雑種は似ていません。
似て見えたとしたら、たまたま俳優さん同士の顔が似ていた、ということでしょう。
(皆さん、結構メイクが濃いし(^_^;)

以上でよろしいでしょうか?

しかし……読んでくださってる方があるということは、以後は、もっと身を入れて書かねばいけませんな。
精進(?)してまいりますので、今後もご愛顧のほどを。

| rei★azumi | 2013/06/30 06:33 | URL |

一気に解らない点に近ずきました。

有難うございます。スカパーで侠客行を見て以来毎週2集づつある日が待ち遠しくなっています(実際は録画して見ていますが)昨日は4集まとめて見た後のご質問でした。 何故侠客行を見る事になったのかというと中国のお友達ができて少し中国に興味が出てきた矢先にこのドラマに出逢ったからです〔ちなみに中国の方にユーチューブでこのドラマを見せたら古いドラマ~を笑っていました。〕。1から2集は見損ないましたが3集からたまたま見ていて嵌りました。でも3集から入ったので相関図やどういういストーリーで誰がどうでなんで今こういう場面なのかチンプンカンプンでネットでググりまくり色んなとこ探して、ここが一番内容を解説していて見た後に見返すとフンフンそうだそうだとなるほどと解りやすかったので、それ以来解説が待ち遠しくて拝見させて頂いております。 先のコメントで阿繍が狗雑種にそっくりなのですか?という質問もググって調べていたらウィキペディアに登場人物紹介に阿繍の事が次のように紹介されていたからです→『阿繍(あしゅう) 史婆婆の孫娘。石中玉に乱暴されそうになり崖から身を投げた。深雪により一命をとりとめ祖母に救出された。容貌は石中玉そっくりだが性格は誠実で素朴な狗雑種に恋心を抱く。』 なので私のなかでは4人の瓜二つの登場人物がいるとばかり思っていました、それと石中玉は黒白双剣の二人の子供で雪山派に修行に来ていてる人だと思っていたのでまさか長楽幇の幇主の人だったとは思いもよらなかったです。ちなみに石中玉は黒白双剣の二人の子供というのは間違っていませんか?すなわち石中玉は長楽幇の幇主でありながら脱走して雪山派の創始の孫娘の阿繍を襲いそのまま雲隠れをしていたので瓜二つの狗雑種が長楽幇の幇主にしたてあげられてるというわけでしょうか?ということは貝海石はもうほんものの石中玉を捜すことをせずに狗雑種を知ってて幇主にしたてたのかな?いやいや貝海石は最初はほんものの幇主と思っていたけど雪山派が長楽幇に大挙してきたときに彼らが話した内容から伺い知ったのかな?いやそれでは狗雑種にその場で傷をつけるのは間に合わないし。やっぱりまだまだ解りません。 やはり1~2集を見ていないのはちょっと痛かったでしょうか?

| 大仏 | 2013/06/30 14:30 | URL | ≫ EDIT

横レス失礼

>大仏さん
wikiの該当の記述は、ちょっと読み違えやすいですね。
狗雑種と出会った阿繍は、自分に乱暴しようとした石中玉に狗雑種の顔がそっくりなのに驚いたが、性格は石中玉と反対で誠実なところに惹かれていく…ということです。
黒白双剣・石清と閔柔の夫婦には二人の子供がおり、上が石中玉、下が石中堅です。
石中堅は赤子の時に行方不明になり、今も石清と閔柔は探し続けています。
石中玉は修行のため雪山派に預けられますが、外面だけはいいが酷い悪ガキで阿繍にまで手を出そうとして失敗したため脱走。逃げているところを"ある理由"から仮の幇主に担ぎ上げる人物を探していた貝海石に拾われ、長楽幇の幇主におさまります。石破天と名を変えて、しばらくは好き放題をしていましたが貝海石たちの企みに危険を感じたのか逃亡。
いよいよ"ある理由"が近づいてきているため、どうしても幇主がいないと困る貝海石らは、たまたま見つけた石中玉と容貌がそっくりな狗雑種を「石破天」ということにして幇主に祭り上げる。謝煙客に無茶な内功の修行法を教えられて生死の境をさまよい、意識朦朧としていたことを利用して、さも自分が「石破天」であると貝海石に思い込まされ、「石破天」そっくりの傷までつけられる…という流れです。

原作小説では、狗雑種や石中玉、侠客島などの謎が物語終盤にだんだんと明かされていくのですが、ドラマでは間が持たないのか答えを途中から小出しにしていってしまったため、謎が謎でなくなり逆に混乱する内容になってしまっています。
武侠小説の中でも一番人気な金庸作品は、数十年前から同じ原作のドラマが何度もリメイクされて作られています。
中国の視聴者は、ほぼ100%の人が小説や過去のドラマを見てストーリーを知っているわけです。そのため新しくドラマを作る時は「小説にはないシーンが見どころ」「前のドラマとはここが違います」というのを売りにすることが多く、中には原作とは似ても似つかないものになっているドラマもあります。
中国のドラマファンは、ドラマの製作年から「2002年版侠客行」とか、主演俳優から「(俳優名)版侠客行」というふうに区別して、89年版がいいとか85年版の○○役の俳優ははまり役だ、などと批評します。
少し脱線しました。話を戻しまして、上記のように原作を知っている視聴者向けに、原作にはない内容をドラマで付け足したため、ストーリーを知らない人にはさらに分からない内容になってしまっているのがこのドラマです。
ドラマを見終わってからでも良いので、ぜひ小説もご一読されるのをオススメいたします。

| 八雲慶次郎 | 2013/06/30 20:34 | URL | ≫ EDIT

ありがとう御座います

ヘーそうだったのか~と、とても楽しく読ませて頂きました、有難う御座います

ここらの質問は答えがもともとストーリーにないかもしれませんがお許しを

石中玉までも本物の長楽幇の幇主でなかったとは知りませんでした、という事は
本物の幇主ってどこで何をしているのでしょう?

なんでそんな酷い悪ガキを貝海石は長楽幇の幇主にしたてあげたのでしょう?
いずれ雪山派に知られて攻めてこられる事になるのでは、ていうか一国のいや?幇主たる人を見つけてきたというのが凄いし、その誰なのかもわからない幇主を皆がひざまずいて崇めるのも凄い話しです。

貝海石はなぜ石中玉が阿繍を襲おうとしたときに雪山派から傷をつけられていたことを知っていたのでしょうか?脱走中でどこで何をしているかもわからない石中玉の事をなんで知っているのでしょうか?

細かいことばかり疑問点が出てくるようなドラマの楽しみ方は良くないと思っていますがなんでかな?って素朴な疑問です。

仮説でもいいので答えみたいなものがあるなら教えていただければ幸いです。

まだまだ色々と気になることがあります、とくに謝煙各の事です、また質問させて頂きます。

| 大仏 | 2013/06/30 21:16 | URL | ≫ EDIT

>大仏さん
長楽幇のもともとの幇主は雲隠れしています。"ある理由"-まもなくドラマでもはっきりしてきますが、武林(武術界)に10年に一度やってくる災厄と恐れられていることが近づいており、それは長楽幇だけでなく雪山派や他の門派にも訪れます。
その災厄を受けるのは門派の幇主や掌門人といったトップの人物です。
もうお分かりと思いますが、災厄を避けるための人身御供として石中玉や狗雑種が幇主にされたわけです。災厄を乗り切りさえすれば、後はどうなってもいいお飾りにすぎません。だから災厄まで幇主でいてくれれば、だれでも構わなかったということです。自分たちが被害に合わなければ、一時的に悪ガキに頭を下げるくらい楽なものです。

石中玉も貝海石が偶然見つけてきました。雪山派から身を隠したい石中玉と仮の幇主がほしい貝海石の利害が一致したということでしょう。たまたま長楽幇の縄張りに石中玉が逃げこんできたと思われます。
一時のことなので「石破天」と名を変えさせて、長楽幇に押し込めておけば雪山派にもばれないと考えたものの、悪ガキ過ぎて噂が漏れてしまった(そっくりな狗雑種のこともあり)ため雪山派の耳にも届きました。

謝煙客は、原作では最初の方と最後くらいしか出て来ません。ドラマでは1・2話で主に登場しています。
謝煙客は、門派とかには属さない一匹狼の武術の達人で、性格は偏屈だがその強さゆえ武林では一目置かれる存在。
向かうところ敵なしになった謝煙客は、少々傲慢になりある鉄牌を3つ作り「玄鉄令」と名付けました。そして「玄鉄令」を持つものは、なんでも1つだけ謝煙客が願いを叶えてやると宣言し、それぞれを謝煙客が恩を受けた人物に渡しました。
時は過ぎて、2つの「玄鉄令」は役目を終えて謝煙客の元に戻りましたが、残る一つは「なんでも願いが叶う宝」のように尾ひれがついて喧伝されてしまい争奪戦の様相に。
黒白双剣もこの「玄鉄令」で謝煙客に、行方不明の石中堅を探してもらおうとしていました。
そんな時偶然に「玄鉄令」を手に入れたのが狗雑種だった…というのが物語の始まりです。

| 八雲慶次郎 | 2013/06/30 22:11 | URL | ≫ EDIT

有難うございます

石中玉は長楽幇を脱走して阿繍を襲ったのではなく、阿繍を襲った後に長楽幇の幇主として連れてこられたのですね。

なので貝海石は傷の事を知っていたわけですね。ほんと話しがどんどん繋がってきました。

玄鉄令を命のやり取りまでして争奪させている、謝煙客という人物はどんな人だろうと思っていました。 

もしそんなに凄い人物なら、皆謝煙客にあっただけでも震えあがるのではないかと今思いましたが、雪山派は普通に石中玉をよこせと挑みかかっていくのが凄いですね。

なんとなくの予想なんですが、武林(武術界)に10年に一度やってくる災厄と恐れられていることを、これからどんどん武術に長けてくる狗雑種が救ってくれたりするのかな(笑い)

| 大仏 | 2013/06/30 23:12 | URL | ≫ EDIT

わぁ、知らない間に全部解決してる(笑)

……ということで、私などよりはるかに詳しくて正確な八雲幇主のおかげで、
大仏さんの疑問も解決された模様で、何よりです。
(おかげで、私は楽ができましたし(笑)

幇主。いつもながら感謝、多謝です!

| rei★azumi | 2013/07/01 06:11 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。