秋水長天

 遊子帰客 夢断故郷雲水之間    西風古道 回首一片秋水長天

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

シルクロード英雄伝 第17集

手勢を率いて現れた南天星(ナン・テンシン)に、捕える気なら抵抗はしないという燕逍遥(イェン・シャオヤオ)。
ですが、南天星の目的は他のところにあり、
「実は、折入っての頼みがある」
「折角だが、断る」(即答)
いや、あの……話くらい聞こうよ ヾ(^▽^;)

17-1_201308280643589e6.jpg





ことは瑪瑙の命に係わることだと、燕逍遥を引き留めた南天星、瑪瑙が呪奴に捕えられたこと、彼女の命を盾に、ある要求をされたことを話します。
「また殺しか」
嘆息して目を閉じる燕逍遥。うん。いい加減、うんざりするだろうね。
(というか、こういう優しい男が、どういう経過で刺客になって、どう生きて来たのか、知りたい感じ)

それでも、誰を殺せばいいかと問う彼に、殺す相手については自分も当惑しているが――と、大物であることを匂わせつつも南天星、標的の名前は三日後に伝えると言います。
「しくじるな」
……もったいぶってるというか、思わせぶりな上に、さり気に押しつけがましいですな。
というか、どうせ標的は謝(シェ)司冠なんだけどね。

でもって、葉亀(イエ・グイ)が、旗主たちが奇襲計画を立てているからと救援を求めに来た時に、燕逍遥はまだ殺すな、彼にはまだ働いてもらわなくてはいけない(どっちかというと、まだ使い道があると言わせたい感じでしたが)と言ったのは、このことだったんですな。喰えないオッサンだ――って、何をいまさら、ですが。

南天星と別れ、その足で天琴(テンチン)を訪ねた燕逍遥、瑪瑙を出すように要求しますが、
「わたしは知らない」
「嘘が上手くなった」
――と云いつつ、天琴には、あまり強く出られないようですねぇ。中原へ帰れ。ここはお前には似合わないと、結局、それだけを言って引き上げます。
で、それを見送って、そのまま瑪瑙に逢いに行くんだから、天琴も人が悪い(^_^;)

一方、客桟へ戻った燕逍遥、何かの気配を感じたようで、部屋へ入ろうとする段階で、抜刀の構え。
そうしましたら、待ち受けていたのは謝司冠でした。
なるほど、殺気立つわけだ(^_^;)

で、飛駝ではさらに二旗主が失踪。街中が燕逍遥を探しており(という割には、するっと宿に帰って来たぞ、燕逍遥)彼が二旗主を殺すところを目撃したと邱麒(チウ・リン)が、言っている。
「それがでたらめだというなら、官府で申し開きをするか? 官府に入れば、生きて出るのは難しいぞ」
生殺与奪の権は自分にあるのだと――匂わせるというような生易しいものじゃありませんな。で、三日以内に南天星を殺せ。断れば投獄する。要求を呑むなら、飛駝が何かを言ってきても寛大に処してやろう。友人ではないかと――どうもこのオッサンに好意が持てないのは、こういう、何かと自分が優位に立とうという態度のせいなんでしょうな。
で、燕逍遥も、このオッサンが嫌いなようで、
去り際に、瑪瑙姑娘はどうしたと、彼女が呪奴に捕えられていることも把握していると匂わせる謝司冠に、
「言い忘れていたが、俺は友人を不幸にする」
遠慮すると、早々に立ち去る謝司冠。何かいい気味。つか、根性なし(笑)

同じころ、石窟に瑪瑙を訪ねた天琴は――う~ん、何をしに行ったんだろうなあ。
取り敢えず、燕逍遥が、自分が追われる身になっているにもかかわらず、瑪瑙を探し回っていること、瑪瑙は3日後に処刑されることを伝えます。
そうして、2人で中原へ戻るよう言ったのに――という天琴に対し、瑪瑙、人間はいずれ死ぬもの。大切なのは命の長短ではなく、その間をどう生きたかだと答えます。
瑪瑙は燕逍遥に似ていると感じ、そう口にする天琴。
燕逍遥を愛する女2人、語り合ううちに、互いに通じるものを感じ始めたようですが……
あと3日の命、よく考えて大切にしなさいと言って帰ってゆく天琴ですが、捕まって閉じ込められてて、何をどう考えて、どう大切に性と云うんじゃ(^_^;)

――と云う頃の飛駝客桟では、蒋虯(ジャン・チョウ)に、一人だけ生きて帰れた理由を糺された邱麟を、南天星のおかげで助かったのだと葉亀(イエ・グイ)が庇い、旗主3人、協力して仲間の仇を討つことを誓います。
が、3人になってしまい、刀爺もまだ戻らない以上、慎重に策を練る必要があると――
言うことで、出た結論が多分、南天星を通じて朝廷の協力を得ること、だったんでしょう。
邱麟のことの礼を言いがてら、そのことを切り出した蒋虯に南天星、朝廷などはあてにはならぬ。その証拠に謝司冠も朝廷の役人だが、燕逍遥を野放しのままと、2人が裏でつながっていることを匂わせます。
謝司冠より、こちらの方が余程タヌキですな。
が、この狸さん、誰をどのように化かすつもりやら。
(そういえば、狐に比べると、狸は結構抜けているという話を何かで~)

そうしてこちら、瑪瑙の身を案じ続ける燕逍遥。
ふと気配を感じて外へ出てみれば、そこに立っていたのは、彼が面倒を見ていた孤児の一人。
で、ふっと目元が和んで、唇の端がわずかに上がって、徐々にだけど笑顔になってゆく。この表情が、彼が子供たちのことをどれだけ思っているか、同時に、この子供たちの存在に、どれだけ救われてきたかを思わせて、実にいい。

17-2_20130828064359231.jpg

この子供の口から、彼らがみんな一緒ではないが元気でいること、大切にされていることを確認した燕逍遥、さらに、この子を連れて来た趙虔(チャオ・チェン)に伴われ、伏図(フートゥ)都尉を名乗っていた老人の元へ。
そして、老人の口から、彼こそが刀爺であり、燕逍遥を刺客として雇ったのは、十二旗主内の内通者をあぶりだすため。刀爺の命が狙われているとなれば、内通者がボロを出すと考えたからだと告げられます。
(だったら解説書も、謎の老人何度と回りくどいことを書かなくても、最初から刀爺でいいものを。それでも十分以上に、行動が謎なんだから)

結果はと問う燕逍遥に、まだだと答える刀爺。残る旗主は3人。まだ続けるのかと問われ、続けてくれと答えます。
「真相が知りたい」
「何故、子供を隠した?」
「足枷になるのを恐れた。それに安全のためだ」
「断ったら?」
「今まで良く働いてくれた。断ってもよい。子供たちも安全に、中原まで送り届けよう」

さらに、孔雀刀を呪奴に返せば、友好が築けるのではないかと燕逍遥に言われ、刀を渡すのにふさわしい相手がいない。悪人の手に渡れば、西域に安寧は訪れないからと――やっぱ、この人が一番、人間ができとるようですな。
が、
「考えさせてくれ」
言って立ち去る燕逍遥。
小さく嘆息して見送る刀爺。

そうして呪度では、百花(バイホァ)が謝司冠に接触して天琴の殺害を依頼、手を組むのは大いに結構だがと、瑪瑙の解放を要求されたり、
瑪瑙をつつきに行って、逆に、つまらない女だと言われて腹を立てたり、
そこを天琴に見つかって、追い払われたり――う~ん。何がしたかったんだ、いったい?
(捕えられている瑪瑙をつついて、優越感を味わいたかったわけか?)
17-3_201308280644004e8.jpg

百花が去った後、残った天琴に、なぜ燕逍遥と別れたのかと訊く瑪瑙。
「彼を愛していた?」
17-4_20130828064401539.jpg
燕逍遥には興味はないと答えながら天琴、なおも、真実を教えてという瑪瑙に、彼は優しい男だと答えます。
彼に安らぎを与える人が現れて、こんな殺伐とした刺客のくらしから彼を救い上げてほしいと。
私も彼の幸福を願う。
天琴が去った後、そっと呟く瑪瑙。

そうしてその燕逍遥は、葡萄城の中、蒋虯に仇と呼ばれ、武器を向けられておりました。
穆狼はやむなく殺したが、黒鷹を殺したのはお前の仲間。仇と云うなら内通者を探せ。
燕逍遥の言葉に心を動かされた風ながら、男なら刀を抜けと、棒を向ける蒋虯。
左手に持った刀でそれをいなし、傍らに干された染物の間に身を退ける燕逍遥。

で、こういう、たくさんの染物が干してある場所でのアクションと云うのは、映画やドラマで繰り返し演じられてきたわけですが、今回上手いなと思ったのは、布を干すのに使ってある、この場合は竿じゃなくて、それを支えている棒の方が、そこそこ間隔が狭いんで、棒というか棍という長物の武器を使う蒋虯には、その支えの棒が邪魔で、攻撃ができない。
(しても、棒にさえぎられて当たらない)
で、燕逍遥は最低限の動きで身をかわせる、というわけですね。
しかも、干された布の向こうに身を隠せるし、等間隔に干され、しかも揺れ動く布で相手を幻惑できる。
ということでここは、なかなか面白いシーンでした。
――と思って見ていたら、ここで第18集に続いてしまいました。

しかし、1話分のレビューが、侠客行の4話分のレビューより長いというのは……(^_^;)
(というより、毎度のことながら、侠客行が異例の短さなんだって ヾ(~O~;)

スポンサーサイト

| シルクロード英雄伝 | 2013-08-28 | comments:0 | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。