笑傲江湖 第21話、第22話

今回、女性が全く登場しなかった気がするんですが、気のせいかなぁ……


さて。



薛香主宅へやってきた向門天ですが、庭先に這っていた蛇で予想されたとおり、薛香主は裏切者。
(当人に言わせれば、現在の教主に忠実なんだと云うことになりますが)
ついでに、光明左使の地位に目がくらんで、多数の刺客を伏せておいて向門天を襲わせます。

傷を負いながら、刺客陣を蹴散らし、逃亡する向門天。
……って、この人いったい、どれだけの器物を損壊した――じゃなくて、どれだけの内功の強さなんだ(^▽^;)
少なくとも5本くらいの剣(だか刀だか)は腹に刺さってたと思うのに、全部へし折って、刺さってたのも内力で吹き飛ばして、逃げてっちゃうんだから。

さて、一方の冷狐冲。
すっかり尾羽うち枯らした風情で、そのあたりを歩いておりますと、馬に乗った団体さんと行き逢って、
「長髪の男を見かけなかったか?」
って訊かれたって、この時代、男性も基本的に長髪なんですケドね。
てか、坊さん以外に短髪の男性を探す方が難しいと思うぞ。

で、他にも、飛ぶ鳥の様子やら何やらで事件(というか、揉め事)を予感した冷狐冲、様子を見に行って見ますと――
(内力が駄目になってるのに、あんなに軽功を使いまくりで良いのかしらと思いますが(^▽^;)
見つけたのは、あずまやに座った満身創痍の向門天を取り囲む、正派邪派の有象無象。

――このご先輩、俺と同じ立場だ。
思った冷狐冲、自ら助太刀を買って出ますが――かなり戦ったところで、やっぱりバッテリー切れ。
原作では鎖だったけど、ここでは軟鞭かな? をふるって冷狐冲をキャッチした向門天、あずまやの屋根をブチ抜いて大脱出。
(何かにつけて派手な人です(^▽^;)

この一件と以後の遣り取りで、すっかり冷狐冲が気に入った向門天、彼と義兄弟の契りを結びます。
そうして、冷狐冲の武芸の腕と内力の弱さのアンバランスが後天的なものであり、殺人名医・平一指にも少林寺の方証大師にも治せないとさじを投げられたと聞き、
「あの人なら……」
何かを思いついた様子です。

ところで、この段階ではまだ、冷狐冲は盈盈を日月神教の前教主の娘だと知らず、向門天は冷狐冲が盈盈の想い人だって知らないんですね。
江湖の噂って、ものすご~く足が速いくせに、肝心の人の耳へは届かない。
もしかして、江湖の七不思議のひとつになってたりして(笑)

そうして、向門天にいわれるままに、向門天は怪しげな商人、冷狐冲は道楽者の若旦那(冷狐冲評)風に姿を変えた二人が、やってきましたのが『梅荘』の額がかかったお屋敷。
なにやら高価そうな軸を門番に渡して主への取次ぎを頼んだ向門天、
『江南四友』と呼ばれる4人の荘主に、それぞれが喉から手が出るほど欲しい絵、書、棋譜(囲碁の対局を標したものなんですね)、琴の楽譜(これって、曲劉の二人が、どこかの墓を暴いて手に入れたって言ってたヤツじゃなかったかな?)をカタに、冷狐冲に勝負を挑ませます。

緑竹翁仕込みの薀蓄(うんちく)を披露し、酒好きの四荘主・丹青生と意気投合した冷狐冲ですが、兄貴の言うことならという感じで、ワケがわからないままに対戦。
(このあたり、人が良いといおうか、気が良いといおうか、脳が郭靖化してきてるといおうか……)
あらかじめ内力の勝負にならないように計った向門天の計略もあり、次々と勝ちを収めます。
そうして、さらにワケが判らないまま、向門天に引っ張られるようにして、梅荘を後にしようとしたところで、荘主たちから待ったがかかります。

実はもう一人、冷狐冲に勝てそうな人物が、この山荘にいる。
ぜひぜひ、その人物と対戦してもらいたい、ということなんですが~

じつは、この勝負に持ち込んで、その人物と接触することこそが向門天の目的だった、
なんてことは夢にも思わない、考えることさえしない冷狐冲、
こっそり託されたロウの玉を持って、案内されるままに、その人物がいるという場所――西湖の地下に作られた洞窟へ向かいます。
(原作の冷狐冲、ここで『対戦相手は、実は女の人だったのか?』などなと、見当ハズレの想像をしたりするのが、ちょっと可笑しいんですが、ドラマでは、そこまではナシ)

その地下の穴倉の、宙から鎖で吊られた頑丈な檻の中に、さらに頑丈そうな鎖でつながれていたのが、誰あろう日月神教の前教主にして盈盈の父親の任我行――なんですが、こんなに早く人物名のテロップを出しちゃって良いのかい? と思ったら、別によかったみたい。
正体が知れるまで、大して時間かからなかったし(笑)

『江南四友』から、冷狐冲は任我行に匹敵する使い手、風清揚の技の後継者と聞かされても、勝負を受けようとしない任我行ですが、
向門天のアニキから託されたロウの玉を渡さなきゃと考えた冷狐冲に、
「相手が任先輩だと知ってたら、俺だって勝負を受けなかったよ。風先輩から、任という人物とだけは戦うなといわれていたから」
理由は、おそらくは独孤九剣でも勝てないから。
なんて言われて、すっかりいい気分になった任我行、勝負を引き受けます.

てことは、風清揚太師叔と独孤九剣、江湖じゃ物凄~~く有名なんですね。
……てことは、それを『邪道の技』と言った岳不羣ってモグリ? (笑)
というか、岳不羣ってば独孤九剣を見たことがなかったんだ、同じ崋山派の弟子だったくせに……

ともあれ、そんなことで始まった勝負は――凄い水しぶきですな。
……って、妙なことに感心してる場合じゃなくて、

任我行の凄まじいまでの内力に当てられて、冷狐冲は無論のこと、江南四友までが失神。
その内力の余波を地上で悟った向門天、大急ぎで湖底の牢へと駆けつけますと、
とっくに鎖を解いた任我行、着物を冷狐冲のものと取り替えた上で、冷狐冲を自分の身代わりに鎖につないでおります。

「悪く思うな、兄弟」
檻を元通りに宙吊りにした上で、江南四友の上にそれぞれ、欲しがっていた軸やら棋譜やらを置いてやって、とっととにげだす向門天と任我行。
なんて非道いヤツなんだ~と、思えるところですが、実はこれが、禍福はあざなえるなんとやら。冷狐冲に思いもかけない運をもたらすことになるんですが、それはまた次週の話として――
(運は運でも悪運かもしれませんけどね。まあ、悪運も運のうちってスゴいことを言ったヤツもいたもんで(笑)

意識を取り戻した江南四友は、喉から手が出るほど欲しかったお宝が手に入ったので、ホクホク。檻の中身が入れ替わっているなどとは思いもよらず、“任先輩”にお礼を言って、引き上げます。

さて、一方、牢から解き放たれた任我行は、焦ってるのか、元気が有り余ってるのか、かなり暴走気味。
様子を見て、体調も整えてと、あれこれ助言する向門天のアニキの言うことを聞かずに手を焼かせる~のはまだしも、馬を蹴倒すんじゃない、馬を!
敵の首はひねってもいいケド(本当はあまりよくないけど)馬は大事にしなきゃいかんでしょうが。
また、あの馬も、いい勢いで倒れましたけどね~(~_~;)
で、盈盈はどうしてるって、訊くのが遅いよ。
向門天の顔を見たら、真っ先に訊きなさいよ、父親でしょーが。

……という暴走おとーさんは、ひとまず放っておいて
(所詮は“我行”だからな~)
(ちなみに、この“我行”って、字(あざな)なんでしょうね)

こちら、宙吊りの檻の中で意識を取り戻した冷狐冲、
呼べど叫べど人は来ないし、たまたま誰か入って来たと思ったら、ゴハンを持ってきたの馬光佐のアニキだし(笑)
(ただの牢番の役に、何だってこういう目立つ人を配置したかな?)
わけが判らないまま、江南四友が勝負に負けた口惜しさに自分を幽閉したかと勘違い。
向門天や“任先輩”を案じたり、うっかり下に落っことした酒を勿体無がったり~このあたりは、いかにも酒飲みなんですけどね(笑)

それにしても、原作通りの岩牢だか石牢だかならともかくも、これだけ特徴的な牢で、自分が任我行の身代わりにされたって気付かない冷狐冲って……

というところで、以下次週。


あ~。気のせいじゃなくて、本当に女性が出ませんでした~。
代わりに東方不敗が登場したの、彩りのつもりだったのかな、もしかして(笑)

chu&eiei


……てことで、味気ないので冲さんと盈盈ちゃんの画像を(笑)
スポンサーサイト

コメント

こんばんわー。

今回は、向門天が大活躍の回なんですかー。
金輪国師がんばってますなー。
この人ジャンジージャン製作の物には、
必ず出てるんじゃない?ってほどいますよねー。
しかも、けっこうキャラが立ってて、おいしい感じで
出てる気がします。
実はけっこう好きなんですが・・・(楊過の想いとは別です!)

武侠モノDVDをまとめよう!って話して(命令して?)、
CDファイルに入れてたら、出てきました!
『笑傲江湖』録画DVD!
でも、見始めたら、止まらないので、reiさんの解説が終わったら、
ひまな時を見つけて、観てみようかなぁーと
思っております。では(^-^)ノシ

>あ~。気のせいじゃなくて、本当に女性が出ませんでした~。
東方不敗は、役者さんは女性であって、ドラマ内(小説内)では、
男であって女であって(??笑)という役柄ですものね!
東方不敗の愛しい人、揚蓮亭が、何となく女性っぽい感じがするんですがねぇ・・・。
そういえば、林ちゃんも、出鼻から、女っぽかったなぁ・・・・(笑)

無双ちゃんへ

向門天、冷狐冲よりかっこいいじゃない、なんて思って見ています(笑)
しかも、金輪国師のときは気が付かなかったケド、なかなか男前♪
つまりは、かなりの芸達者でもあるのでしょうね。これだけ、キャラを演じ分けられるってことは。
それにしても、この人意外にも張Pの武侠もの、どれだけ役者さんのダブりがあるんでしょうか(笑)

私の解説が終るのって5月になっちゃいますから、
それまでにDVDを見て、ここは違ってるよって所を指摘して下さるのお歓迎ですよ\(^o^)/

Dさんへ

東方不敗、事情を知らずに見る人は、女性だと思い込んでしまいそうですね。
奇麗だからいいですケド(笑)

>そういえば、林ちゃんも、出鼻から、女っぽかったなぁ・・・・(笑)
確かに林ちゃん、出鼻からアヤシゲな雰囲気がありましたね。
そっち系統と揚蓮亭はともかくも、林ちゃんは、当初はもっときりっとしててもよかった気はしますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)